インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

来客時に…

我家は公私共に来客が多いです。
LDKが打合せスペース兼なので、クライアント・メーカー・工務店の方や取材の方など、また、プライベートでは娘のお友達やママ友もいらっしゃいます。
「いつもきれいにしていて生活感ないですね~」と言われるのですが…
いえいえ、もちろん普段は生活感ありありのものがそれなりに出ております。
でも、さぁ今日は来客!という時には造作壁面収納の中へささっとしまいます。リビング1

収納をする場所がないと、どうしてもモノが部屋に出てしまいますよね。
来客頻度の高い方には、やはり造作壁面収納がおすすめ!床から天井まで収納量がかなりありますし、掃除も楽なので。

それと、気を配るのがトイレ。今は「パウダールーム」と言うことが多いです。
トイレよりもやや大きめ、そこに手洗いボウルや鏡を加えて来客がお化粧直しまでできるようにしておくといいですね。
また、パウダールームをきれいに掃除をすることも大切です。レストランでも、パウダールームまできちんと掃除が行き届いていると好印象ですよね。
というわけで…来客時には収納とパウダールームの清潔感がポイントです

      
       
                                      にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ 

リップグロス&キマグレン

午前中、NHK文化センターセミナーの講義最終回でした。
4回目でしたので、皆さんとても和気あいあいと色々なインテリア情報交換もされていました。次回9月はホテル見学&ランチ、楽しみです~♪
グロス
さて、インテリアとは関係ありませんが…
こちらはキマグレンのCDとリップグロス。
というわけで、何かのグループ名みたいなタイトルになってしまいました(笑)

1週間、ベトナムに出張していた主人が昨日帰国しました。
行く前に「お土産何がいい?」と聞かれ、「リップグロス!」と即答。
クリスチャンディオールの5本セット、コンパクトサイズなので持ち歩きに便利だし、ちょっとずつ違う色が試せていいなぁと前からチェックしていたのです。
ベトナムとは全くつながりありませんが …けっこう嬉しい(^∀^)

そして、「au」と「adidas」のコラボCMに流れている曲が気になってました~。
イントロ部分のアコースティックギターとラップがかなりかっこよくてチェックしたら…キマグレンの 『 LIFE 』!皆さん、もうご存知かしら?
今日のNHK文化センターセミナーの帰りにCDを購入してきちゃいました!
逗子を中心に活動している2人組。(海の家を経営しているんですって)
今や一気にブレークしていますが、これがいいんです
暑い夏、かなりテンション上がりますわよ

      
       
                                      にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ 

I ‘m home 9月号

home
隔月刊「I’m home」。
毎回色々なテーマが特集されています。
今回はリノベーションの事例や、壁&床材、そしてファブリック。
特にファブリックは、今年のトレンドから各メーカー紹介、ウィンドゥトリートメントのポイントなどとても勉強になります。
スタイリングや写真も美しくうっとり
内容の濃い1冊で、おすすめです!

12

      
       
                                      にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ 

FAUCHONのエクレア

エクレア
FAUCHON(フォション)が季節ごとに色々なエクレアを発表していて、いつもお店の前を通る度に気になっていたのですが…
外出先から帰った母がお土産に買ってきてくれました~。わぁ~い♪

娘が「私が食べる~」と選んだのが、3匹のてんとう虫のキュートなエクレア。
でも食べ物的にはどうなんでしょう?という色とデザインではあります…
味はというと、娘いわく「よくわかんない…チョコの方がいい!」だそうです
その他は、アプリコット・グレープフルーツ・マンゴーなど酸味の効いた果実のクリームが入っていて爽やかでした。
夏らしい色鮮やかなエクレア、手土産に持っていくと喜ばれそうですね

      
       
                                      にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ 

La maison d’EX

昨日のマナトレーディング新作発表会の後、前から気になっていた代官山の『 La maison d’EX 』(メゾン・イクス)へ。
メゾンイクス
今年3月オープンのインテリアショップ。
フランスの最高級ファブリックやタッセル、テーブルリネン、テーブルウェアなどが揃っています。ショップ入口もなんだかパリの香りがしてきますね

ショップタッセル

(左)ショップ内。(撮影許可をいただいて)
   美しい色や柄のファブリックは、まさに
   “見せる”絵のよう。
(上)タッセルも充実しています。

レール1

スワロフスキークリスタル・ガラス・青銅などのカーテンロッド。ラグジュアリーな空間演出のスパイスになります♪
是非1度足を運んでみて下さい!

