インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【事例紹介】宝をさがせ!

港区I様邸、ベビールームをご紹介します。
リピーターのお客様、お2人目の男の子がお生まれになるのでご依頼をいただきました。
お兄ちゃんの部屋と色やアイテムをリンクさせながら、また兄弟で違うスト-リ-に。

【事例紹介】小さな探検家

コンセプトは 「宝を探せ!」
兄は探検家、僕の憧れ。
お土産に持ち帰ってきてくれたトレジャーマップ、世界の宝の地図にワクワクする。
僕も兄に続くぞ!勇気を出して地図を片手に航海へ。
海賊たちを味方につけて一緒に宝を探せ!
それは“夢”という自分の宝を探す旅でもある。

壁一面に輸入壁紙、他はBenjamin Mooreで塗装。
ベビーベッド、おむつ台はオーストラリアBoori。

お兄ちゃんのお部屋と同じ、船舵も飾っています。
イギリス Sandersonの「Treasure Map」宝地図という壁紙。世界地図、動物、海賊船、宝箱が描かれていてコンセプトにぴったり!
かわいい絵柄ですが色は落ち着いているので、大人も楽しめる子供部屋に。
海賊船をモチーフにしたモビールをおむつ台の上に飾りました。デンマーク FLENSTED mobiles(フレンステッドモビール)、船体部分は実際に船で使われているチーク材でできてきます。
じゃ~ん!!宝箱です!なんとおもちゃ収納です。

わざとアンティーク風につくられています。見つけた時は小躍りしました(笑)
カーテンバランスは船の帆や旗をイメージしたオリジナルデザイン。
グレーと黒をそれぞれつくり縫い合わせています。先のとんがり部分と谷部分をきれいに出すのがとても大変で何度も試作をしながら製作してくださったそう。イメージ通りきれいに仕上げていただきありがとうございました!
ドレープカーテンはイギリスAndrew Martin( アンドリュー・マーチン)、シアーのシェードはフランスCAMENGO(カメンゴ)の生地。どちらも幾何学柄でバランスのデザインとコーディネートしています。
Andrew Martinの生地を使った世界でも他にないであろうオリジナルな高級ガーランド(笑)
色・柄を指定して、丁寧に表裏を縫い合わせてつくっていただきました。
クッションも同生地で。

タッセルはフランスHoules。
地図を片手に自分の“夢”という宝を探す旅へ出発!お兄ちゃんと一緒にすくすくと大きくなってね♪

【Before】
現場、壁紙を貼っているところ。

ソファのカバーを張り替える

リピーターの港区M様邸。
リビングダイニングルームからつながるバルコニー、ソファが汚れてきてしまったので張り替えをしたいとのご要望。中綿はそのままでカバーの提案と張り替えをさせていただきました。

以前はアイボリーのみでしたが、LDルームのアクセントカラーであるオレンジを座面と背面に入れ、グリーンとイエローのクッションを追加しました。
全て「JIM THOMPSON」(ジム・トンプソン)のアウトドアコレクション、座面と背面はカジュアルラインの「No.9 Thompson 」からセレクトして提案。

座面と背面の柄を変えたところがポイント♪

色と柄、ファブリックで空間はがらりと変わります。とても喜んでくださって嬉しい!
リゾートホテルのバルコニーのよう。朝、昼、夜。
ご家族ですてきな時間をお過ごしください。

こちらがBefore。ね、変わりましたでしょ。

「DRESS ROOM」ROOMDECO空間プロデュース

ROOMDECO」空間プロデュース第2弾!
テーマは『好きと暮らす』。
4つの“好き”と暮らす部屋、私は自分のブースも含めた4ブースと、6つのROOMDECOが提案するコーディネートルームの全体監修をさせていただきました。
先日のメディア向けプレス発表会の様子はこちら。

ROOMDECO幕張新都心店 秋冬コレクションプレス発表会


荒井詩万プロデュース空間をご紹介します。
コンセプトは  DRESS ROOM 
服も靴もいつも眺めていたい!触れていたい!
そんなファッション大好きな大人女子のためのインテリア提案。
“好き”と暮らす、部屋が丸ごとクローゼットのドレスルームへようこそ!
ファッションもインテリアも私を表現するもの。
華やかにスタイリッシュに色と柄を重ねて、もっと私らしく暮らせる部屋。

