インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

美しい暮らし・豊かな時間

以前にお話しましたが…私は「CHIC INTERIOR PLANNING」が屋号です。
「CHIC」(シック)とは“粋な・上品・優雅”という意味。
コーディネートをする際に心がけている全体コンセプトはワンランクアップした「CHIC」空間での『 美しい暮らし・豊かな時間 』です。
使いやすいプランニング・細やかな収納計画・美しい配色にこだわったシンプルで上質なインテリア。さらにアートやディスプレイを楽しむ“余白”をつくることで住まう方自身が生活を楽しみ、ご家族やご友人との豊かな時間を過ごす心地よい空間作りを目指しています。
家具LD1

1DSC03724

DSC03752DSC01572

今年も様々な「CHIC」空間作りのお手伝いをさせていただきました。
ご依頼下さったクライアントの方々、ありがとうございました!
また、年明けから新しい「CHIC」空間が生まれますので、こちらのブログでご紹介しますね。来年も遊びにいらして下さいませ☆ では、皆様よいお年を

       
        
                                       
       

カールじいさんの空飛ぶ家

娘と映画「カールじいさんの空飛ぶ家」へ。
これからご覧になる方もいらっしゃると思うのでストーリーは控えますが…
CMを見ている時からすでにウルウルだった私。あぶないなぁとは思っていましたが、冒頭の追憶シーンでほろり、途中ですすり泣き、最後で号泣
笑いあり涙あり、大人も子供も楽しめました!
ci_curl_000
また、3Dメガネをかけて観たのですが、これが噂以上にすごい!
本当に空を飛んでいるような感じ。
映画館ならではの臨場感や躍動感があって、おもしろかったです

       
        
                                       
       

横浜ブラブラ

昨日は、家族と横浜をブラブラしていました。
まずは元町にあるパンケーキのお店『モトヤ』へ。
できてからずっと通っていますが、今や人気店で入るのにすごい行列のことも。
休日にここでブランチをするのが主人も娘も大好き!先日は2人で来たらしい。
DSC03949DSC03951

チーズオムレツなどに焼きたてのふかふかパンケーキが3枚ついていて、たっぷりとメープルシロップをかけていただきます。
やっぱり美味しいなぁ…幸せ☆

その後、私はヘアサロンに行き、再び夕方に『バーニーズNY』で合流。
DSC03954DSC03955

「HAVE A GREEN HOLIDAY」をテーマに、ペットボトルを照明にしたり、ハンガーで木をつくったりと相変わらず楽しいウィンドゥディスプレイです。発想がすごいなぁ。

最後はニューグランドホテルへ。横浜を久しぶりに満喫した1日でした!

       
        
                                       
       

年末ですね。

クリスマスも終わり、今年も残り5日…年末ですね。
仕事納めはしましたが、送られてきた造作家具図面を確認したり、各メーカーから出揃った見積書をまとめたりと、家での作業がまだあります。
DSC03947
今日は朝からクリスマスツリーを片付け、年賀状を書き終えて…さぁ~てやろうと座ると、隣りで娘が何度も話かけてきます。
なぜなら、さっきからクリスマスプレゼントにもらった『ホイップる』をつくっているから。
ご存じですか?ホイップデコーレーションを自分でして、スイーツアクセが作れます
「どう?このホイップ上手くいったよね!」
「ねぇ、この上にはいちごがいいよね?」
…集中できないっ、夜にやろう

       
        
                                       
       

仕事納めです。

DSC03384
おとといは、渋谷区T邸の造作収納の件で家具屋さんと打合せ。入ってすぐの壁面に本棚をつくり、ライブラリースペースにする予定。その他、食器棚やTVボードも全て造作なので、色や素材を確認しました。

昨日は世田谷区O邸にてカーテン業者さんとの打合せ。
シンプルなアイボリーですが水玉やラインなどテクスチャーに遊びのあるものや、こちらのマスターベッドルームにはきれいな色&柄のカーテンにします。
高さや開き・左右操作・ひだ山・ウェイト種類などを決めました。
DSC03945DSC03800

細かい打合せが現場で続きました。これで仕事納めです!
今年もプライベートとバランスをとりながらでしたが、家族の協力もあり、各物件のコーディネート・学校やセミナー講師・雑誌の取材や監修など様々な仕事をさせていただきました。来年もコーディネートを主軸に、さらに仕事の幅を広げていきたいと思いますが…まずは欲張らずに目の前のことを1歩ずつですね

       
        
                                       
       

ヘキセンハウス

今年のクリスマスは、赤坂にあるドイツ菓子&パンの店『K-B|KEIJI』(カーべー・ケージ)でヘキセンハウスを注文しました
『Hexenhaus』(ヘキセンハウス)とは、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」に登場する魔女のお菓子の家のこと。クリスマスにドイツなどでつくられる工芸菓子で、レープクーヘン(ハチミツ入りクッキーの一種)を家の形に組み立てて、そこにクッキーやチョコレートなどで飾り付けたものです。
DSC03884DSC03889

