インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

Paris 6

Paris 滞在レポートPart 6!
朝一番で訪れたのは、ゴシック建築の最高傑作と言われるノートルダム大聖堂。
ナポレオンが戴冠式を行ったことでも有名です。
P8188477

1163年から約200年の歳月をかけて完成されたとのこと。
聖堂を飾る彫刻の細やかさ、ディティールの美しさに息を呑みました。
P8188480
P8188485P8188484

内部は、中世の面影がそのまま残されています。
頭上はるか高くに広がる天井、どこまでも続くような奥行き、そして見事なステンドグラス。
P8188500

静寂の時が流れる荘厳な空間。
遠い昔、同じようにここで上を見上げて祈りを捧げた人がいる。そう思うと心が震えました。
P8188499

「Paris 6」への 2件のコメント

  1. 中村 より:

    素晴らしい建物ですね。
    この時代にタイムスリップして、
    どんな分野でも良いから建築に携わってみたいです。
    200年の歳月をかけて完成ですか。。。
    気が遠くなりそう。
    1163年から200年。
    この間にこれだけの技術を持った人々がいたということも、
    誰も建築することをやめなかったのもすごいですね。
    歴史は苦手なので、時代背景も何もわかりませんが、
    お勉強したくなってきました。
    ある程度の知識があって旅ができたほうが楽しいですよね。
    先生はイギリスもパリにも行ってこられて、
    羨ましいです。
    私も頑張ってお仕事しよう。。。
    歴史の勉強もしよう。。。

  2. shima より:

    ■ 中村さんへ
    ほんとですよね…彫刻の細かさに眩暈がしました(笑)
    プランした人も作った人もすごいです。
    ゴシック建築は垂直性を強調し、より天空に近く光と色を織りなす神秘的な空間を目指したもの。
    建築装飾史の知識があった方が、より旅は楽しくなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る