大人女子の1人暮らし、ワンルームをイメージ。
今回はファッションスタイリスト 神崎裕介さんにご協力いただいています。
コンセプトやプラン・全体カラースキームを伝え、こんな感じの服や靴・バッグを置きたいとお話しまして揃えてくださいました。

玄関を入ったらウォークインクローゼット。こんなプランもありかも?笑
床はサンゲツのヘリンボーン風フロアタイル。

壁紙は「KHROMA」のイエローとブラック。ブラックにはゴールドのキラキラがついていてきれい。

リビングスペースです。
OSBORNE&LITTLEの壁紙。トレンドのボタニカル柄はブルー&ゴールドでシックエレガント。モスグリーンのべロア張り地ソファ、棚にはバッグや靴をディスプレイ。

1人掛けチェアにはふわっとワンピースを。

シェードはトリムつきバランスとリボンで結ぶスタイルに。ファッションもインテリアも私を表現するもの。もっと楽しもう!
モダンとクラシックのミックスした独特な雰囲気に。コートハンガーはligne roset(リンロゼ)。

シェードと同生地やウィリアム・モリスの生地でオーダー製作したクッション。

ダイニングスペース。オレンジの壁紙は「KHROMA」、大きなペンダントライトはligne roset(リンロゼ)。
ファッション系の洋書は、第1弾でご一緒した小宮山書店 小宮山慶太さんにお願いしてピックアップしていただきました。素敵なものばかりで見入ってしまって設営が進まなかった(笑)

ダイニングスペースとベッドスペースの間仕切りには、オープンな見せる吊りクローゼット。

ベッドスペースです。

明日のデートに何を着ようかな?と考え中。

部屋のあちこちに“好き”を散りばめて。見せる、隠す収納で部屋丸ごとクローゼット♬

インテリアとファッションが溶け合う大人女子の「ドレスルーム」提案です。プレス発表会の時、女性たちが「どこを見ても素敵でため息出ちゃう」「夢のようなお部屋ですね〜」とおっしゃってくださいました。

その他、映画コメンテーター 有村昆さんの「映画ファンが楽しめるお部屋」、鉄道ファンとしても有名なホリプロマネージャー南田裕介さんの「鉄道ファンが住みたくなるお部屋」、シルバニアファミリーの世界を体現できるエポック社「シルバニアファミリーのお部屋」とご家族みんなで楽しめる“体験型”ショールームです。
来年1月31日(木)まで期間限定で展示しておりますので、ぜひ足をお運びください!
前回の「WANDERLAND」のブースもご好評いただきそのまま残っていますので、こちらも合わせてご覧いただければ嬉しいです♪

「WANDERLAND」ROOMDECO空間プロデュース


【事例紹介】隠れ家リゾートホテル

渋谷区Y様邸をご紹介します。

【Before】
1LDK、間仕切りの引戸をどうするかが課題でした。

ブルーの濃淡がお好き、ハワイの高級コンドミニアムやリゾートホテルがお好きなY様。
キーワードは「リゾートホテル」「コンドミニアム」「品のよい」「明るい」。

コンセプトは『隠れ家リゾートホテル』。
引戸を撤去してワンルームに。オーダー製作のベッドヘッドボードでホテルライクなベッドスペースと、収納・デスクが一体になった壁面家具を提案。白とグレーをベースに様々なブルーがアクセント。
居心地のよい私だけの隠れ家リゾートホテルです。

【After】
引戸を撤去、ダークブラウンの扉枠には白のダイノックシートを貼りました。

反対側はデスクと収納が一体になったオーダー家具。
ダイニングチェアはカリガリス「パリジェンヌ」、透明なので圧迫感がありません。
デスクにはお手持ちのチェアを。

両面ともに光沢感のあるベルギーの輸入壁紙を貼っています。ファブリック張りベッドヘッドボードはオリジナルデザインでオーダー製作。

ベッド上にはスポットライトを2灯追加。

テーブルスタンドは点灯時も消灯時も美しいデザインのフィリップ・スタルクデザイン FLOS「MISS K」。ダイニングチェアと同じポリカーポネード、素材をつなげて統一感を出しています。
きゃ~!!クッション好きにはたまらない風景(笑)
SAHCO(サコ)、 OSBORNE&LITTLE(オズボーン&リトル)、JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)、MANAS-TEX(マナテックス)で生地を選び、オーダー製作しました。

クッションに合わせた「Houles」(ウレス)のタッセル。

アートは海をイメージした3枚。

お客様お手持ちの「Tiffany & Co.」のブタの貯金箱。ティファニーブルーがぴったり!