ウィンドゥトリートメント(窓装飾)には、「壁材に近い色(白系)ですっきりとまとめて部屋に溶け込ませ、全体を広く見せる」と「大胆な色使いや柄などで1枚の絵画のように部屋のアクセントとして楽しむ」の2つの方法があります。
フランスではカーテンは自分のセンスを表現するものということで、まさに後者ですが、我々日本人の感覚だと大きな面積に大胆な柄というのはちょっと敬遠して前者に落ち着いてしまいがちです。
でも、お気に入りのファブリックに出会ったら…小窓に使ってみたり、クッションにしてみたりとまずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
お部屋が見違えるほど華やかになりますよ!

      
       
                                      にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ 

MANAS-TEX Vol.13 新作発表会

マナ
2年に1度発表される『 MANAS-TEX 』の新作発表会に行ってきました。
会場は代官山 CARATO71です。
マナトレーディングは大好きなファブリックメーカーなので楽しみにしていました。

展示2プレゼン

(上)プレゼンテーションの様子。
   カラースキームの提案もあり、とても
   勉強になります。
(左)7つのテーマで構成された新作。

展示
テーマの1つ「ON HOLIDAY」のイメージ展示。夏の海でのバカンスという感じ。
もちろんキッズルームなどでもかわいいのですが、大人も楽しめる色や柄が目を引きました。

ランチ
新作発表会には町田アカデミー卒業生が私の行く時間に合わせて足を運んでくれて久しぶりに再会、一緒にランチへ
仕事や日々のことなど時間を忘れて盛り上がりました!またお会いしましょうね

      
       
                                      

夏休みです!

皆様のおかげでインテリアブログランキング1位に復活していましたぁ(^∀^)
昨日はたくさんの方がクリックして下さり…本当にありがとうございます♪
これからも応援クリックよろしくお願いしま~す

さて、毎日暑いですね~。
娘がプチトマトを育てていて、水やりをするのにジョウロを探していましたが…
先日、コンランショップで見つけました!
子供にも使いやすいデザインとかわいいカラーが
そして、けっこうこのプチトマトがおいしくてサラダに入れて食べてます♪
トマトジョウロ

 
先週水曜日から娘が夏休みに入っています…基本的に学校へ行っている間に仕事をするスタイルの私にとっては厳しい期間です
さっと1人で出掛けられないので母に預けることになりますが、あまり予定を入れすぎると母の負担が増えますし…。
そんな訳で、夏休み中は家でできることを中心にあまり外出する仕事は入れず娘とゆっくり過ごすことに。暑くて出たくないっというのもありますが

しかし…朝から夜まで「ママ~、ママ~」とテンション高くしゃべりまくる娘…
一日中一緒だとぐったり疲れます…。
でも、まとわりついてくるのも今のうちかなぁ。
喜んでお手伝いしてくれるのも今のうちなので…させまくっております(笑)
ということで、今週は修正図面作成・取材の原稿校正チェック・作成中HPの最終調整・生徒さんの課題チェックなどを夜にしています。
明日は、マナトレーディングの新作発表会へ行って来ます!ちょっと嬉しい♪

キッズルームの照明計画

昨日のキッズルームの続き。
子供に優しいカラーやデザインの他に、とても大切なのが照明計画です。
目が悪くならないようにと天井の蛍光灯で明るく!と考えがちですが、いつも明るすぎる部屋は子供の体内時計の発育を妨げてしまいます。
蛍光灯の光は昼間の明るさと同じくらいなので、夜になっても蛍光灯だけだと子供の身体は常に昼間であると錯覚して眠気をおこすホルモン分泌がされにくくなり、寝つきが悪くなるのです。
大人だって夜は、ほっと落ち着く白熱灯の明かりがいいですよね。
なので、眠りにつく時は白熱灯スタンドで部屋に陰をつくり、ほどよく夜を感じさせると早寝の習慣が身につき、また熟睡できます。

