インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

一目惚れしたファブリック

お客様とご一緒にショールームまわりをして、気に入ってくださった美しいファブリック。
私は事前にロンドンの展示会で一目惚れして、目がハートになりました^_^
Matthew Williamson」マシュー・ウィリアムソン、ファッションデザイナーでもある彼の手掛けるものは独特な世界観があります。オズボーン&リトルが取り扱っています。
柄合わせなし、まわりをパープル無地で切替え、裏地をつけてボリュームを出したプレーンシェードに。
まるで1枚の絵のような存在感!

パープルの壁紙、ブラックのオーダー家具で大人空間にコーディネートしました♪

Before→After、リノベーションは楽しい!

9月ですね!少し涼しくなりました。
うっそみたいに2020年が過ぎていきます。
先日、新規のリノベーションご依頼をいただいたお客様が「詩万さんの事例、どれを見ても大好きです!BeforeとAfterの違いにいつもブログを見ておぉ~と思わず声を出してワクワクしちゃう。我家もお願いしたいと思いました!」とおっしゃっていただき、とても嬉しかったな。

おうち時間が長くなり、今リノベーションを考える人が増えています。現状の不満点をクリアしながら、動線や収納などの使い勝手と美しいデザインを考えていく。ワクワクするような空間をつくり出すのがインテリアコーディネーターです。
リノベーションは劇的Before→Afterが楽しいですよね。事例3件を紹介します♪

ボンシックな日々
【Before】
築20年、リビングダイニングと和室をどうつなげるかが課題でした。
襖を撤去して、壁紙を剥がしています。

【After】
オリジナルデザインのガラス引戸に変更。和室は新規壁を立ち上げて、ギャラリーのようなモダン和室に。

ときめく時間を重ねて
【Before】
築20年、キッチンをオープンにしたいとのこと。

解体したら図面にはない柱が出現し焦りました^^;
【After】
モザイクタイルで”見せる柱”に替え、すでに発注済のオープンキッチンは急遽工場で柱部分を欠きこんで加工してもらいました。

ホガラカラフル
【Before】
築17年、中途半端な位置に抜けない柱がありました。
ぽつんと立っていた柱は、新規壁をつくることで空間に溶け込ませました。【After】
今までは全て見渡せてしまいましたが、リビング側はタイルを貼ったディスプレイスペース、ダイニング側はキッチン家電を置いても入口からは見えないようにしました。壁の色でもスペースのメリハリをつけています。

現調打合せへ

マンション内覧会に同行し、現調打合せへ。
新規マンションのインテリアコーディネートは、引き渡し前に部屋に入れるのは内覧会の1回のみ。
業者さんたちと見落としがないように細かい部分まであれこれチェックしておかなければいけません。
あちこち壁紙を貼り替え、あちこちオーダー家具を入れてお客様だけのオリジナル空間に!
完成が楽しみです^_^

また異空間のトイレに!

テシードさんから届いた輸入壁紙サンプルたち。
ジャングル?新規案件、また扉を開けると異空間なトイレになりそうですw
トイレを輸入壁紙で貼り替えると楽しいですよ〜とおすすめしていますが、最近は事例をご覧になってお客様から「ぜひやりたいです!」とおっしゃる方が多いです。
今までの事例はこちら♪

【コラム09】トイレを輸入壁紙で異空間にしよう!

【事例紹介】ボンシックな日々

横浜市S様邸、リノベーション事例を紹介します。

【Before】
築20年になる戸建住宅。
落ち着いた素敵なリビングダイニングルーム、色を加えたり、モダンやオリエンタルをミックスしてイメージを変えたいとのこと。PCデスクをダイニング横に置いているがすっきり見せたい。お手持ちのアートや小物が引き立つようにしたいとのことでした。

隣接する和室。
お料理教室にいらっしゃる生徒さんがコートを掛けるのに入る際、パーテションは置いていますが奥の雑多なモノが見えてしまうのが気になる。
また、襖を締めると圧迫感があるので開けていることが多く、リビング側から見た時にいまいちでどうにかしたいとのご要望でした。