「大満足です!居心地がよすぎて部屋から出たくありません!笑」とおっしゃっていただけて嬉しい♪
Y様だけの隠れ家リゾートホテル。ゆったりとお寛ぎください。

『Seamless Party ―花とインテリアの織りなす新しい空間』 レセプションパーティーレポート

アーティシャルフラワーを取り扱う『東京堂』様から、「花とインテリア、何かご一緒させていただけませんか?」とお問合せをいただいたのは昨年末。「おもしろそう!ぜひやりましょう!」ということでお会いして何ができるか模索している中、やはりお花のプロの方に入っていただいてコラボした空間をつくりたい!ということになりました。それが、今回の企画展示の発端です。

ご紹介いただいたのが麹町フラワーショップ『hanadouraku』のオーナーであり、フラワーアートディレクターの西田太郎さん。はじめてショップを拝見しながらお打合せした時、東京堂だけでなくショップでも連動企画展示をしよう!お披露目のパーティーもしたいですよね!など盛り上がり「これは新しいことが生まれそう♪」とワクワクしました。

コンセプトを決めて、色・素材感を含めた全体イメージを伝えました。
大胆な色使いとトレンド感、継ぎ目のないあらゆるものが溶け合うような空間にしたい!
それに対して、西田さんからこんな花は?このフラワーベースを使おう!とアイデアをいただきイメージを広げていきました。完成の“世界観”をお互いしっかり共有しながら進めたからこそ実現した空間です。

『Seamless Party』
~花とインテリアの織りなす新しい空間~

シームレス 継ぎ目のない、途切れのない
ふわりとしなやかに  カラフルで楽しい
「インテリアと花」「内と外」「リアルとフェイク」「アーバンとリゾート」
色々なものが混ざり合うシームレスな空間

先日開催したレセプションパーティーの様子と共に紹介させていただきます。グリーンやフラワーはアーティシャルフラワー、東京堂様が全て後援でご提供くださいました。

もともと壁はグレー、普段はフラワーアレンジメント教室をしているスペース。
入るとまずはサボテン柄輸入壁紙がお出迎え。ドイツrasch、「壁紙屋本舗」様にご協賛いただき“はがせる糊”で貼りました。色指定したカラフルなリボンを使い華やかなウェルカムスペースに。
サボテン、ラタンチェアやペニワレン風ラグなどトレンドアイテムを取り入れて。

リアルとフェイクなサボテンを織り交ぜています。

テーブル上部には圧巻のグリーンディスプレイ。

奥に進むと迫力あるエスニックな皿柄壁紙。同じくraschのもの。

店内にあった素敵なイギリスのアンティークキャビネットを移動してフォーカルポイントにしました。皆さん、壁紙だと思わず本物のお皿をディスプレイしているのかと思ったと(笑)

花業界ではドライフラワーがトレンド。壁紙から色抽出したカラフルなドライフラワーを中心にしてエキゾチックなディスプレイに。

読みながら気になって仕方がないと思いますのでフードも紹介します(笑)
西田さんは虎ノ門レストラン「the Flower Apartment」のプロデュースもされていて、女性シェフがこの空間のイメージに合わせてパーティーフードを準備くださいました。もうね、私は見た瞬間、「きゃ~!!!」と悲鳴を上げて大興奮。
「よかった~、詩万さんに喜んでもらえて。大丈夫か心配だったんですよ」と西田さん。そんなわけないじゃないですか!何ですか、この素敵なフードとテーブルコーディネートは!!

