インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

BALMUDAのトースターがやってきた!

前からとても気になっていたBALMUDA(バルミューダ)のトースター。
スタイリッシュなデザイン、水を入れてスチーム状態にし温度制御をすることで最高のトーストになるというもの。インテリアショップでも売っていますよね。
我家は家族全員パンが好き。グルテンフリーってなんざます?という感じ(笑)
夫と買う?と何度も足を止めて見ていましたが¥25,000します…実際どうなんだろう?ちょっと高いよね~と買わずにいました。が、先日購入した弟から「普通の食パンが焼きたてホテルブレッドになるよ。いつもは朝に半分しか食べないのに美味しくて1枚ペロリと食べれました!」というLINEがきまして即買いしました(笑)水用カップは磁石つきフックでこんな感じにつけました。これならなくならない!笑
さっそく朝、皆でト―ストを食べました。まわりはパリパリ、中はふっくら。ほ~、たしかに美味しい!!他にもクロワッサンやフランスパン・スコーン、お餅も焼けるそう。色々と試してみた~い♪

休むことは大切ですね♪

某プロジェクト、カメラマンさんの撮影立会いがありました。
なかなかおもしろい空間ができましたよ。ウェブサイトもスタイリッシュに仕上がりそう。プレスリリースは14日、お楽しみに!さて、こちらは先日行った鎌倉「古我邸」でのウェルカムドリンク。
久しぶりにゆっくり過ごしたのですが、しみじみ感じたのはこういう時間をつくることの大切さ。何をしている時が楽しいか?と聞かれたら仕事と即答するくらいインテリアの仕事が好きですが(笑)、ここのところスケジュールがいっぱいで休みなし、プランニングは夜中にやるというハードな日々でさすがに疲れ気味。なんだか追いつめられていて心に余裕がありませんでした(汗)
フリーランスなので空いている日があると予定を入れてしまい詰め込みすぎてしまいます。自分でこの日は休日!と決めて休む勇気も必要ですね。
と言いながら、9月18日~25日ロンドンに行くのでその前後は予定がびっちり。ご新規ご依頼いただいている方のお打合せは10月以降に。お待たせしてしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いします♪

鎌倉「古我邸」で特別メニューを味わうランチ会へ

先週末、母に誘われ鎌倉「古我邸」にて久しぶりにゆったりとランチを楽しみました。
鎌倉三大洋館のひとつ。100年前に建てられ今まで非公開だった大邸宅。
過去には総理大臣が別荘として利用したり、戦後G.H.Qが将校クラブとして利用したりと歴史ある建物が、2年前にフレンチレストランとしてオープン。
鎌倉駅から徒歩5分ほどの立地に、こ~んな広い邸宅が。門からのアプローチが長い!笑

風情溢れる美しい洋館。

裏庭でウェルカムドリンクをいただいてからレストラン内へ。
今回は特別メニューでのランチ会。希少なスイスのワインもいただきました。

若きシェフの感性でつくり出される料理は独創的で五感で楽しめます。
おすすめのレストラン、機会がありましたらぜひ!

そしてまた現調です。

都内某所、大工さん、オーダー家具屋さんと一緒に現調へ。高層マンションの角部屋、うわぁ〜もう空に浮いているよう。新築マンションですが、ご入居前にプチリフォームをします。壁や収納を撤去、あらたに壁をつくりスタイリッシュなオーダー家具を入れます。アクセントクロスはアメリカ「WALLQUEST」の品のよいブルーの幾何学柄に決まりました!完成は12月、楽しみです♪

パースと事例を見比べてみました!