キーワードは「クラシックモダン」「オリエンタル」「品のよい」「大人の粋空間」「好きを楽しむ」。
コンセプトは『ボンシックな日々』。
Bon CHIC(ボンシック)とは“粋で趣味がいい”。
お手持ちの家具や小物と、新規購入するものを品よくミックスして、S様のぶれない“好き”を集めたボンシックな大人の上質空間に。
全体にグレーベースのブルーやグリーンをプラス、照明はモダンなゴールドに変更。和室に新規壁をつくり、オリジナルデザインの建具とオーダー収納家具を提案しました♪

【工事中】
1週間、職人さんたちが丁寧に仕上げてくれました。

【After】
リビングダイニングルーム。
ソファや食器棚などはお手持ちのもの、ダイニングテーブル&チェアは新規購入しました。壁紙はグレーブルー、奥のみ濃いブルーに貼り替え。
美しい絵画のようなラグは「Anthropologie」(アンソロポロジー)、ロサンゼルスから取り寄せ。

ダイニングテーブル&チェアは「VEINNA neu」。
テーブルはお料理教室の時にもゆったり使える幅2,100㎜、クラシックモダンなデザイン。

張り地はグレーの合革素材です。

真鍮とマットブラックのペンダントライト。モダンであり、オリエンタルな雰囲気に。

奥は見えないようにしつつ、和室をどうつなげるかが課題でした。襖は枠ごと解体し、あらたにオーダー家具と同色のオリジナル建具に変更。

オリジナルデザインのオーダー収納家具&デスク。
品のよいグレーの色にこだわり、何度もサンプルをつくってもらって決めました。

つまみは「友安製作所」、全て手仕事で仕上げた真鍮製。デコラティブすぎずシンプルすぎない絶妙なデザインに一目惚れ。

同色の建具。リビングダイニングのイメージにも合い、格子デザインが和室にも合います。ガラス窓で閉じてもリビングから和室が見えるので抜け感があり、建具越しに空間がつながりました。
カーテンは新規でブルーグレーに変更。

6畳の和室、新規壁を立ち上げてプライベートな奥のモノが見えないようにし、来客が出入りするスペースはギャラリーのような雰囲気でお出迎え。

引き手はイタリアのアンティーク、真鍮製です。

畳を銀鼠色の和紙畳に変更。
壁紙はグレーグリーン、床の間はネイビー、天井はグレーのモダン和室になりました。
コンソールは「VEINNA neu」、アートや掛け軸は韓国・台湾でご購入されたお手持ちのもの。

床板、桟木、畳寄せ。全て違う木の部材だったので、ダイノックシートで細かい部分まで丁寧に貼って統一させ、畳や壁紙とコーディネートしています。

ご一緒に一目惚れしたフランス「CASAMANCE」のシルク&刺繍の生地。フレームに入れてアートに。

クッションもつくりました。美しい~♪

お子様が独立され、これからのご夫婦での暮らしをより豊かにする、“好き”を集めた粋な大人の上質空間。

ボンシックな日々を楽しんでください!

トイレの壁・天井も張替えました。
リビングダイニングルームからイメージをつなげて、品のよい「Nina Campbell」の鳥柄に。

サイズオーダーをして壁紙を入れた額装を提案。
鳥たちが飛び出すイメージで、動きが出ました♪

「詩万さんにコーディネートしていただいて本当によかったと心から思う、想像以上のお部屋になりました。扉を開ける度にうっとりしちゃいます!」とのこと。嬉しいな^_^
ありがとうございました!

イギリス「Curiousa & Curiousa」カタログ掲載

イギリス「Curiousa & Curiousa」キュリオーサ&キュリオーサのカタログに事例を掲載いただきました!日本初施工のウォールライト、ほんと素敵なの。
ありがとうございます(^^)

手吹きガラスとお皿の組み合わせは自由。お客様とご一緒にお取り扱いの「Authenterior」サロンで組み合わせを悩みながら決めたのも楽しかったな♪

完成した事例こちら、コンセプトは「ギャラリーのある家」です。

【事例紹介】ギャラリーのある家

石調の床に貼り替え

リフォーム工事、キッチン床貼り替え。
白黒の石調フロアタイルでデザイン。
現場カットで、なかなかしびれる大変な作業^^;
床専門の職人さんがきれいに仕上げてくれました。

