インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

鳥羽へ

大阪から移動し、鳥羽で家族と合流して2泊3日のプチ旅行へ。
宿泊は今年3月オープンの「グランドエクシブ鳥羽別邸」。
image

海へとつながるようなデザインの池が広がります。
image

お部屋は和モダン、家具は全てオリジナルデザイン。
麻の葉模様の欄間にはLEDライトが仕込まれていて陰影がきれい。
image

スライド扉の開閉でTVが見えないように工夫された壁面家具。
鏡面塗装と和紙を組み合わせたデザイン。なるほど、参考になるわ♪
image

床から浮いたようなベッドルーム。
こちらもLEDライトの使い方を細かくチェックしちゃいました(笑)
image

2日目は念願だったお伊勢さん参りへ。
こちらは内宮前のおかげ横丁にある「五十鈴川カフェ」。
image

松坂牛ステーキ、てこね寿司、伊勢うどん、赤福、地ビール。食い倒れました^^;
サミットで有名な鳥羽国際ホテルのチーズケーキも!このカフェで食べられます♪
image

内宮、そしてこちらの外宮。奇跡的に撮影できた誰もいない鳥居。
image

神様の宿る地は、静寂に包まれながら凛と張り詰めた空気が流れています。
日本という国の美しさと素晴らしさを改めて感じ、パワーを得たいい旅に。
また明日から頑張ろう(*^^*)
image

Hanoi 3

Hanoi 滞在レポートPart 3!
ホテルの中庭へと続く回廊、アイアンの美しい曲線がパリを思わせます。
P7271876

プールサイドのレストランバー。フレッシュジュースやハノイビールをここで楽しみました。
アオザイ姿のきれいな女性がうつっていますね。ホテル従業員の女性は皆さん着ています。
P7261842

プールを過ぎると、「Le SPA」があります。
アメリカの旅行雑誌「Travel & Lesure」で世界のホテルスパ トップ5に選出されたそう。
街中は埃っぽいし、なんとなく日焼けしたような…というわけで母とフェイシャルを予約。
4

入口を入り、階段をのぼるとフレンチクラシックとシノワズリの融合した空間。
6

こちらで問診とお茶をゆっくりと飲み、さらに階段をのぼって施術スペースへ。
2

母も私も色々とスパは体験していますが、さすがの施術で大満足!
あまりにも素晴らしくて、次の日にボディトリートメントも予約して2日連続で満喫しました♪
ハノイに旅行に行かれる際は、おすすめです!
FullSizeRender (3)1

Hanoi 2

Hanoi 滞在レポートPart 2!
「どんなインテリアかしら?」とホテルの部屋の扉を開ける瞬間が好きです。
今回もそれはそれはドキドキしながら開けました。
旧館と新館がありますが、もちろんクラシカルな旧館のラグジュアリールーム。
高い天井にはシーリングファンがまわり、廻り縁・カーテンボックスにはモールディング。
P7261757

照明はベッド脇のブラケットライト・テーブルライト共にシノワズリなデザイン。
P7261765P7261764

フロアーライトはバンブー素材です。
P7261770P7261800

チェアもシノワズリなデザイン、張り地の赤が効いています。
P7261779

アートの絵はベトナム・中国・インドなど様々な国の雰囲気がミックス。
P7261807P7261762

その他の調度品に合わせた重厚感のあるベッドヘッドボード、シルク素材のクッション!
P7261774

ガラス扉の内側に布で目隠ししたクローゼット、ホテルでは初めて見ました。
P7261792P7261793

さらに、バス・トイレルームへの扉も同じくガラス扉に内側が布でした。
扉の細かいディテールもデザインされています。
コットン・綿棒やバスソルトが入った器は手描きのバッチャン焼きの陶器。
シルクの袋に包まれたミネラルウォーター。もういちいち素敵で娘と大興奮!
P7261790P7261803

そして、洗面所のミラーのレイアウトが参考になりました。全て採寸しちゃったわ(笑)
洗面ボウルはVilleroy&Boch(ビレロイ&ボッホ)。
日本ではテーブルウェアの方が馴染みがありますが、タイルやバス製品の老舗でもあります。
バスタブはシャワーブースのようにガラスで仕切られているので、水はねの心配もなし。
デザイン性と機能性がよく考えられた快適なバスルームでした☆
P7261787