ということで、キッズルームも「遊ぶ」・「学ぶ」・「眠る」という子供の行動にフレキシブルに対応できるよう『 一室多灯 』の照明計画をおすすめします。
ダウン
我家のキッズルームを実例に挙げると…
「遊ぶ」:←部屋全体が明るくなるように、
       蛍光灯のダウンライト4灯を
       天井に全体照明として。

ライト2ライト

「学ぶ」:↑シンプルな蛍光灯スタンド
「眠る」:←かわいい色合いのスタンド

学習デスクのレイアウト

デスク

先日届いた『 Vibel 』の学習デスク
なんとかおもちゃも片付きました(けっこう捨てました)が…すっかりキャラもの雑貨に占領されつつあるデスク上…
もちろんデスクマットで汚れ防止です。
さて、以前何かで読んだのですが、学習デスクの位置と子供の勉強への集中力は風水的にとても関係しているとのこと。

本当かしら?!と思いながらも…全然勉強しなかった自分のことは棚に上げて、そりゃあ勉強しないよりはした方がいいなぁと思う母であります…えへっ。
学習デスクのレイアウトのチェック項目は下記の通り。
①入口を背にした場合
背後に対して無意識に警戒し、落着きがない・集中力が欠落するので×。
②窓を背にした場合
「背空」というそうで、入り口を背にした場合と同じく集中力が欠落するので×。
③窓に面した場合
「望空」というそうで、窓の外を眺めてしまって注意力が散漫になるので×。

じゃあ、どうすればいいのよぉ!という感じですが…
ようするに、前や後ろに窓や入口がなく、壁に面した場合が勉強に集中できるということです。どうしても「背空」や「望空」になってしまう場合はカーテンや家具などでふさぐといいそうです。
ということも考えた結果、①・②はOK 、③はビミョ~ですがギリギリ目の前は壁なので、この位置に落ち着きました。ちなみに…私の学習デスクは思いっきり③でした…
たしかに窓の外の空をいつもぼけ~っと眺めてたような

 

BAUHAUS

午前中の町田アカデミーの授業後、東京藝術大学大学美術館で開催中の『 バウハウス・デッサウ展 』へ行ってきました!
ご存知の方も多いと思いますが、バウハウスとは1919年にドイツに誕生した造形芸術学校。建築家グロピウスが初代校長、絵画で著名なカンディンスキーやパウル・クレーなどが講師陣というすごい学校です。
1933年、ナチスにより閉校を余儀なくされますが、現在でも世界中のデザインや建築に大きな影響を与え続けています。
バウハウスバウハウス2

会場内はすごい混雑でした…やはり興味のある方は大勢いるのですね。
今回の中でおもしろかったのは、実際の授業で講師陣が指導したこと、またそれを受けたバウハウスの学生たちの作品でした。
また、バウハウスの校舎の模型や平面図もあり、廊下が少なく人の動線を考慮したプランはデザインと機能を兼ね備えた空間でした。
かなり見ごたえのある内容で刺激を受けました♪
皆さんにおすすめしたいのですが、これが明後日21日(月)までです…
お時間がある方は是非足を運んでみて下さい!
図書館
次に、近くの『 国際子ども図書館 』へ。
もとは1906年に創健された帝国図書館を建築家 安藤忠雄氏がリノベーション。
歴史ある石造建物にガラスを組み合わせたデザインはヨーロッパでよく見られます。
最近日本でも増えてきましたね。
中に入ると国内外の子どもの本がずらり。娘は大喜びで読んでいましたが、大人も楽しめます。暑い夏休み、とっても涼しいのでおすすめです♪

     
       1日1回応援クリックいただけると励みになります♪

ページトップに戻る