インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【Milano 3】ワクワクする心ときめくデザイン

イタリア滞在レポート3!
クールモダンなデザインも素敵ですが、遊び心があるワクワクするデザインは人をハッピーにします!
ミラノで私がワクワク、思わず「わぁ!」と笑顔になった心ときめくデザインをご紹介します。
まずはミラノサローネ フィエラ会場内にて、「GERVASONI」のブース。
なになに~!!これかわいい~!と超楽しそうな私(笑)Kartell」、色で溢れたとてもおもしろい展示でした。
こちらは吉岡徳仁さんの新作デザインのチェア。
軽やかできれい!短パンだと太ももにあみあみがつきそうだけど(笑)

フィリップ・スタルクの新作チェアはオレンジの塗装がいい色だわぁ。
座面高が低いのでラウンジチェアとしてソファに合わせてもアクセントになりますね。
Kartellらしいカラフルなアクリル&LEDライトのランタン、アウトドアでも使えます。
こちらは世界的なアウトドアファニチャーブランドとして知られる「DEDON」。
繊細な籐の織込みは私たち日本人にも親しみがあります。遊び心満載なデザイン!
THONET」の曲げ木椅子。こんなに曲がっちゃうよ~アピールか(笑)CARLHANSEN&SON」では職人さんがYチェアの座面張りを実演中。
丁寧に編み込んでいく手仕事はすばらしく、見入ってしまいました。
ふと目に入った腕のタトゥー。えっ、Yチェアだよ!おじ様のYチェア愛は半端ありません!笑

最後に会場以外、ミラノの象徴ドゥオモ隣にある「MUSEO DEL NOVECENTO」をご紹介します。
2010年にオープンのモダンアートが収集されているミラノ20世紀美術館。
最上階にはアンディ・ウォーホールの「Sixty Last Suppers」が展示されていました。
ウォーホールとFLOSの照明、そして何といってもドゥオモとヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアが見えるという贅沢な空間。おすすめです!そして、行ってきたのにやっぱりガッレリアの名前が覚えられません(汗)

伝統と革新、クラシックとモダンの融合。ヨーロッパのデザインのすばらしさを痛感します。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る