Hanoi 1

xin chao!
中国やフランスの統治、そして戦争。激動の時代を経てきたベトナム。
その複雑な歴史が生み出す豊かな文化とデザインに心魅かれていました。
ということでHanoiへ!4回に分けて滞在レポートをアップさせていただきます。

宿泊はSofitel Legend Metropole Hanoi(ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ)。
このホテルに泊まりたくて、今回の旅行はハノイにしたようなもの(笑)
1901年創業、100年以上の歴史を誇るベトナム初の5ッ星ホテルです。
街の喧騒の中、ひときわ目を引くコロニアル調の白い外観。
シンガポールのラッフルズホテルに似た雰囲気。(3年前のレポートはこちら
あちらはイギリス、こちらはフランス統治なので、また違うクラシカルな品の良さが漂います。
P7271864

ホテルのフロント、壁面にずらりと飾られているのはバッチャン焼きの陶器皿。
P7261837

クラシックにシノワズリが融合したロビー。外の強烈な日射しと落ち着いた暗さのコントラスト。
P7261834

2階から4階までの客室はロビー中央の吹き抜けでつながっています。
P7261817
P7271851

モダンアート、バッチャン焼き、クラシカルな小物、季節の花。
P7261838P7261826

どこを見ても溜息の出る美しさ。エレベーターを待つ娘の後ろ姿が見えます(笑)
P7271862P7261821

部屋へと続く廊下にはシノワズリなコンソールとライト。絨毯の柄も素敵でした♪
P7261811

Aman Tokyo

Aman Tokyo』へ行ってきました
リゾートホテルのトップブランド「アマンリゾーツ」が手がける世界初の都市型ホテル。
昨年12月、大手町の高層ビル最上部にオープンし話題となりましたね。
ずっと行きたかったのですがなかなか機会がなく…やっと足を運べました!
黒い水盤や石庭、玄武岩・木材を使用した直線ラインの際立つ和モダンなスタイル。
PB061037
PB061060

母&義妹の3人でアフタヌーンティーです。
なんと予約は2ヶ月前!これを楽しみに私はこの1週間頑張りました(笑)
黒を基調にした食器やバンブーのケーキスタンド、シックで洗練されたテーブルウェア。
そして、全てがかわいくて大興奮だったスイーツたち
PB061047PB061045
PB061049PB061053
PB061056PB061055

ミニマムでまさに“less is more”、凛とした美しさが圧巻の大空間。
ぜひ次回は奥のレストランでランチに訪れたいです♪
PB061040

Hawaii 3

Hawaii 滞在レポートPart 3!
行ってみたかったThe Kahala Hotel & Resortへ。
ワイキキの喧騒とは別世界、高級住宅街カハラに建つホテル。
アメリカ歴代大統領や各国の著名人も訪れるホノルル屈指の高級リゾートです。
エントランスに一歩入ると、美しいシャンデリアが出迎える圧巻の吹抜け空間。
P8270827

青、緑、紫、ターコイズ、ピンク…
色とりどりなガラスでつくられたシャンデリアとブラケットライト。
クラシックとコロニアルな雰囲気をミックスした重厚なロビー。
素敵だわぁ。いつもよりおすまししてポーズをとる娘(笑)
P8270817
P8270819BlogPaint
P8270815

目の前にビーチ、ホテル内ラグーンにはイルカが泳ぎます。
ゆるやかな時間を楽しむ大人のためのホテル。ぜひ泊まりたいなぁ。
P8270818

Paris 1

Bonjour!
朝夕は肌寒いパリから帰国しました。日本はまだまだ残暑厳しいですね(汗)
毎日お天気にも恵まれて色々とまわってきました。
というわけで、Paris滞在レポートを8回に分けてご紹介します。
P8168292

宿泊先は、オペラ座近くの『 Hotel Scribe Paris 』。
19世紀に建てられたクラシカルで品のよい外観。
P8198654
P8178334P8168245
P8168240

