インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

港区T邸マスターベッドルーム

港区T邸のマスターベッドルームは、LDルームと同イメージ。
ダークな色の家具ときらめくブラックシャンデリアに、光沢のある遮光カーテンをコーディネート。
アートがフォーカルポイントのホテルライクなベッドルームです。
T7
T11T8

オ―ダ―で製作をしたベッドスローやクッションなどのアクセサリーで、ホテルライク感をプラス。
ベッドスローは、縦柄を横使いにしてジョイント(縫い目)なしにすっきり仕上げました。
T13

「港区T邸マスターベッドルーム」への 4件のコメント

  1. MM より:

    ベッドルームも素敵!!
    家でラグジュアリーホテル気分になれるなんて、素敵すぎます!
    絵と全体の色合いが絶妙です。
    はじめのプランにちらりとうつっていたスケッチ通りですね。

  2. shima より:

    ■ MMさんへ
    ありがとうございます!
    アートやカーテン、小物などの色合いや素材感を揃えることで、全体がまとまりました。
    >はじめのプランにちらりとうつっていたスケッチ通りですね。
    はい。クライアントも「同じですね!」とおっしゃっていました。
    まぁ、違っていたら問題ですが(笑)

  3. 中村 より:

    照明もすごいですね。
    天井に映った影で、お部屋の雰囲気が変わりますね。
    おうちのどこに行っても、豪華だけど癒される、
    落ち着いた感じが素敵です。
    ほんと、イメージパース通りだぁ。

  4. shima より:

    ■ 中村さんへ
    はい、天井にぼわぁっと映る光の広がりがリラックスできるので、ベッドルームに提案しました。
    点灯すると、黒とブラウンの間のような色になるところも気に入っています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る