インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【Paris 3】トレンド感満載!心ときめくDandy Hotel

パリ2つ目のホテルを紹介します。
マレ地区にある「Dandy Hotel」、インスタで見てここは泊まりたい!と思ったホテルです。
ブルス・ドゥ・コメルス、ポンピドーセンター、ルーブル美術館が徒歩圏。

きゃ~!
グリーンブルーの壁、マスタードとモスグリーン、そして黒がアクセント。アールデコを思わせる曲線、色の組み合わせ、ベッドサイドのペンダントは1灯のアシンメトリー、まさにトレンド感満載!

ベッドヘッドがかわいすぎる!

ころんとした丸みのあるデザイン、ベロア素材もトレンドですね。
クロークは置き家具、ラタン素材。

クラシカルな電話、メモもアールが効いています。
洗面スペースとシャワーブース。
石の天板、ゴールドの照明。
ちなみに、シャワーブースは部屋側もガラス貼りなので抜け感があり、部屋が広く感じました。入る時はカーテンで目隠しするようになっています。

シアーカーテンは黒のパイピングが効いています。

上部も意匠が凝っています!一旦縫っているので、ひだの落ち加減がやわらかになっていました。

クッションも四方が切りっぱなしなのが今っぽい。
トイレ、部屋や洗面スペースと色や素材をつなげて。

廊下、カーペットが素敵!

フロント横のスペース。

インテリア好きにはたまらない、テンションの上がる心ときめくホテルでした^_^

【Paris 2】過去・現代・未来が交差する、安藤忠雄さん設計の最新美術館

パリの新しい美術館「ブルス・ドゥ・コメルス」、絶対に訪れたかった場所。
歴史的建造物に手を加えて内装設計をしたのは建築家 安藤忠雄さん。
どう既存を残しながら新しい形にするのか、その答えはシンプルでした。もとの建物はそのままに、中央にコンクリートの円筒をすっぽり入れています。

コンクリートを使っているのに冷たい感じがない。

天井のガラスからの光が入って明るいのもありますが、コンクリートでこんなに既存のイメージを壊さずに組み合わせられることに驚きました。

文化遺産と現代美術が融合する空間。
中でも一番ときめいたのがRONI HORN。水面をリアルに表現したアート、なんて美しいのかしら。
ちなみに、BTSのナムさんがVlogで訪れていましたね。同じ位置から撮るよねw
ずらりと並ぶ鳩たち、壁から覗いているねずみ(このかわいいねずみちゃん、ずっとしゃべっているの)もアートです♪
安藤さんはコンクリートで円をつくることで“永遠”を表現したと。過去・現在・未来が交差する空間。
青い空を見上げると、今自分がどこにいるのかがわからなくなる感覚。しびれました。

さて、美術館に行かれる方におすすめなのが3階にあるレストラン『Halle aux grains』です。

レストランから美術館内が見えます。

もともと小麦市場だったという場所から由来して、店名のアール・オ・グランは“穀物市場”という意味。
フランス中央部の山の中で世界の食通に愛されてきた3ツ星料理人、ミシェル・ブラスとセバスチャン父子が満を持してパリに出店したそう。

様々な穀物や豆などを使った素材を生かした料理は、ひと口食べる度に思わず「わぁ!」と声が出てしまう美味しさ。
素敵な内装なので、ぜひ美術館と一緒にこちらも予約をされて行ってみてください^_^

【Paris 1】カラフルでアートなホテル、25hoursHotel

今回の旅は、まずパリ入りして北駅目の前で便利な「25hours Hotels」に宿泊。
翌日から大きなトランクをホテルに預け、北駅から鉄道「Thalys」タリスでアムステルダムに移動。
3泊して、またパリに戻りこちらに泊まりました。

着いた日は1人部屋。
オレンジの壁がかわいい!天井もオレンジ!