私の頭の中にある空間は、それをつくってくださる方がいて完成します。大工さん、電気屋さん、壁紙職人さん、オーダー家具屋さん、床職人さん、畳屋さん。
「いいものをつくろう!」という素晴らしいプロ集団とつくりあげた空間は、お客様の満足度がグッと上がります。施工者の方たちとの信頼関係を築くことも、インテリアコーディネーターには必要。何かあった時にパッと動いてくれる人がいるのは心強いです♪

鳥たちが飛び出すトイレ

S様邸のリフォーム工事が完了しました。
住みながらの1週間の工事、ご不便をおかけしましたがお客様がとても協力的で(床掃除もご一緒にしてくださいました)、「大満足です!」とおっしゃっていただけてホッとしております。
また詳細は後日に紹介させていただきますが、素敵トイレをチラ見せ♪
Nina Campbell(ニナキャンベル)の壁紙を全面に貼りました。品のよい色とデザイン。

サイズオーダーして、壁紙を入れた額装を提案。
が、現場で壁紙が余らないかも⁈と言われドキドキでしたが、なんとか3つ入れられましたw
鳥たちが飛び出すイメージ、動きが出てバッチリ!

進むリフォーム現場

横浜市S様邸のリフォーム現場。
壁紙貼り替え、奥の和室はLDルームからつながるモダン和室になります。
オリジナルデザインの品のよいグレー建具と家具もバッチリで、お客様がとても喜んでくださいました。

美しいフランス「CASAMANCE」の生地は額装し、クッションカバーもつくります。

いよいよラストスパート!
職人さんたちの丁寧なお仕事のおかげで、イメージ以上のいい空間に。完成をお楽しみに^_^

【事例紹介】僕は宇宙飛行士

港区M様邸、キッズルームをご紹介します。宇宙が大好き!ブルーが大好きな小学生の男の子。
お子様が楽しくなるお部屋にしたいとのご要望です。
キーワードは「宇宙」「地球」「ロケット」。
コンセプトは『僕は宇宙飛行士』。

==============================

僕は宇宙飛行士。
ロケットに乗りこみ、青空を抜け、
高度100kmを超えるとオーロラが見えた。
そして、漆黒の空間へ。
無事に宇宙ステーションへ到着!
ふと、窓を見る。
あぁ、ガガーリンの言う通り。
地球は青く、美しい。

==============================

というストーリーで、コーディネートしました。

壁はBenjamin Mooreのブルーで塗装。
床はフローリングの上からグレーのタイルカーペットを敷いています。万が一、汚れてしまってもその部分のみをはずして洗えるので便利。
既存の白のベッドに合わせて、デスクやおもちゃ収納を追加しました。

上部には「York」の宇宙柄ボーダー壁紙。
地球、ロケット、パイロットなど宇宙好きにはたまらない柄!とても気に入ってくれました♪
ちなみに、天井は小さな星柄が散りばめられた蓄光クロスにしています。ちょっと昼間はわからない(^^;

僕が乗りこんだロケット、掛け時計です!

青空を抜けて、高度100kmを超えるとオーロラが見えてきました。ディクラッセ「Auro」、まさにオーロラを表現したペンダントライトです。
クリアなので、より幻想的で宇宙っぽいでしょ?笑

窓装飾はすっきりとしたプレーンシェードに変更。
宇宙ステーション内部をイメージ。
幾何学柄のシェードと、オリジナルデザインのバランスをつけました。生地は「CLARKE & CLARKE」、ポイントの赤いトリムは「Houles」です。

惑星やロケット柄がかわいいベッドカバー。
シェードと同生地でクッションをつくりました。

学習用チェアはブルーに。
デスク前には青く美しい地球のアートを飾って。

宇宙を表現したコーディネート。
完成した部屋を「わぁ!」と目をキラキラしながら喜んでくれました。好きなものに囲まれた部屋で、楽しく過ごしてね♪

ページトップに戻る