以前も記事にしました「パースと事例を見比べてみました!」第2弾です☆
前回から約半年、また色々な物件が完成しました。見比べてお楽しみください!
プレゼン時、お客様に提案内容をお伝えするのに描いたパース。私の頭の中にあった空間が実際に出来上がるおもしろさ。だからインテリアコーディネーターの仕事は楽しい。(ほんとに出来上がっちゃうので恐さもあります・汗)
プランニング、オーダー家具・窓装飾デザインから小物セレクトまでトータルコーディネートさせていただいております。パースと事例を見比べてピピッときた方、新規ご依頼お待ちしております☆

【小さな探検家】 渋谷区M様邸

【クラッシーモダン】 川崎市M様邸

【海をのぞむボーイッシュ空間】 横浜市K様邸

【クールモダンなマイルーム】 横浜市H様邸

【深呼吸したくなる家】 杉並区I様邸

【旅する会議室】 都内某オフィス会議スペース

某プロジェクト、納品設営が終わりました!

某プロジェクト、2日間の納品設営が無事に終わりホッとしています。これまた暑い現場でした(笑)
都内モデルハウスにて色々な提案空間をつくりました。この空間も驚くほど変わりましたよ。こ〜んなアートも飾ります。かっこいい!羊だけどww
さぁ、どうなるでしょう?プレスリリースは9月14日です。ぜひぜひお楽しみに〜♬

この夏の思い出は現場です(笑)

8月31日、明日からはもう9月。早いなぁ。
私のこの夏の思い出はサウナ状態の暑い現場(笑)
現調やら、納品や工事などであちこち現場に行きました。熱中症にならなくてよかったな。水分はもちろん塩レモンキャンディ必須でした。インテリアコーディネーターはきれいな場所できれいなモノばかりに触れていると思っている方、大間違いですよ!埃まじりの現場で梱包材をつぶしたり掃除したり。職人さんや業者さんたちと何時間も立ちっぱなしで打合せをしたり。体力勝負のガテン系な仕事ですよ!笑
というわけでこの夏の思い出を振り返っておこうと思います。

【現調打合せ】

【納品】 
はい、色々行きました。
何もなかったところから様々な空間が生まれる「現場」、暑かろうが寒かろうがそのプロセスも含めて私にとっては大好きな場所です。そして、大工さん・オーダー家具屋さん・カーテン業者さん・タイルや壁紙職人さん、納品立会いしてくださった各メーカーの方。皆さん、ほんっとに暑い中をありがとうございました!

ちなみに娘が小さかった時、私がよく「現場に行く」と言っているのを聞いてそれはそれは素敵なところだと思ったようで、おままごとで「げんばにいってきます~」とリュックに好きなおもちゃとお菓子を詰め込んでいたのを思い出しました。いや、それは遠足。ワクワクするところは同じか(笑)

札幌でプロ向け提案実践研修を開催しました!

LIXIL札幌ショールームにて、プロ向け提案実践研修を開催しました!
ハウスメーカーやデザイン事務所のインテリアコーディネーター、設計や営業の方などプロの方ばかり。それも4時間!構成をかなり悩みました(汗)

研修前にまずはランチタイム。ロコモコ弁当をご用意いただき、参加者の皆さんとワイワイ食べながら自己紹介。アットホームな雰囲気でよかったですね。
前半は座学、私自身の仕事の流れ、初回打合せ・コンセプトワーク・プレゼンテーションのポイントや事例紹介。かなり具体的にどう仕事を進めているのかをお話させていただきました。

後半はワーク、実際にクライアントを想定しコンセプトを立ててインテリアコーディネートボード作成をします。床材・壁材、窓装飾ファブリックはサンプルを用意しカラースキームも選んでいただきました。

皆さん、真剣に取り組んでいます。ちなみに、後半に入る時には「きのとや」の深焼きシュークリーム&スタバのコーヒーをLIXILの皆さんがご準備くださいました。もう女子にはたまらない研修!笑

お1人お1人、プランニングの過程でアドバイスさせていただきました。コンセプトから色・素材・デザインをどう落とし込むか、カラースキームの合わせ方のポイント、小物類の選び方など。
最後に全員プレゼンをしていただきました。皆さんレベル高い!どの方もクライアント像とコンセプトが見えるコーディネートプランばかり。ちなみにこれは私が見本で作成したボード。

