インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

パッチワーククロス

11月11日まで開催中のOZONE企画展、こだわったのがこのパッチワーククロス。
今回のコンセプトに合う楽しい壁の表現ができないかと考えて提案しました。
ただ、輸入壁紙は通常ロールで販売、現場でカットするのは設営に時間がかかりすぎます。
う~ん、どうしよう~と思っていた時に見つけたのが『壁紙百科 4sidesRECIPE』のHP。
はじめから好きな柄を50㎝角にカットして販売とのこと。
これだ!とさっそく連絡をしまして趣旨をお話し、ご協賛いただくことになりました。
「Cole&Son」「CASADECO」「MORRIS&CO.」で4種類を選んでパッチワークに。
ファブリックとコーディネートし、壁面が個性的なフォーカルポイントになりました。
貼ってはがせる施工も可能、お好きな色や柄を組み合わせて皆様もいかがでしょうか?
ちなみに、私のセレクトしたこちらは「都市型コンパクトライフのススメ展」セットで販売中☆
クロス
PA168992

設営現場の様子です。
パッチワークのレイアウトを悩みながら決め、クロス職人さんに1枚1枚貼っていただきました。
ご協賛いただいたり、実際に施工して下さる方がいて提案空間は完成します。皆様に感謝!
PA158940

「パッチワーククロス」への 2件のコメント

  1. ミド より:

    友人と行ってきました!
    もうさすがの洗練コーディネートでした。
    特にこのパッチワーククロスは友人と激写!笑
    アイデアがすごい!
    あんなに色々な柄が入ってもまとまるんですね。
    とても勉強になりました。

  2. shima より:

    ■ ミドさんへ
    ご覧いただきまして、ありがとうございました!
    はい、かなりこだわったパッチワーククロス。
    どの柄にするか、レイアウトをどうするかなどけっこう考えましたよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る