インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

ホテルライクなベッドルーム

両親のマスターベッドルームは、リモデルで父のベッドルームになりました。
【Before】
DSC06225
クィーンベッド・大きな黒革のマッサージチェアなどボリュームのある家具や、モスグリーンのローマンシェードが全体的にやや重たい印象です。また、床置きのTVも無機質な感じで気になっていました。

中庭から明るい光が入る部屋です。
イメージは「二期倶楽部」本館の客室、外とつながるシンプルモダンインテリア。
コンセプトは『ホテルライクなベッドルーム』。
書斎コーナー&TVボードを造作で加えました。ここでTVを見たり、PCをしたり、新聞や本を読んだり…中庭を見れば、季節の光や風が感じられるホテルライクなくつろぎのベッドルームです。

【After】
R0010794

R0010811R0010776

絵から色抽出をしたグリーンとオレンジがアクセント。
チェアはアルフレックスの「GATTO」、座面が深くて座り心地がよくて父のお気に入り。シェードはベージュのストライプ。

ホテルライクなベッドルームに欠かせないのがマットレス。
自分に合った快適な寝心地のマットレス選びが大切です。
選んだのは、国内外のホテルで採用されているキングスダウンのダブルマットレス。ダブルマットレスとは、ボトムとマットレスの2段構造になっています。マットレス1枚よりも、さらに体をサポートする力に優れており、体圧を分散して正しい寝姿勢が保てるのでよく眠れるそうです。

書斎コーナー&TVボードは造作家具です。
壁が微妙に曲がっているので、どうするかが悩みどころでしたが、スケッチを描いて検討し最終的にこのようなデザインに。書斎というと重厚なイメージですが光が入る明るいスペース。
手持ちの収納キャビネットに合わせた軽やかな色にして統一感を出しました。
R0010754
R0010822

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る