インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

「荒井詩万のインテリアコラム」
インテリアに関するお役立ち情報を実例満載でお届けするコラム

■ News ■
「平成28年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」
スタイリング部門 特別審査員賞を受賞しました!

解体現場にて

ブログご訪問ありがとうございます。
人気ブログランキングに2つ参加中!
バナーをクリックいただくと票が入ります。
更新の励みになりますので1日1回それぞれの応援クリックをお願いします☆
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ

都内某ショールームの改装工事。ご縁をいただきまして参加することになり打合せへ。
ただいま解体中!現場好きはこの風景に萌えますよね(笑)
ただ今プランニング中!ここがどうなるでしょう?6月完成予定、またご案内させていただきます♪

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

Henri Bendelのオーナメントにときめく

杉並区I様ご夫婦から素敵なプレゼントをいただきました♪
「初期の段階から微細なところまで色々と相談させていただき、本当にありがとうございました!お忙しいのに返信はいつも早く、そして的確。妊娠中の家づくりという大変な状況でしたが荒井さんがいてくださったおかげで自分だけで決めるよりもはるかに楽に、そして完成度の高い家が出来上がりました!お礼に何か差し上げたいと2人で考えている時に荒井さんのブログを読んでこれだよね~ということになりまして。」と奥様。
こ、こ、この箱は!!
きゃ~!!!!(ご新居中に響く叫び声を上げました・笑)
イエローキャブ、ヘンリベンデルの店舗、そしてロックフェラーのクリスマスツリーかしら?まさにNYCのオーナメントセット(*^^*)
昨年のブログ記事、「今一番欲しいのはHenri Bendelのオーナメント!」と書いています。
このさらっと書いた記事を見てくださり、なんと!お知り合いでNYに行かれる方にわざわざお願いして買ってきていただいたそう。もうそのお心遣いが嬉しくて嬉しくて。
I様、本当にありがとうございました!早くクリスマスツリーに飾りたいです(笑)

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

絵画の中に迷い込んだようなトイレ

杉並区I様邸のトイレです。
LDKはシンプルな白の塗り壁なので、トイレは思い切って全面に輸入壁紙で遊びを加えようということになりました。セレクトしたのはフォルナセッティの壁紙。イギリス「Cole & Son」からリリースされているコレクションです。
床は黒のタイル。ペンダントライトはマットゴールド、金物はシルバーに。
女性の顔をあしらったシリーズが有名ですが、この独特な世界観に引き込まれますよね。
空を飛ぶ様々な気球、まるで絵画の中に迷い込んだような空間です。

ちなみに、こちらはエントランス。この横にトイレ、奥に進むとLDルーム。
トイレの壁紙に合わせ二ッチ背面はネイビー、お手持ちのアートをマットゴールドの額に入れて♪

こちらの戸建住宅事例にもアップしました。その他の事例と合わせて大画面でお楽しみください。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

ハウスカハウス

杉並区I様邸のLDKをご紹介します。
建築設計事務所にて設計が進む中、内装に関するアドバイスを含むトータルコーディネートご依頼をいただきました。お好きなインテリアをお聞きすると北欧のブランドの名前が多く挙がり、クールでスタイリッシュなイメージにしたいとのこと。

そこで、キーワードは「スタイリッシュ」「明るい」「遊び心のある小物」。
コンセプトは『ハウスカハウス』。
“hauska”(ハウスカ)はフィンランド語で“楽しい”という意味。ハウスカハウス、楽しい家。
なんだか語呂がいいでしょ?お客様も気に入ってくださいました(笑)
モノトーンをベースに、「eilersen」(アイラ-セン)・「HAY」(ヘイ)・「louis poulsen」(ルイスポールセン)など北欧の遊び心のあるデザインの家具や照明・インテリア小物を加え、大人も子供も居心地のよいスタイリッシュな空間です。

扉を開けるとリビングからダイニングキッチンへとつながる空間、黒の階段がアクセント。
石材の床・塗り壁は白、吹抜けからの明るい光が心地よい。
床はイメージとしては石材でしたが、小さなお子様が2人いらっしゃるので滑って転倒しないか、ケガをしないかなどI様ご夫婦と悩みました。最終的にはマット仕上げで滑りにくい石材をセレクト。お住まいになられて早3ヶ月、これがとても快適だそうです。「滑ることはないし、床暖房はよく効き、これからの季節は足元がひんやりして気持ちがいい。何よりモノを落としても傷がつきにくく、こぼしてもさっと拭けるのでかえって子供がいる方におすすめ!」とのこと。

クールなセラミックトップのキッチンは、リクシル「リシェルSI」。
ダイニングには「Tom Dixon」のビートライトを3灯、長さを変えて吊下げました。かっこいい!

