インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

ラグ☆

先日、協会賞をいただいた『キッズインテリアコンテスト』。(記事は こちら
賞品は「3万円相当のインテリア製品」ということ。
数十種類のラグの中から選んで下さいとご連絡がありました。
あいにく我家に合うものがなかったのですが…
1F母の部屋 に色と大きさが合うということで選んだのがこちら!
パキスタン製のウール100%手織りラグ。ブルーベースに様々な色の幾何学文様が美しく、とてもしなやかな風合いで、母も気に入っていました。
DSC07728

    
     
                                     
     

楽しみです!

4月から町田アカデミーの2年次研究過程クラスを担当しています。
昨日は3回目の授業、1年次と違ってより実践に近いものです。
今取り組んでいる課題は、実際にクライアントがいらっしゃり(クライアント役の方ですが)、予算設定もあるマンションのコーディネート。
先週、初めてのインタビューを全員で行いました。
それを受けて、生徒さん達はクライアントがお好きなレストランへ足を運んだり、トレンドのリサーチをしたりと、それぞれコンセプトを考え中です。
同じ条件でも、コンセプトの切り口によって提案内容は十人十色。
コンセプトワークが、コーディネートをしていく上で一番大切だと思います。
皆さんがどう具体的なプランに落とし込むか、今から楽しみです!

さて、こちらは帰りに立ち寄った「AOYAMA Francfranc 」のディスプレイ。
(撮影許可をいただいています)
トレンドカラーであるブルーを濃淡でまとめ、すっきりと涼しげな印象。
こちらのタッセルがお手頃価格で、とてもかわいかったです!
お部屋のクッションとタッセルを替えるだけで、夏の暑さが和らぎそう。
DSC07719DSC07721

    
     
                                     
     

おうちカフェへようこそ!

横浜市H邸のLDルームをご紹介します。
【Before】
前

リビングとダイニングスペースが有効に使われておらず、
フォーカルポイント(視線の集まる場所)がないのでがらんとした印象でした。

ナチュラルなインテリアがお好きとのこと。
奥様と中学生のお嬢様はお2人でパン教室に通っていらっしゃり、いずれパンの発酵機と焼き機をご購入予定という本格派です。打合せで、「ケーキを買って家でゆっくりいただきたいと思えるような居心地のよいお部屋にしたいです」という奥様のお言葉がとても印象に残りました。
キーワードは 「ナチュラル」「ぬくもり」「おうちでカフェ気分」「手作りパン」。

コンセプトは 『 おうちカフェへようこそ! 』。
木のぬくもりがあたたかなナチュラルインテリア。
お茶と美味しいケーキをいただきながら、時には焼きあがったばかりのパンのいい香りに包まれながら・・・
ご家族やご友人とティータイムや食事を楽しむ、居心地のよい「おうちカフェ」空間です。

【After】
動線を考え、ダイニングとリビングスペースを以前と逆にプランニング。
お手持ちのダイニングテーブル&チェアはそのまま使用しました。
1

カラーボックスと天板を組み合わせたカウンター収納と、電話台下にも造作収納をつくったのでモノがすっきり納まります。ライティングダクトレールを使って2灯吊り下げたアンティーク風のガラスペンダント照明の優しい光が、ほっと寛げるダイニングスペース。
23

壁一面を、明るく柔らかなイエローの壁紙に張り替えました。
イエローは色彩心理で食欲増進の色、食空間にぴったりです。
オリジナルのステンドグラス飾り棚とウォールステッカーが、カフェ気分を盛り上げるフォーカルポイント。
4
無題

リビングスペースには、大きめサイズのシンプルなソファ&オットマン。
綿のカーテン、麻のクッションをコーディネートしました。

【関連記事】 こちらもご覧下さいませ☆
おすすめプラン☆  ・リネンのクッション  ・インテリアアクセサリー

インテリアアクセサリー

コーディネートさせていただいたH邸は、インテリアアクセサリーがポイント。
私の方でイメージに合うモノをピックアップし、ご提案しました。
皆さん、こちらのステンドグラスに見覚えがありませんか?
以前、「何になるでしょう?」と 記事 にしました。お会いする何人かの方から「何になるんですか?」と聞かれておりましたが(笑)、こうなりましたよ!
板をつけ、白塗装をして所々を紙やすりで削りラフに仕上げた飾り棚。
イメージ通りに出来上がって感激です☆
DSC07598

また、「 HAPPY TREE 」という素敵なタイトルのウォールステッカー。
何パターンも展開図を描き、小窓に見立てたステンドグラス飾り棚と共に位置を検討して貼りました。

DSC07623DSC07630
アンティーク風の掛け時計やラタンのカゴ、ストライプのクッションなどご提案したモノをH様が全てご購入下さいました。嬉しいです!
アクセサリーは、言うなればインテリアのスパイス。
厳選し、バランスを考えて飾ると空間がぴりっと引き締まります
さて、明日はいよいよ完成したH邸をご紹介します!お楽しみに☆

    
     
                                     
     

インタビューが掲載されました!