なんて美しいのかしら。

きゃ~!!このミニバーガーがかわいすぎる。
2種類のリゾット。

いちぢくとクリームチーズ。私もいただきましたが、もうどれも最高に美味!

空間にぴったりのテーブルコーディネート。

レセプションパーティーの様子。50名様ほどお集まりいただきました。
バタバタしていてこのぶれぶれの1枚のみ。臨場感があってこれはこれでいいか(笑)

いらしてくださった全員とお写真を撮ることができず残念でしたが、撮影した何枚かを。
モダンリビング発行人 下田結花さんと、フラワーアートディレクター西田太郎さん。

初めてお目にかかれて光栄です。
サロネーゼのカリスマ フラワーデザイナー 向坂留美子さんと。

フリーランスのインテリアコーディネーター 伊藤直子さん飯塚奈津子さん小島真子さん
そして、ファッションスタイリスト 神崎裕介さんと。

空間プロデュースのお仕事をさせていただいているROOMDECOかねたや 萩原社長からは、今回の空間に合わせたお祝いのフラワーアレンジメントをいただきました。お心遣いに感謝致します♪

ご一緒につくりあげた西田さん、東京堂の皆様、hanadourakuスタッフの皆様。ありがとうございました!
そして、お忙しい中、また雨の中をお集まりいただきました皆様。本当にありがとうございます♪
花とインテリアだけでなく、フード、さらには集まる人の笑い声が加わり、まさにシームレス 継ぎ目なく全てがつながり一体感のある時空間となりました(*^^*)見る人の五感を刺激するこちらの企画展示は、フラワーショップ「hanadouraku」では10月末まで約1ヶ月展示されていまして、どなたでもご覧いただけます。ぜひ体感してください♪
ちなみに、後援いただいている「東京堂」アーティスB2階でも連動企画展示をしています。詳細を東京堂ブログでご紹介いただいております。こちらは年内展示予定です!
http://tokyodoshowroom.hatenablog.com/entry/2018/09/12/180846

設営風景はこちら。

花とインテリアの織りなす新しい空間

荒井詩万プロデュースの建売住宅が完成しました!

株式会社ヴァンテアン・レーヴ様からご依頼いただいた建売住宅プロデュースのお仕事。プランニングから床壁天井材、建具、各設備、サッシ、外装までトータルコーディネートしまして、ついに完成しました!ご紹介させていただきます。

【コンセプトとインテリアイメージ】
「大人も子供も楽しい家」
食を楽しむダイニングスペース、テントのあるプレイスペース、ゆったりとご夫婦で語り合えるリビングスペース。 大人も子供も家族みんながワイワイと楽しいおしゃれでスタイリッシュな家。
インテリアイメージは「プレイフルモノトーン」、 モノトーンをベースに様々な柄や素材感を重ね、デザイン性の高い家具や小物をコーディネート。トレンドの北欧インテリアを意識した大人っぽさとかわいらしさをミックス。
ドキドキのプレゼンの様子。社長ほか皆さんが提案内容をとても気に入ってくださり、全てこのままの内容でOKをいただきました♪

【Before】

【After】
玄関たたきはタイル、扉はLIXIL「ヴィンティア」シリーズ。

ヘキサゴンタイルがかわいい!

中に入ると吹抜けの階段、開放感があります。


白が基調の明るいLDK。ほぼパースと同じに完成しました!
コンセプトの通り、 食を楽しむダイニングスペース、テントのあるプレイスペース、ゆったりとご夫婦で語り合えるリビングスペースをつくり、家族みんなが楽しい家です。

ダイニングチェアは全て違うデザインの4脚に。
キッチン背面のタイルにもこだわりました。

シェブロン柄のテントがアクセント。
テントは秘密基地、楽しいですよね~。

LUCKYBOYSUNDAY(ラッキーボーイサンデー)のおとぼけ顔クッション。キッチンはIKEAです。
HAYのサイドテーブル、ロッキングタイプのアカプルコチェア、クッションはマリメッコです。

小物ディスプレイや家具などの手配を株式会社アウテリジェンスのホームステージングチームがお手伝いくださいました。がら〜んと何もないより、家具や小物が入ることで生活のイメージができてワクワクします。建売や賃貸物件販売には必要ですよね。