水まわりはオレンジとネイビー。
反対色でお互いを引き立て合う組み合わせ。
タイルの目地もオレンジでした♪
黒、マットゴールドで引き締めています。

ブレイクスタイルカーテン、100㎜長めに。

ホテル内はカラフルでアートな空間。

アムステルダムから帰って宿泊した部屋。
壁は淡いパープルで、また違うやわらかな雰囲気。

バルコニーがあり、北駅が窓から見えました。

ちなみに、こちらが「Thalys」。
ビジネスクラスは軽食が出るので、ゆっくりと車窓を眺めながらランチタイムが楽しめました。

【Amsterdam 3】「moooi」アムステルダム本店ショールームへ

moooi』はオランダ発ブランド。
クラシックとモダンを融合した独特なデザインは、私も含め心惹かれる方が多いかと。
その本店がアムステルダムにあります。

入った瞬間、思わず「わぁ!」と声が出てしまったw
圧巻の世界観。

お馴染みの馬の照明もいます。

天井が高い古い建物にモーイの家具や照明が見事に映えて、明るくのびやかな空間。

お、このソファチェアも!
5年前のミラノサローネで初めて見て感動したなぁ。

今までとは違うイメージのラグも。

運河沿いから一歩入った通りにあります。

*こちらの記事も合わせてどうぞ↓
「ミラノサローネ2017」での展示レポート

【Milano 4】 圧巻のモーイ空間に大興奮!

空間プロデュースした「クリスチャン・フィッシュバッハ」展示ブースにて「moooi」とコラボしました♪

「Christian Fischbacher」展示ブース 空間プロデュース

【Amsterdam 2】オランダのおすすめ5選美術館!

風車やチューリップ、あとミッフィーのイメージが強いオランダですが、レンブラントやフェルメール・ゴッホ、さらに現代アートまで至高の芸術大国。
今回は2日で5つの美術館を巡りました!

【アムステルダム国立美術館】
19世紀初めから収集された芸術作品を多く所蔵するオランダ随一の美術館。
有名なレンブラント作『夜警』、フェルメール作『牛乳を注ぐ女』をはじめ、ゴッホ作『自画像』など。世界に名だたるオランダ名画ばかり。


ミュージアムショップで見つけて即買いしましたw
『夜警』と『牛乳を注ぐ女』に扮装したミッフィーのクリスマスオーナメント!か、かわいい♪

【アムステルダム市立美術館】
1874年に設立、既存建物をそのままにモダンデザイン部分を併設工事をしてリニューアルオープン。
ユニークな見た目は「バスタブ」の愛称で親しまれているそう。

すごい迫力の屋根、たしかにバスタブっぽいw

モンドリアンなど近現代美術が主なコレクション、カフェがとても素敵でした♪

【Mocoミュージアム】
かわいらしい外観からは想像ができない、現代アートの宝庫です!

バンクシー、ウォーホール、キース・へリング、カウズ、村上隆などなど。クールなアートと融合した空間が楽しくて大興奮しました♪

【アイ・フィルムミュージアム】
アムステルダムは運河の街、中央駅から運河を船で3分ほど渡ると見えてきました。

うぉ~!かっこいい!!
映画・映像専門の美術館、映画館やカフェが中心にあり、映像に関する企画展が開催されています。
この大迫力の吹抜けがあるカフェが気持ちよい!

オランダといえばハイネケン!飲むよね~♪

【マウリッツハイス美術館】
アムステルダムから電車で1時間、デンバーグにあるこちらの美術館に足を運びました。
かつてのオランダ王家の邸宅として17世紀半に建てられた古典様式建築の建物をリニューアルしています。

邸宅として使われていた空間は、どこを見てもため息の出る美しさ。

オランダ名画のコレクションの中でも、なんといってもフェルメール「真珠の耳飾りの少女」の美しさに息を飲みました。
吸い込まれそうなきれいな眼の輝き、透き通る肌、つややかな唇、耳に光る真珠。この空間だからこそ引き立つ、まさに光の魔術師と言われるフェルメールの代表作が間近で見れるなんて感激!

【Amsterdam 1】クールでおしゃれなWアムステルダムホテル

パリ&アムステルダムの旅から帰国しました。
久しぶりの海外旅レポートをお届けします。
目眩がするほどのインプットをしてきました!
やっぱり本場で体感する浸透力は違う♪
しっかり仕事でアウトプットしていきます。

Goedendag!まずはアムステルダム。
宿泊したのは「Wアムステルダム」。

クールでスタイリッシュなインテリア。

ラウンジやバーにいる人もおしゃれな方ばかり♪


部屋はグレーを基調にオレンジ、黒がアクセント。
迫力のある天井照明がかっこいい!
W大阪と同じく、洗面台は部屋に向かってオープンにレイアウト。
左側のスモークガラス内がシャワースペースです。
窓から見えるのは博物館、窓枠も美しい。

フォルナセッティのクッションかな?
壁紙の継ぎ目がはがれているのがIC目線では気になりましたが、きっとそんなことは気にしないのねw

オリジナルデザインのバーコーナーからつながるソファ。キルティング!やわらかな印象。

天板はモールテックス仕上げでしょうか。ミラーが両面から使えて便利。
テーブルが引き出せます。

トイレは全面オレンジに塗装。けっこう落ち着くw

トラムが通る美しい街並み。

ちなみに、「W大阪」宿泊レポートはこちら↓

エネルギッシュでワクワクする“大人の遊び場”ホテル

Boutique Home@東京

荒井詩万プロデュース「Boutique Home
“海外ドラマのようなおしゃれな家”

千葉県を中心に一都四県に展開されている不動産会社、Myアセット様とのコラボ第3弾!
クラシック・モダン・オリエンタルをミックスした海外のホテルのような空間に。
一発OKいただきました〜!