先日、取材を受けたインタビュー記事が掲載されました!
インテリアコーディネーターを目指したきっかけから学んだ経緯、仕事のこと、今後の目標についてなど2ページにわたりお話しています。
是非、ご覧になってみて下さ~い!
BrushUP 学び』 プロフェッショナルインタビュー → http://www.brush-up.jp/article/interview/82/
ブラッシュアップ

リネンのクッション

DSC07632

H邸の竣工祝いに選んだのは、こちらのクッション。
ナチュラルなインテリアに合わせたリネン(麻)素材です!
このワンポイントのボタンと、独特な色合いに一目惚れしました
購入は、 先日ご紹介した Lino e Lina』(リーノ・エ・リーナ)にて。
H様がとても喜んで下さって嬉しかったです☆

    
     
                                     
     

H邸完成です!

DSC07586
H邸の家具工事と最終確認へ。
こちらは、今日も丁寧に仕上げて下さった家具職人のKさんたち。
お疲れ様でした!
完成した空間を、中学生のお嬢様が「自分の家じゃないみたい!」と、とても喜んで下さって本当によかったです☆
全て終了後、ご家族とティータイムをご一緒させていただきました。
昼下がりのひと時、楽しい時間でした。
H様、ありがとうございました!

    
     
                                     
   

“Salon CHIC” について

インテリアのプロのための情報サイト「MLインテリア」にレッスンのことを掲載いただきました!
「モダンリビング」のインテリアに特化したウェブサイト、ぜひご覧下さいませ☆。

http://modernliving.jp/interior/column/021_1604265

私は、インテリアコーディネート、スクールやセミナー講師、雑誌の企画・監修、TV出演など幅広くインテリアに関するお仕事をさせていただいています。それらの経験を通して、もっと気軽にご自宅のインテリアをセンスアップするヒントをお伝えしたり、ファッションや料理と同じように、インテリアについて楽しくお話ができる場をつくりたいなぁとずっと思っていました。
それが、 “Salon CHIC” (サロン・シック)です!
月1回、自宅(横浜)での少人数制インテリアレッスン。
毎回様々なテーマで、最新トレンド情報や実例写真を交えながら、住まいづくりにすぐに役立つお話させていただき、インテリアがお好きな方と楽しい時間を過ごしております。
・「Salon CHIC 2016 」のご感想 →☆☆☆
・「Salon CHIC 2015 」のご感想 →☆☆☆
・「Salon CHIC 2014 」のご感想 →☆☆☆
・「Salon CHIC 2013 」のご感想 →☆☆☆
・「Salon CHIC 2012 」のご感想 →☆☆☆
・「Salon CHIC 2011 」のご感想 →☆☆☆

このような方におすすめです!
・ インテリアが好きで、気軽にコーディネートの基本を学んでみたい
・ 新築やリフォーム予定で、家具やカーテン・照明の選び方を知りたい
・ 今の住まいを、より素敵にセンスアップしたい
・ 造作収納家具に興味があり、色や質感・収納量などを見てみたい
・ インテリアコーディネ―ターの仕事について聞いてみたい

Salon CHIC インテリアレッスンの特徴
・自宅は私自身がインテリアコーディネート、実際に空間を体感しながらお学びいただけます。
・ご自宅の写真や図面をご持参いただき、簡単なインテリアアドバイスをさせていただきます。
(口答のみ、図面やスケッチなどの作成はありません)
・別途正式にコンサルティング・インテリアコーディネートご依頼をお受けさせていただきます。

☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*

レッスンの様子をご紹介します
始めに、レジュメを見ながら本日の流れについて説明させていただきます。
1

TV画面でパワ-ポイントをご覧いただきながら実例写真を交えたインテリアレクチャーや、色々なワークを取り入れたレッスンで、毎回ご好評いただいております。
少人数ですので、その場でご質問をお受けしながらアットホームに進めていきます。
2
3

こちらは、造作家具の寸法確認中の皆様。
実際に最新トレンドの床材・壁材・ファブリックなどのサンプルを見たり触れたり、寸法を体感しながらインテリアを学んでいただけるのも「Salon CHIC 」レッスンの魅力です。
4
257be04cd

その後は、ゆったりとしたティータイム。
毎回、テーマを決めてお菓子をご用意させていただいています。
インテリアやその他様々なお話で、皆さんと盛り上がる楽しい時間です(^∀^)
56
P1234517P6262409

☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*

2016年度インテリアレッスンの今後のスケジュールは下記を予定しております。
トータルで、または単発でご興味のあるレッスンにいらしていただけます。
各レッスンの詳細内容は、後日ブログにてお知らせさせていただきます!

☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*
2017年度インテリアレッスンの今後のスケジュールは下記を予定しております。
トータルで、または単発でご興味のあるレッスンにいらしていただけます。
各レッスンの詳細内容は、後日ブログにてお知らせさせていただきます!

■ 2017年5月
インテリアレッスン2 「 家具 」
家具の選び方、組合せ方のポイント、レイアウトの考え方について
5月23日(火)・24日(水)予定

■ 2017年6月
インテリアレッスン3 「 窓装飾」
イメージに合わせた窓装飾の選び方のポイント、色・素材の合わせ方をカラースキーム実演
6月27日(火)・28日(水)予定

■ 2017年9月
インテリアレッスン4 「 照明計画 」
生活シーンに合わせた照明選びや配灯のポイントについて
9月19日(火)・20日(水)・予定

■ 2017年10月
インテリアレッスン5 「 LDのコーディネート 」
リビングダイニングルームの色使いや家具配置、収納などのポイントについて
10月24日(火)・25日(水)予定

■ 2017年11月
インテリアレッスン6 「 ベッドルームのコーディネート 」
ベッドルームの色使いや家具配置、収納などのポイントについて
11月28日(火)・29日(水)予定

■ 2017年12月
インテリアレッスン7 「 クリスマス特別企画 」
山手西洋館「世界のクリスマス」巡り&ランチ会を予定
12月13日(水)予定

■ 2018年1月
インテリアレッスン8 「 キッズルームのコーディネート 」
キッズルームの色使いや家具配置、収納などのポイントについて
1月23日(火)・24日(水)予定

■ 2018年2月
インテリアレッスン9 「 インテリアアクセサリー 」
アートや小物の飾り方など空間がより素敵になるポイントについて
2月20日(火)・21日(水)予定

FISBA 2011春夏新作発表会

FISBA(クリスチャン・フィッシュバッハ)の2011春夏新作発表会へ。
今までは東京国際フォーラムでしたが、今回は日の出にある『TABLOID』(タブロイド)。ルイ・ヴィトンがイベントをしたり、レディガガがシークレットライブをしたそうで(すごい!)、今注目のスペースです。
もとは印刷工場でしたが、昨年にコンバージョンをして新しく生まれ変わったオフィス&商業複合施設、イベントスペースがあります。
配管がむき出しになったクールな空間で、フィスバのクラシックとモダンが融合したファブリックが映えて新鮮でした。
DSC07584DSC07578

相変わらず、ファッションショーのような洗練されたプレゼンテーション。
3つの新作コレクションを、音楽と映像、そして絶妙なカラーコーディネートで鮮やかにプレゼンするアートディレクターのカミラさん。素敵です☆
春らしいトレンドカラーのアップルグリーン・サーモンピンクの他、夏に向けてさわやかな濃淡のブルーや、右写真の鮮やかなフューシャピンクに心惹かれました。アクセントに加えたらドラマティックですね。是非、使ってみたい!
また、ボタニカル(植物)とストライプの柄が全体的に多かったです。
DSC07571DSC07577

さて、プレゼン後、日本フィスバの藤田社長に声をお掛けいただきました。
「えっ?!なぜ私の名前をご存じなのでしょうか?」と思ったら、こちらのブログをご覧いただいているとのこと。ひぇ~、光栄です(汗)
是非、皆さんもショールームで新作を実際に体感してみて下さい。

    
     
                                     
     

「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展

先週末は、『倉俣史朗とエットレ・ソットサス』展にも行ってきました。
DSC07561DSC07554

21_21 DESIGN SIGHTで開催中。
桜が満開で、花びらの散る雨上がりの小道が美しかったです。

日本を代表するデザイナーである倉俣史朗氏と、イタリアデザイン界の巨匠エットレ・ソットサスの交流を軸に、それぞれの作品紹介がされています。
インテリア好きの方は、倉俣さんファンが多いでしょうね。私もその1人!
赤いバラをアクリルに封じ込めた「ミス・ブランチ」、浮遊するベッドの「ラピュタ」、スチールの素材感が凛とした佇まいの「ハウハイザムーン」。
そのネーミングもセンス抜群です☆
美しいデザインから発する静かな情熱に触れ、刺激を受けました。
会期が延長されて7/31までとのこと、おすすめです!
倉俣史朗とエットレ・ソットサス』展 
                → http://www.2121designsight.jp/program/krst/

    
     
                                     
                   

ページトップに戻る