リビングは「eilersen」のソファ、「HAY」のサイドテーブル。

クッションはデンマーク「LUCKY BOY SUNDAY」(ラッキーボーイサンデー)をはじめ、色や柄の異なるものをミックスして動きを出しています。
アートは全てモノクロで揃え、小物で遊びをプラス。(インテリアアクセサリープランはこちら
「LISA LARSON」の黒ブチでむちっとした犬のオブジェがかわいらしい!「Kahler」のフラワーベースは竣工祝いに♪


ダイニングからリビング側を見る。窓装飾はタテ型ブラインドですっきりと。

キッチン横、階段下には手洗いスペースをつくりました。
洗面所は2Fにあるので、帰宅したお子様やお客様がここでさっと手洗いができて便利です。

「HAY」のミラー、「louis poulsen」のブラケットライト。

ちらっと見えるマスタード色の壁はリビングに隣接するキッズルーム。床材はLDのタイルの色に合わせたクッションフロアです。
照明は「louis poulsen」の「CIRQUE」(スィルク)。ころんとしてかわいい♪

大人も子供もハッピーに過ごせるハウスカハウスで楽しい毎日をお過ごしください!

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

モノクロ写真を簡単おしゃれアートにする

「CHIC INTERIOR PLANNING」Instagramで人気なのがこちらの画像。
横浜市T様邸 「マニッシュスタイリッシュ」なダイニングスペース。
シンプルモダンなインテリアは世界共通で好きな人が多いのね。
壁面にはお客様からいただいた画像をモノクロにしてプリントアウトしたものを飾りました。
「わぁ!おしゃれだわ!」ととってもお客様が喜んでくださって嬉しかったな。
進行中物件でロンドンのモノクロ写真を使いたくて…5年前に行った時の自分で撮影したものなら著作権にも引っかからないのでいいなと(笑)
ほら、モノクロにするとなんだかクールで素敵になりますよね!

今はスマホでびっくりするくらいきれいな写真が撮れます。皆さんもお気に入りのものをモノクロに加工し飾ってみませんか?簡単にコストをかけず、おしゃれアートになるのでおすすめです♪
そして、私はこの写真を見てロンドン熱が再燃。9月に行きたいな~と考え中(笑)

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

M様邸納品立会いへ

イタリア滞在レポートが続きましたがもはや夢のよう。しっかり現実に戻り仕事しています!
昨日は川崎市M様邸の家具・照明・カーテン納品立会いへ。
朝方まですごい雨風で心配しましたが、すっかり晴れて納品日和!暑いくらいでしたね。
アルフレックスのソファが入りま~す!
プレーンシェードを取付中で~す!

あとは来週にオーダー家具が入って完成はこうなりま~す!
立会いと言って私は何をしているかというと…特にしていません(汗)
いや、実際は業者さんがぶつけずに搬入しているか、納品商品に傷などがないか、図面を見ながら家具や照明の位置確認、カーテン操作が問題ないかなどを細かくチェックしているのです。でも、傍目には皆さんがせっせと動いてくださっているのを見ているだけという。あっ、クッションを袋から出してポンポンッとしてソファに置きましたよ。ゴミが落ちていないか確認したりもね。インテリアコーディネーターあるある(笑)

納品は楽しさ半分、ドキドキ半分ですよね~ということで応援クリックをお願いします!↓↓

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

【Firenze 2】イタリア旅行あれこれ後記

イタリア滞在レポート8!
今回のイタリア旅行は「ミラノサローネに行く!」というのが大きな目的でした。
ミラノに4泊し、まさに朝から夜までフルで動きまわりインテリア漬けの毎日。でも、それだけでなくその後にフィレンツェ2泊にしたのがとてもよかったです。同じイタリアでも違う街の雰囲気を味わえてゆったりできました。フィレンツは3回目なのですが、今回の旅が一番印象に残っています。というわけで、インテリア以外のイタリア旅行あれこれ後記。