届いた日は家族で大騒ぎ!
家も囲いも木もぜ~んぶ食べられます☆
家の中にはライトが入っていて点灯するときれい。(覗くとすごい状態だけど)

DSC03895
かなりの豪雪地に建っているらしく大雪
魔女とヘンゼル&グレーテル、屋根には猫がいます!全部食べられるということで「きっとこれもチョコよね!」と盛り上がりましたが…人形はプラスティック(笑)

DSC03891
煙突はウェハース。そこから出る煙は「絶対に綿あめ!」と娘が言い張ります。
そうかな~?じゃあちょっと食べてごらん!というわけで試食したら、コットンでした。
娘のがっかりぶりに笑ってしまった。

実は、昨日のクリスマスパーティーに皆で楽しくいただきました。
解体されてしまった家は見るも無残な姿になってしまいました

       
        
                                       
       

クリスマスパーティー

昨日は、娘の学校のお友達宅にてクリスマスパーティーがありました
美味しいお料理にバラエティ豊かなゲーム、プレゼント交換で大盛り上がり!
母娘共に楽しいひとときを過ごしました。

さて、今日の夜は家族でクリスマスパーティー。
昨日のおもてなし上手なママがタイムスケジュールを作成して、進行の説明をしてくれたのに釘付けだった娘は、さっそく真似をしてつくったようです。
あぁ、「もぐもぐタイム」って書いてあったなぁ。それぞれのマークが心憎い(笑)
そして、「手品 by 娘」もありました(^∀^)
DSC03931DSC03933

父母や我々・弟夫婦からのプレゼント
義妹からのステキなラッピングに大喜び☆
明日はサンタさんもくるけどすごいわね。
やはり娘の笑顔は幸せな気分になります。

       
        
                                       
       

クリスマスのディスプレイ

1F親世帯のクリスマスのディスプレイです。
今年のテーマは「NYのクリスマス」ということで(母談)、MOMAで購入したグリーティングカードをメインに、サンタがロックフェラーセンターでスケートをしているそうです。左下、たしかに滑っています!(笑)
DSC03901DSC03902

DSC03904DSC03905

こちらはエントランス。
1F(左)はキラキラのツリーが飾られています。2F(右)は娘が選んだサンタ&雪だるまを植栽にプラスしました。

      
       
        
                                       
       

週末は…

昨日は、O様ご夫妻とショールームまわり。
カーテン・照明・ラグまで全て決まり、ほっとしました。
DSC03860
足を運んだマナトレーディングでは、インテリアデコレーター橘田美幸さんのオリジナルブランド「Suite in Style」のベッドリネンや小物を使ったプライベート空間が展示してありました。上質なファブリックに、ファーやクリスタルの異素材を組み合わせた大人の辛口フェミニンスタイルです。
モダンでスタイリッシュな橘田さんのコーディネートは、雑誌などで拝見していますが大好きです。とっても素敵でした☆

今日は、町田アカデミーでの今年最後の授業。
前回プレゼンでは悪戦苦闘でしたが、皆さんコーディネーションの流れがつかめたようで、自分でどんどんイメージスケッチを描いたり、カラースキームのチェックをしたりとすっかりICのよう…次回プレゼンが楽しみです(^∀^)

       
        
                                       
       

インテリアコーディネーターの役割

クライアントご夫婦のご要望は、必ずしも同じとは限りません。
中には全く同じという方もいらっしゃいますが…やはり違う方が多いですね。
お2人で話し合われていても平行線ですが、そこに第3者が入ってそれぞれのご意見を整理しながら打合せを重ねていくと、「プロの方がそうおっしゃるなら」とお互いに納得していただけて話がスムーズに進むことがあります。
そこに、インテリアコーディネーターの存在意義があるのではないでしょうか。
DSC03566
インテリアコーディネーターは、クライアントのライフスタイルに踏み込んでいく仕事。信頼関係の中で精神的な支えになり、ご要望を調整してベストな答えを導いていくのも大きな役割だと私は思います。

さて、先日ご紹介した 金沢A邸 のウィンドゥトリートメント。
ご主人様は部屋が狭くならないようすっきりと納まる「ブラインド」、奥様はレースによって外部からの目線は隠しつつ光や風が感じられる「カーテン」がいいとのご要望…う~んどうしましょう。
そこで、ご提案したのが『ハンターダグラス』のシルエットシェードでした!
お2人のそれぞれのご要望をクリアしながら一番いい答えが出せました。
何よりご夫婦共にとても喜んでいただけてよかったです☆

       
        
                                       
       

ページトップに戻る