ロビーは落ち着いた色合い、照明が効果的に置かれていてとても心地よい雰囲気。
P8168244

客室は、インテリアデザイナー ジャック・グランジュ氏によって改修されています。
伝統的な建築とモダンなインテリアが融合、ベッドの寝心地がとてもよかったです。
P8198568

1Fにあるフレンチレストラン「LE LUMIERE」、ガラス天井から明るい光が入り気持ちがいい!
こちらで夕食やお茶を楽しみました。紅茶は南部鉄瓶で出てきましたよ☆
P8208702P8208716

Singapore 3

Singapore 滞在レポートPart 3!
“東洋の真珠”と称される『 Raffles Hotel 』(ラッフルズホテル)へ。
イギリス植民地時代の面影を残すコロニアルスタイルの建築、世界屈指の名門ホテルです。
P8235892

白亜の壁が連続するアーチや細やかな装飾など、どこを見ても絵になる美しさ
P8235869P8235868

正面入り口に立つのは、植民地時代のイギリス軍の軍服をもとにデザインされたという真っ白な制服に身を包んだドアマン。娘との記念撮影に快く応じて下さいました。 Thank you!
P8235881BlogPaint

1Fにある「Tiffin Room」でハイティ-を楽しみました。
3段トレイのみのアフタヌーンティーに対し、ビュッフェスタイルがハイティ-。
前回訪れた時は色々な種類のカレーが並んでいましたが、今回はこの3段トレイに加えて点心やプチケーキなどがありました。かなり満腹になりながら(笑)、優雅なひとときを過ごしました☆
P8235887P8235885

Singapore 1

Singaporeから無事に帰国、とても楽しくリフレッシュできた旅行になりました。
訪れるのは2回目です。と言っても前回は18年前なので街の変貌ぶりに驚きました。
というわけで、Singapore滞在レポートを5回に分けてご紹介します。

まずは滞在レポートPart 1!
宿泊ホテルは『 Marina Bay Sands 』(マリーナベイサンズ)。
日本ではSMAPが出演したSoftBankのCMに登場して有名ですね。
設計はモシェ・サフディ氏、3棟のタワーの上に宇宙船が乗っているような斬新なデザイン!
P8255976

吹抜けで明るい光が降り注ぐロビー。この1Fレストランで毎日朝食をいただきました。
P8235820P8235898

客室は落ち着いたカラースキーム。窓からはガーデンズ・バイ・ザ・ベイが見えます。
P8225801
P8225802

ベッドヘッドやパウダールームの引戸は木製で彫りを入れたデザインです。
バスルームと洗面スペースは扉なし、部屋とはこの大きな引戸で仕切る初めて見るプラン。
P8225805P8225806

こちらが最上階の宇宙船部分、地上200メートル、天空に浮かぶインフィニティプール!
このプールに入りたいということでホテルを決めたようなもの。
シンガポールの夜景が目の前に広がり、それはそれは素敵でした
先端部分が落ちてしまいそうでどうなっているのか気になるかと思いますが…
これから宿泊される方もいらっしゃると思うので内緒。なるほどね~という感じ(笑)
P8235918

THE TOKYO STATION HOTEL

10月3日にリニューアルオープンをした「東京ステーションホテル」へ。
歴史的建造物である赤レンガ造りの外観はそのままに、内装はモダンに一新。
駅に隣接、クラシックな建物とモダンインテリアの組合せ・・・
先日ご紹介した ロンドンの「St. Pancras Renaissance London Hotel 」と共通点が多いですね。
PA133966
PA133975PA133974

内装は英国のデザイン会社、日本ではないのがちょっと残念。
空間コンセプトは「ヨーロピアンクラシックスタイルと現代デザインの調和」とのこと。
全体的に白が基調、ダークブラウンのクラシックスタイル家具やシャンデリアなどをコーディネート。
ちなみに、すっごい人でしたが・・・
ほんの一瞬のシャッターチャンスを逃さず、まるで誰もいないような写真になりました(笑)
PA133972PA133969

ページトップに戻る