奥はバスルーム・洗面所・トイレと水回りです。

洗面所はLDルームのイメージをつなげて白黒ストライプ壁紙。洗面ボウルはインクコーポレーション、ミラーはクラッシュゲート。

2階のプライベート空間は色や柄で遊びをプラス。
子供部屋は女の子・男の子のイメージで。

ころんとした握り玉の取っ手をセレクト。

天井とクローゼット内の色を同じにしました。

マスターベッドルームは落ち着いた色合い。

トイレです。

白いだけの壁紙はつまらないし、一面にアクセントクロスはもはや当たり前。建売住宅も個性が必要、コスト内で色や柄の壁紙をどう組み合わせるかやタイルを効果的に使うことを意識して床壁天井材を選びました。また、デザイン性のある建具もポイントです。
株式会社ヴァンテアン・レーヴの皆さんが、それはそれは喜んでくださって嬉しい。この度はありがとうございました!内覧会などの情報はHPをチェックしてみてください。

【事例紹介】雲の上のプリンセス

渋谷区K様邸、女の子のベビールームをご紹介します。

【Before】
お2人目のベビールーム、海外インテリアのようにかわいくして欲しいというご要望。デコラティブなものよりシンプルがお好み、ファブリックは肌に触れるので上質なものをとのこと。

キーワードは「雲」「星」「シック」「海外インテリア」「デコラティブすぎない」「上質感」。
コンセプトは『雲の上のプリンセス』。

“Sur un nuage” 雲の上で。
ふわふわと心地よいということからフランスでは「幸せな時間」を表すそう。
そこは雲の上の城。雲、星、月、太陽がプリンセスの幸せな時間を華やかに彩ります。白、グレー、グレイッシュなピンクにゴールドがアクセント。
シックでかわいい雲の上のプリンセスルームを提案し、とても気に入ってくださいました。

【After】
壁紙上からBenjamin Moore(ベンジャミンムーア)のグレイッシュでややピーチがかったミレニアルピンクに塗装。カーペットはグレーのドイツJABに全面張替え。頬ずりしたくなる(笑)なめらかな足触り。淡いピンクとグレーがシックで品のよい雰囲気。

ベビーベッドはオーストラリア「BOORI」(ブーリ)。追加の部品を購入せずにベビーベッドからキッズベッド、ソファへと組み換えができるシステムベビーベッドで6歳まで使える優れモノです。
質感にこだわりフランス「HOULES」(ウレス)のリネン100%でオリジナルデザインのキャノピーをつくりました。ホワイトとグレーの2色使い、ふわふわと浮かぶ雲のイメージ。正面にはトリムをつけて。
今回カーテンやキャノピー製作にあたり、プリムエトフ石田さんドレーパリー東和商会 河野さんには大変お世話になりました。アドバイスをいただきながら素敵に仕上げてくださいました♪

光沢感とテクスチャーが美しいドイツJABの生地でつくったバランス(上飾り)、キャノピーと同じトリムをつけました。こちらも雲をイメージしてもこもことしたデザインに。

カーテンはフランスTHEVENON(テヴノン)の「Sur un nuage」。そう、雲の上で。
雲の上に、サグラダ・ファミリアやミラノのドゥオーモ、フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会などが浮かぶ幻想的な柄に一目惚れ。ここからイメージを広げていきました♪

タッセルは壁の色とつなげたグレイッシュピンク。

クッションはバランスやキャノピーと同生地でオーダー製作したものや既製品をミックス。

授乳用のチェアとネストテーブル。ゴールドの星はシール、塗装の上から貼りました。

ミラーや照明はマットゴールドで統一してアクセントに。太陽をイメージしたサンバーストミラー。

FLOS(フロス)のシンプルで繊細なデザインのフロアースタンド。ぼんやりと浮かぶ満月のよう。
エトワール(星)という名のDI CLASSE(ディクラッセ)のペンダント。
プリンセスの成長を太陽、月、星が見守ります。

奥様が「素敵なお部屋になって楽しく子育てできそうです!」とのこと。嬉しい♬
ふわりと浮かぶ雲の上、ご家族でかわいい赤ちゃんと幸せな時間をお過ごしください☆

【事例紹介】かろやかにいこう!

