Column 荒井詩万のインテリアコラム "美しい暮らし・豊かな時間"

【コラム】09 トイレを輸入壁紙で異空間にしよう!

インテリアに関するちょっとしたお役立ち情報をお届けする「荒井詩万のインテリアコラム」。
今回は「トイレを輸入壁紙で異空間にしよう!」です。

トイレの扉、それが異空間へとつながる扉だったらワクワクしませんか?
トイレは用をたすだけではない、1人になってホッとする場所。
白いビニル壁紙に白い便器。皆さんの家のトイレはどうでしょうか?清潔感はありますがなんだか殺風景ではありませんか?ちょっとつまらないなぁと思っているなら輸入壁紙を貼ってみませんか?

■ 輸入壁紙って高い?
輸入壁紙は基本的にこのような状態で販売されています。
もちろん価格は様々ですが、1本(幅53cm×10M)で¥10,000前後のものが多いです。
トイレの場合は貼る面積が少ないのでだいたい2本~3本くらい。材料費と業者さんの人工(にんく・一人が1日働く作業量)が約¥30,000と考えると、約¥50,000〜60,000くらいで貼れます。最近はDIYで自分で貼る方もいますし、既存壁紙の上から貼ることもできる糊が発売されているので賃貸でもOK。
輸入壁紙にトライしてみたい!と思われるなら貼る面積が少なくコストが抑えられるトイレからがおすすめ。リビングなどには躊躇するような大胆な色や柄の壁紙もプライベート空間のトイレなら思い切り楽しめます。

■ 一面に貼る
輸入壁紙を一面のみにしてその他を国産壁紙にするとコストが抑えられます。
いきなり全面はちょっと不安という方、まずはアクセントに一面から始めてみてはいかがでしょうか?
I様邸 イギリス「HOLDEN DECOR」を一面に、その他はリリカラ「モリスヘリテイジ」シリーズ

M様邸 新築マンション、イギリス「SCION」を一面に貼り替えて

■ 全面に貼る
やっぱり輸入壁紙を貼るなら壁全面にすると一気に雰囲気が変わります。
まさにトイレの扉は異空間へとつながる扉になります。開けた瞬間、ご家族も楽しいですし遊びにきたお客様も思わず「わぁ!!」と声を上げてしまいますよ。I様邸  新築マンション、白い壁紙からエレガントなアメリカ「WALLQUEST」に全面張替え

I様邸  イギリス「Cole & Son」フォルナセッティ、まるで絵本の中に迷い込んだような空間



F様邸  トイレ、そして手洗いスペース全体にアメリカ「YORK」の華やかな花柄

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る