終了後、アンケートを拝見しました。とてもご満足度が高くてホッとしました。
はじめにご一緒にランチをして緊張がほぐれ、いい形で進めることができ楽しかったですね!
さっそく、旭川のインテリアplanカンパニュラ浦崎奈美さんがブログにアップしてくださいました。ありがとうございます♪

残暑お見舞い申し上げます

恒例の「残暑お見舞いポストカード」、なんとか8月中に出し終えました。
仕事を始めてから18年、1年の間に完成した事例写真を入れて毎年欠かさず作成しています。私はどこの企業にも属さずインテリアスクールを卒業してすぐにフリーランスでスタートしたので、はじめは1年間に1物件のみの時もありました。それでも「私は仕事しています!」と発信しなきゃと続けてきました。ネットとは違いダイレクトに皆さんのお手元に届くことが大切だなと思うのです。
書く時間がなかなかとれずぎゃ〜っとなりましたが無事に出せてよかった。ギリギリだったけど(汗)
今までのクライアント、お世話になっている業者の方やメーカーの方、メディア関連、同業の方。1人1人のお顔を思い浮かべながら全て手書きにこだわっています。ここ大事。枚数が年々増えすぎてかなり大変になってきましたがやると決めたからには有言実行。意地です(笑)
今年はなんだか落ち着いた色合いにまとまりました。皆様、残暑お見舞い申し上げます☆

深呼吸したくなる家

杉並区I様邸のLDKをご紹介します。(イメージパースはこちら
建設会社さんで設計が進む中、インテリアのご相談をいただきまして、私は全体のカラースキームアドバイスから小物選びまでトータルコーディネートをしました。
キーワードは「ぬくもり」「リラックス」「ほっとする」「自然素材」。
コンセプトは『深呼吸したくなる家』。
無垢の床材、漆喰壁、リネンのカーテンなど自然素材にこだわったナチュラルモダンな空間。 ルイスポールセン「CIRQUE 」のミニサイズをキッチンに3灯吊下げてアクセントに。落ち着きと楽しさのあるインテリア、す~と深呼吸したくなる家です。

ソファは低めでゆったりと座ったり寝転がったりできる「NOYES」のカウチタイプ。アームにテーブルが取付けられるのでリモコンやマグカップを置くことができます。
ダイニングテーブルとチェアは「カンディハウス」のウォールナット無垢材。座面張り地は2色に。
「キャニオン」(渓谷)という名のテーブル、厚さ25mmの無垢材の中央がまるで渓谷のように深く彫り込まれていまして、底部分はステンレスです。かっこいいデザインにご夫婦も私も一目惚れしました!
リビング側は一面をグリーンブルーに。天井まで漆喰で圧巻です♪ (現場の様子はこちら
ラグは綿と麻の混合で洗えるものをセレクト。
キッチンのペンダントライト。3灯吊下げることで空間のアクセントになりました。
リネンのクッションはカラフルなストライプ、ペンダントライトの色や柄とつなげています。
無垢フローリング、漆喰壁。自然素材にこだわりドレープ&シアーカーテンはLif/Linのリネン100%に。上下にホワイトとベージュで切り替え、FEDEのまんまるタッセルを合わせました。同じくリネンのシェードは左右で切り替えて。リネンはふわりとさらりと心地よい。I様が「朝に夜に触れる度に気持ちよくて幸せな気持ちになります」とのこと。嬉しいな。

動物好きの奥様にいいなぁと提案したJONATHAN ADLER(ジョナサン・アドラー)の鹿の置物。漆喰壁に映えます。
来年にはお2人目が生まれるご予定でますますハッピーなI様。どこに触れても心地よく深呼吸したくなる家、ご家族でリラックスしながら楽しい時間をお過ごしください☆

ページトップに戻る