インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【事例紹介】碧の時間

江東区T様邸をご紹介します。新築マンション、トータルコーディネートさせていただきました。

Before
超高層マンション、窓からは海が見えます。

ご夫婦が大好きなモルディブのラグジュアリーホテルのようにしたいとのご要望。
キーワードは「海」「ラグジュアリー」「スイートルーム」「ミックス」。
コンセプトは『碧の時間』。
モルディブのきらめくグリーンブルーの海をリラックスしながら眺めるように。
モダンとプリミティブをミックス、ラグジュアリーなリゾートホテルをイメージしてブルーの濃淡をちりばめたインテリア。スイートルームのようにLDルームから廊下、寝室、トイレ、子供部屋まで全てがつながる空間を提案。
とても気に入ってくださいました♪

After
奥の壁紙を貼り替えました。
きらめく海面のような水色からグリーンがかったブルーの壁紙は「WALLQUEST」です。

1点ものの流木は、探しまくって見つけました!
なかなかないサイズとフォルムですよね。
美しい自然のライン。オーダー製作した引き出し付き鏡面コンソールには、シンプルにこれのみを飾って。
アイアンウォールアートと組み合わせたフォーカルポイントです。
大理石の天板とメタルの脚がスタイリッシュなダイニングテーブル「BOBOLI」、チェア「HOLA」はCassina(カッシーナ)
品のよいベージュグレーとブルーグレーの本革2色に。キッチンのモザイクタイルとも合います。

ペンダントライトは貝殻でできた「ファンシェル」。乳白色から透けるやわらかな光、風でシャラシャラと心地よい音を奏でます。

ダイニングテーブルの迫力に負けないようあえて大きめなタイプを2灯にして部屋のアクセントに。

ソファは同じくCassinaの「BOWY」、柔らかなカーブが美しい本革素材で後ろ姿もきれい。
TVボードはオーダー家具、コンソールと同じ鏡面。
こちらの壁は波模様のエコカラットを貼りました。

クッションは生地を選んでオーダーしました。美しい柄はOSBORNE&LITTLEです。

光沢感のある波模様の生地でシェード。床まで閉めることはほぼなく、景色を楽しみたいとのことでしたので、上げた時にちょうど窓枠上におさまるようにしました。裾にはHoulesのトリムをつけて。

波打ち際のようなラグ、ブルーを重ねています。

サイドテーブルはイタリアRiva1920の「GEPPO (ゲッポ)」、arflexで取り扱っています。
無垢のシダー材を職人さんの手で削り出して丁寧に仕上げられています。これは自然災害で倒れたり、保護林で発生する間伐材を利用しているそう。木そのものの質感ところんとしたオブジェのような存在感に一目惚れ。奥の流木ともつながり、モダンにプリミティブをミックスしました。


玄関ホール、そして廊下。
アクセントの壁紙は「KHRÔMA」。
玄関にはラタン皿を5枚オブジェのように飾り、LDKのイメージにつなげています。廊下の突き当りは暗かったのでウォールウォッシャーライトを1灯追加してブルーのグラデーションが美しいアートを。

トイレは海の中!
魚たちの泳ぐ「 HARLEQUIN」壁紙に貼り替え。

マスターベッドルームはベッドヘッド側に珊瑚が並ぶ「Sanderson」の壁紙、ブルー濃淡のドレープ&レースカーテンです。

天井には雲の壁紙、カラフルなカーテンでワクワクするキッズルーム。爽やかでかわいい^_^

新築マンション、大きな間取り変更はせずにインテリアコーディネートで全ての部屋がつながるスイートルームのような空間となりました。
「どこにいても心地よくて。荒井さんにお願いして本当によかったです!」とT様。ご家族やお友達ときらめく碧の時間を楽しんでください♪

【追加】
完成後、お客様からいただいた写真。
ママ友を招いてランチ会をされたそう。
まさにコンセプト通り、きらめく“碧の時間“をこの空間で楽しんでくださっていて嬉しかったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る