ミラノ中央駅からフィレンツェまでは「ITALO」という特急電車で約2時間の移動。
駅にある「ITALO」専用ラウンジは真っ赤な革のソファ。デザイン王国イタリアのかっこよさ♪
1等車にしたら、座席は「Poltrona Frau」の革シ―ト!フィオラ会場やブレラ地区で見まくりましたが、実際にゆっくり座るとその肌に吸いつくようなやわらかさと品質のよさがよくわかりました。

滞在レポート6でも感じられたと思いますが(笑)、よく食べ、そしてよく笑った旅でした。
どれを食べても美味しい!ジェラードはフィレンツェに住んでいた方に教えてもらったお店にて。ミラノ料理レストランで皆さんとお食事会や、「AOYAMA HiBRID」のパーティーに参加したり。
女子旅です。ショッピングもしっかり楽しみましたわ!
特にイタリアブランドはやはり日本より断然お安い。TAX FREEで空港でも税金が戻ってくるし。
ちなみに右下のピンクピンクなものは娘へのお土産、本人の要望により「Victoria’s Secret」のパスポートケースとポーチ。全くイタリアとは関係ありません!笑
前回はちょうど休館日(涙)、フィレンツェ3回目にして念願の「ウフィツィ美術館」へ!
これらの有名な絵を間近に見ることができ、写真撮影もできます。その繊細な色とタッチのすばらしさに溜息。「ビーナス誕生」は戻って再度見ちゃいましたもの。
そうそう、当日券で入場だと2時間~3時間待ち!事前に美術館HPから日時予約をして行った方がいいですよ。私たちが行った時も長蛇の列、その横をするりと入れました。抜けるような青空と、西日に照らされた「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」。
白の大理石をベースにグリーン・ピンクの大理石で装飾されたイタリアゴシック様式、1296年から140年以上をかけて建設されたそう。美しすぎて無言で見上げていました。夕暮れのアルノ川。泣きたくなるようなおだやかで豊かな時間。
イタリアレポートはこれで最終回、お付き合いいただきありがとうございました!
旅はいいですね。たくさんインプットしたことをしっかり仕事に生かしていきたいと思いますし、今後行かれる方の参考になれば嬉しいです☆

昨日はたくさんの応援クリックをありがとうございました!
記事をまとめるのにけっこうエネルギーを使ったので(笑)、とても嬉しかったです♪
イタリアレポート楽しかったですよ~という方は、ポチッと応援クリックをお願いします!↓↓

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

【Firenze1】 5ッ星ラグジュアリーホテルに泊まる

イタリア滞在レポート7!
ミラノ中央駅から鉄道ITALOでフィレンツェへ。
サローネ期間中はミラノ市内ホテルの金額が通常の3倍くらいになっていましたし、毎日朝から夜まで外出していたのでスーペリアクラスの「Starhotels Anderson」に宿泊しました。(モダンな内装で駅から近くとても便利でしたのでおすすめ!)
でも、フィレンツェは素敵なホテルでゆっくり寛ぎたいよね~ということで…
宿泊先に選んだのは「The St. Regis Florence」(セントレジスフローレンス)、5ッ星ラグジュアリーホテルです。18世紀の貴族の邸宅を改装してつくられた「グランドホテルフィレンツェ」が、2011年に「セントレジスフローレンス」として新たに改装してオープン。アルノ川沿いに面し、ウフィツィ美術館やサンタ・マリア・ノヴェッラ教会にも近いフィレンツェの中心に位置します。
一歩中に足を踏み入れた瞬間、「きゃ~!!!」と思わず声が出る素敵な空間。

奥のデスクでチェックイン。スタッフの皆さんはとてもにこやかに丁寧な対応で心地がよい。
クラシックとモダンのミックスするラグジュアリーなラウンジスペース。
さぁ、部屋に向かいます。階段や廊下の色合いが落ち着いていて品がよい。
この奥が部屋です。鍵を開けて中に入る時のドキドキワクワクが大好き。