八王子市K様邸のLDルームをご紹介します。
3人のお子様がいらっしゃるにぎやかなご家族。窓からは豊かな緑が広がり心地よい風が流れます。落ち着きがありながら楽しく居心地のよい空間にしたい、オーダー収納家具をつくりたい、グリーンをたくさん置きたいというご要望。

【Before】

キーワードは「落ち着き」「ナチュラル」「かろやか」「中性的」「観葉植物」。
コンセプトは『かろやかにいこう!』。
大人も子供も、男性も女性もご家族皆がリラックスして過ごせるお部屋。ダークブラウンとグレーをベースに、ブルー・イエローがアクセント。抜け感のある小物をコーディネートし、落ち着きがありながらも遊び心のあるふわっと風が抜けるようなかろやかなインテリアを提案。とても気に入ってくださいました。

【After】
リビング、ダイニングの両スペースの壁面にオーダー収納家具をつくりました。

凸凹の梁をどうするかが課題。クローゼットを撤去したり、コンクリート直仕上げの壁でしたので下地ボードを入れたりと工事を加えて納めました。その様子はこちら。

オーダー家具が納品されるまでを一挙公開!

クローゼットを撤去した部分は、TVボードからつながるワークスペースに。奥の壁はホワイトボード貼り、マグネットでメモがつけれます。上部収納にLEDライトを埋め込みすっきりと。

ダイニングスペースからのつながりを考え、またお子様たちが座りやすいように固めのローソファカウチに。万が一汚してしまっても大丈夫、フルカバーリングですのではずして洗濯機で洗える張り地を選びました。

ウォーターヒヤシンスを編み込んだサイドテーブル。取っ手がついているので移動が簡単。

天板を取り外せば本体の中におもちゃが収納できて便利。お片付けもパッとできます♪

クッションは一目惚れしたALDECO(アルデコ)のリネンのブルー、JIM THOMPSON(ジムトンプソン)のイエロー、そしてSLOW HOUSEのコットンとウールで織り上げたもの。

黒をところどころに入れることで引き締めています。縄タイプのタッセルはFEDE。ちなみにシアーカーテンは見にくいですがグレーのストライプ柄です。

リビング側は見せる・隠すを考え、リズミカルでかろやかなデザインのオーダー収納家具に。
ダイニング側は何を収納するかをK様と打合せを重ねました。お手持ちのダイソン掃除機が中で充電できるようにしたり、「マグネット間仕切りを使って小物を細かく入れたい」ということで引出しの底板はホワイトボード貼りにしています。見た目の美しさだけでなく機能面も考えてデザインしました。
グリーンをたくさん置きたいとのこと。床置きの観葉植物だけでなくマクラメ編みのハンギンググリーンを提案し2ヶ所に設置。サイドテーブルやクッション、タッセルと素材感をつなげています。グリーンが入り肩の力を抜いてリラックスできるかろやかな空間。ご家族で笑顔あふれる毎日をお過ごしください。

【事例紹介】ハピネスルーム

5年前にコーディネートさせていただいた不妊治療エージェンシー 「MediBridge Inc.」。
この度、オフィスを移転されるということで再度ご依頼をいただきました。
既存壁の一部を移動、新規エアコン設置、床材をカーペットからフローリングに変更。スタッフルームは動線や機能性を考えたレイアウトにしたい。お客様との面談ルームは以前コーディネートした部屋がとても気に入っているので同じにしたい、もう一部屋も素敵にしてほしいというご要望。

キーワードは「明るい」「ハッピー」「色を加えて楽しく」「使いやすく」。
コンセプトは『ハピネスルーム』。
スタッフルーム、面談ルームともに働く人も訪れる人もハッピーで楽しい気分になる部屋。幸せを運ぶと言われる“鳥”をそれぞれのスペースに飾りました♪

