Column 荒井詩万のインテリアコラム "美しい暮らし・豊かな時間"

【コラム20】キッズルームのつくり方、年齢別のポイントは?

インテリアに関するちょっとしたお役立ち情報をお届けする「荒井詩万のインテリアコラム」。
今回は「キッズルームのつくり方」、年齢別のつくり方のポイントを紹介します。
コーディネートをする時に共通して大切にしているのは、お子様やご家族がその空間で“どう過ごすのか”。
それにより、家具レイアウトや収納をどうするかが決まります。
それから、“色”。
一般的に、明るく元気が出る色は暖色系( 赤・オレンジなど)、勉強に集中できる色は寒色系(青・青緑など)と言われています。部屋のイメージや方位(北側か南側か、日が入るのか)、お子様のお好みや性格なども考慮して部屋全体の色選びをしています。

■ママの憧れがギュッと詰まった部屋
お子様が生まれ、海外インテリアのようなかわいいベビールームをつくりたい!という場合、奥様(ママ)の憧れがギュっと詰まった部屋になります(笑)
赤ちゃんが快適に過ごせるようにするのはもちろんですが、ご両親がここでおむつを替えたり、授乳をしたりするので、大人も楽しい空間を提案しています。

こちらは上のお子様、そして数年後に下のお子様が生まれてリピートでご依頼いただきました。
どちらも「ストーリー」ある空間です。
詳細はそれぞれのページを見てね♪

渋谷区K様邸  「冒険の旅へ」
空には雲や星。地図を広げ、気球に乗って冒険の旅が始まります!

2年後、妹ちゃん部屋のご依頼をいただきました。空、星、雲をつなげたストーリーに。

渋谷区K様邸 「雲の上のプリンセス」
雲、星、月、太陽がプリンセスの幸せな時間を華やかに彩る部屋

同じくご兄弟のコーディネート。「子供っぽくなりすぎない大人も心地よい部屋に」とのご要望。

港区I様邸 「小さな探検家」
航海をしている小さな探検家、たどり着いたのは動物たちの楽園

2年後、弟くん部屋のご依頼をいただきました。
弟も探検家というストーリーに(笑)

港区I様邸 「宝を探せ!」
兄は探検家、僕の憧れ。海賊たちを味方につけて一緒に宝を探せ!

こちらはLDルームに隣接する部屋をベビールームに。
横浜市I様邸 賃貸物件、貼って剥がせる壁紙で模様替え

■プレイスペースとしての部屋
歩き始めてから小学校に上がるまで(2歳~6歳くらい)は、プレイスペースとして使うことが多いですよね。家具はあれこれ置かずに、遊ぶための余白をつくっておくことが大切です。また、おもちゃや絵本などを出して遊んだら、片づけるということも覚えていきます。収納は、お子様が使いやすい高さや、ささっと簡単に出し入れができるものがいいでしょう。

杉並区I様邸    Scionのきつねさん柄シェードがポイント 


江東区T様邸  天井を空柄に、トランポリンやボールプールで遊ぶ


文京区M様邸   すべり台付き2段ベッド、いずれはそれぞれの部屋に


町田市I様邸   カラフルな壁紙に合わせた収納ボックス


杉並区I様邸  ルイスポールセン照明がアクセント


港区M様邸  フローリング上にカーペットを敷き、壁をペイント

■1人の時間を楽しむ部屋
小学校、もしくは中学校入学時にお子様の個室を考えるというご家庭が多いのではないでしょうか。1人の時間を楽しむ部屋へと変化していきます。

遊ぶスペースから、「1人で寝る」「勉強する」ことが加わりますので、このタイミングでベッドやデスクを購入する人も多いかと。
デスクをどこに置くか。悩みますよね(^^;
著書『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』にも書いていますが、以前、風水の専門家の方にお話を聞いたら、「デスクが窓に面していると、窓の外を眺めて注意力が散漫になる」「入口を背にすると、背後に対する危機感から集中できない」とおっしゃっていました。それを聞いて思い出したのが、ドラえもんに登場するのび太くんの部屋。のび太くんのデスク、窓に面していて、後ろはいつもママがすごい剣幕で怒りながら入ってくる出入り口でした。これ、全く集中できない配置です(笑)

港区M様邸  小学生の部屋 大好きな宇宙をコンセプトに


自邸 娘の部屋   小学生の時の部屋
デスク前が窓にならないようギリギリ回避しました(笑)


世田谷区I様邸  中学生の部屋
お手持ちの家具を生かしながら男前インテリアに


世田谷区I様邸  小学生の部屋
お手持ちのデスクとベッド下に収納スペースを組み合わせて


横浜市O様邸  中学生の部屋
パリッとしたシャツのようなさわやかなストライプ壁紙

■自分らしさを表現する部屋
高校生、大学生になると自分らしさを表現する部屋になります。
小学生で部屋をつくった場合、成長して好みも変わってきますよね。家具は長く使えるデザイン、壁はかわいいものよりシンプルな柄や無地で色ありにしておいて、ラグ・ベッドカバーなどを柄ものにするのがおすすめ!好みに合わせて気軽に替えられます。

こちらは前述の自宅 娘の部屋、高校生の時。
壁はイエローグリーンのまま、自分でディスプレイを楽しんでいます。目がチカチカする感じですが、大学生の今はもう少し落ち着いています(笑)

自宅 娘の部屋  高校生の時


目黒区H様邸  大学生の部屋
オーダー壁面収納&デスク、かっこいいクールモダンな空間に

いかがでしたでしょうか?
キッズルームをつくるかどうかは各ご家庭の方針がありますが、私はつくった方がいいと思います。娘もそうですが、自分の部屋があることで片づけることを覚え、どこに何を置こうか、何を飾るかを考えるようになりますよ。
皆さんのキッズルームづくりのご参考になりましたら嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る