床材は既存のまま、各部屋全て壁紙を変更してガラリとインテリアを変えていきます!白い壁なし♪
全体をどう色や柄をつなげていくかを考えました。
9月末完成!どうぞお楽しみに^_^

「ブティックホーム」は『荒井詩万インテリアサロン』と連動し、“リアルな学びの場”としてプレゼン資料大公開、さらに、メンバー限定でリアル&オンライン完成見学会を開催しています。
*全国各地での完成見学会の様子はこちら

9月は東京で2件、リアル見学会を予定しています!
事前にプレゼン資料を公開しているので、何を悩みどうコーディネートを考えたかもわかりますよ。ご興味のある方はこちらから詳細&お申込みくださいませ。

Online Salon

第6回スペシャルトークショー

荒井詩万インテリアサロン限定『スペシャルトークショー』、第6回ゲストは建築家の各務謙司さん

プレミアムリノベーション第1人者の各務さん。
建築とインテリアの両方からアプローチした億単位のリノベーションは、ただ高級というだけでない豊かで美しい空間をつくられていて業界内で憧れている人は多いかと。私もそうでした。

その理由がお話を聞いてわかりました。
お客様に真摯に、丁寧にどれだけ寄り添うか。
プランディング、経営戦略。
住空間とは。リノベーションとは。
いや〜、まさに“ここだけの話”の90分。
それはそれは濃いお話が聞けて、私をはじめサロンメンバーさんたちも大興奮!!なんかもうニッコニコw

たくさんの学びと刺激をありがとうございました!!
私もさらに高みを目指して頑張る!

ちなみに、ご著書「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」はインテリアや建築業界の方のバイブルかと。物件ごとに詳細ディテールがあり、めちゃめちゃ勉強になりますよ♪

そして…
私のオンラインサロンは一級建築士の方も多いのですが、各務さんが入ってくださいまして。
もうメンバーさんもびっくりww
前からおっしゃっていらしたけど実現しちゃったという。ありがとうございます!


『荒井詩万インテリアサロン』
月額¥1,000のコミュニケーションサロン
リアルとオンラインでつながり、インテリアを通して楽しく語り合う場です。

今までのスペシャルトークショーは全てアーカイブでご覧いただけますよ!
ご興味のある方はぜひご参加ください!
こちらから詳細&お申込みを↓

Online Salon

『ジャパン建材フェア2022』登壇しました!

『ジャパン建材フェア』登壇!無事完了しました。

設計や営業さんと一緒にインテリアコーディネーターがプランニングから入って家づくりをする大切さ。
荒井詩万プロデュース『ブティックホーム』を事例に挙げて、工務店さんのこれからについて一歩踏み込んだ話ができたのではないでしょうか?
聴いていただいた皆さん!ありがとうございました^_^

何社かビルダー様が『ブティックホーム』に興味を持っていただけて、具体的に打合せをしていきます。
動けばつながっていくのだ。
仕事は自ら広げて獲得していかなきゃね。

残暑お見舞い申し上げます

8月も終わりが近づいてきました。
今年は暑かった!いや、まだ暑いですね^^;
フリーランスで仕事をスタートしてから22年。
毎年この時期に、最新コーディネート事例を入れて「残暑見舞いカード」を出しています。
お客様、業者さんやメーカーさん、メディア関連などお世話になっている人たちに。

こだわっているのが、住所・お名前を手書き。
さらに一言添えること!
皆さんのお顔を1人1人思い浮かべながら、感謝の気持ちを込めて書いています。
200枚とけっこうな枚数でペンだこできましたw

ポストカードを出している人はいる。
手書きの人もいる。
でも、22年欠かさずに出している人はいないかも。
続けるということは、それが価値になる。
自分にしかできないことになる。
『継続は力なり』だと思う。
来年も出せるよう、いい空間をつくっていきたい。

ページトップに戻る