【Before】
工事中。キッチンの一部を解体したり、既存壁を移動したり、床を貼り替えたりなどなど。

【After】
面談ルーム1、カーペットからフローリングに変更。benjaminmooreで壁一面を塗装しました。

光や太陽をイメージするイエローは、心を弾ませて楽しくハッピーな気分になります。Kimberly Allenのボタニカルアートをコーディネート。

サンバーストミラーと鳥のいるディスプレイ。

面談ルーム2、こちらもカーペットからフローリングに変更。以前と同じオレンジに塗装し家具や小物もそのまま使用しています。

レイアウトが変わり新鮮です!とのこと。

ここにも鳥がいます♪

スタッフルームです。白のデスクにグリーンのオフィスチェアをコーディネート。休憩スペースにはイエローのシェルチェアを置き、面談ルームと色をつなげています。

トイレのデコレーション、白をベースに品よくまとめました。ここにも鳥がいますよ~。

先日のブログに移転のご案内ということでこう書いてくださいました。
「これまでの弊社オフィスのご面談室は、居心地のよい空間とお褒め頂く事が多くございました。新しいオフィスの面談室も、やさしい雰囲気で皆様により一層、リラックスいただける空間になっております。」う、嬉しい。嬉しすぎる(涙)
「荒井さんにお願いしてほんっとによかったです!」と社長ほかスタッフの皆さんにおっしゃっていただけてホッとしました。益々のご発展を心よりお祈り申し上げます♪

【事例紹介】葉洩れ日の部屋

横浜市O様邸をご紹介します。
自然豊かな地から横浜の新築マンションに移転されたO様。お手持ち家具を活かしながら、部屋ごとにアクセントクロスを貼り素敵なお部屋にしたいとのこと。

【Before】

キーワードは「落ち着き」「さわやか」「ホテルライク」「上質感」「明るい」。
コンセプトは『葉洩れ日の部屋』。
やや暗めなお部屋。葉洩れ日のような明るくやわらかな光を感じるインテリアにしたいと考えました。白・ダークブラウンにグレー、イエローとグリーンがアクセント。どの部屋にも一面アクセントクロスを貼り替えて動きを出します。ダークブラウンのお手持ち家具を活かしながら、重くなりすぎないよう落ち着きとさわやかさのある空間をご提案。とても気に入ってくださいました。

【After】
LDKはイギリス GALERIEのさわやかなストライプの壁紙に一面貼り替え、グレーと白を縦横に織り込んだやや光沢感のあるソファは新規購入しました。

ダイニングテーブル&チェア、センターテーブル、TVボードはお手持ちのもの。キッチンカウンター下にはオーダー収納をつくりました。奥行き21㎝、書類や食器類・文房具など細々したものがすっきりと納まります。

一目惚れして提案したのはイギリスROMO「Black edition」、現代印象派画家 Jessica Zoobのリネン100%クッション。まるできらめく葉洩れ日のようなみずみずしい光を感じる美しさ。

カーテンはリネン混の上質なイタリア製。すっと白いラインを効かせたオリジナルの切替えカーテンとタッセルです。

ペンダントライトはルイスポールセン Louise Campbellデザイン「Collage 450」,太陽光が木々の枝葉を通り抜ける時の光と影の揺らめきをイメージしたというもの。コンセプトにぴったり!点灯時も消灯時も美しいデザインと奥行き感のある光が食スペースを彩ります。

隣接する2つの部屋、どちらもアクセントクロスを張り替えたいというご要望。LDKから見えるので、色・素材感がつながるよう考えました。

ベッドルームはGALERIEの花柄。光沢のある地のシルバーが品がよくて素敵♪

こちらは予備室。まるで印象派の絵画のようなフランスCASAMANCEの壁紙。窓がない部屋だからこそ、やはりきらめく葉洩れ日の中にいるようなものに。

ふわりとやわらかな光を感じるお部屋で、ゆったりとお過ごしください♪

じゃじゃ~ん!トイレは大胆な柄で遊びました。華やかなイギリスCole&Sonの壁紙に全面張替え。

ARDMOER(アードモア)というアフリカのセラミックブランドとCole&Sonのコラボコレクションの壁紙。アードモアの色とりどりの陶器からインスピレーションを得たこのコレクションは、アフリカのエキゾチックな植物と動物の柄模様で独特な世界観があります。Francfrancのミラーをコーディネート、扉を開けた瞬間、わぁ!と思わず声が出る空間になりました。

ページトップに戻る