入った瞬間、また「きゃ~!!!」(笑)
白・グレーをベースに、赤・黄・青がアクセントカラー。

ベッドヘッドはトリムを使ってオリジナルデザインに。

窓装飾はシアーカーテン、ストライプの遮光裏地付両開きカーテン、装飾用両開きカーテンの組合せ。

キャノピー(ベッド上の装飾天蓋)、カーテン、カーペットとパーフェクトなカラースキーム!鮮やかなロイヤルブルーのベルベッドクッションが効いています。

ベッドヘッドと左右の壁はモールディングをまわしてファブリック貼り、トリムもまわしてあります。おさまりがきれいだなぁ。ライトグレーのテクスチャーが美しいファブリックは、クッションのパイピングやベッドヘッドの装飾トリムと色をリンクしているのでお部屋全体がつながりますし、ファブリックのやわらかさが心地よい空気感をつくっていました。ここにグレーを入れたことで品よく、アクセントカラーが引き立つようにまとまっているのだと思います。
空調の吹き出し口もひと工夫。セントレジスのマーク入り、天使ちゃんがいます。
洗面台は2ボウル、バスタブと別にシャワーブースあり。ミラー貼りなのでとても広く感じます。
窓からはアルノ川の美しい景色が見えます。朝に夕に変わりゆく街の色を楽しみました。
そして、こちらが有名なホテル内「Winter Garden by Caino」。ミシュランの星付きレストラン。
吹抜けの天井にはステンドグラス、ゴージャスなシャンデリアにうっとり。
朝食は上階、バルコニーの席に座りこの空間を見下ろしながらいただけます。(アメリカンブレックファーストスタイル、具をセレクトして目の前でつくってくれるオムレツがとても美味しかった!)
夜はピアノ生演奏でカクテルを飲みながら、大人な時間を楽しみました。

素敵なスタッフに「あなたの写真を撮らしていただけますか?」と聞いたら…
「待って!カウンターでシェイクしているところがいいよね?」とノリノリな彼。Grazie!笑
滞在は2泊、とても優雅で豊かな時間を過ごしました。
人はもちろん、空間のホスピタリティって大切だなと改めて思います。
昨年行ったハノイ「Sofitel Legend Metropole Hanoi」が今まで宿泊したホテルの中で一番でしたが(滞在レポートはこちら)、それに並ぶ心地よい空間でした。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

【Milano 6】 洗練のハイエンドホテルでランチを楽しむ

イタリア滞在レポー6!
インテリアを学びながらも、ハイエンドホテルでゆっくりランチを楽しみた~い!
ということで2つのホテルをご紹介します。

■ BVLGARI HOTEL MILANO
ミラノ市内中心部から少し奥まった場所にひっそりと佇む18世紀の建物を品よく改装したホテル。
エントランスから中に入るとラウンジ。シンプルモダンな上質家具。
明るく緑豊かな中庭にあるレストラン。風の音、鳥の鳴き声を感じる都会の中のリゾート。
ここ!ここ!ここに来たかったのです~♪
そして、レストランで食事をする男女が皆ハイセンス!思わず見惚れるかっこよさの方ばかり。マダムもハイヒールでかつかつ歩いていてほんと素敵☆
ブルガリホテルの中庭でスプマンテ!これを楽しみに仕事を頑張ったと言っても過言ではない(笑)
サラダや前菜・パスタなど4種類のプレートが並ぶランチボックス。どれも美味しかったです♪

ちなみにブルガリホテルに行ったのが初日のランチ、まだインテリアショップもミラノサローネ会場も全く見ていない時。まずはここから!あはっ(笑)
12:30からランチタイムですが、私たちは少し前に到着。先に席に通されゆっくりスプマンテを楽しんでいる間にどんどん人が入って来ました。ランチに行かれる方は早めがおすすめです。

■ Armani Hotel Milano
地下鉄モンテナポレオーネ駅からすぐのロケーション。
1Fからエレベーターで最上階に上がり一歩足を踏み入れると、そこは都会の喧騒の中にありながらラグジュアリーで静謐な空間が広がっていました。もちろんジョルジオ・アルマーニ自身が全ての内装デザイン・監修をした「Bamboo Bar」です。ここで軽いランチを楽しみました。
アルマーニの世界観そのままのカラースキームと、ラグジュアリーな素材感。
洗練された空間からはミラノの街を望めます。
テーブル、カトラリー、ナプキン。この絶妙な色合わせにしびれる!
この日はビール!旅行中の昼間に飲むビールっていつも以上に美味しく感じる(笑)
アルマーニホテルはランチ時間よりも遅かったので空いていました。
スイーツも美味しいそうなので、行かれる方はぜひ!

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

【Milano 5】ファッションブランド発信のホームコレクション

イタリア滞在レポート5!
ファッションブランドが手掛けるホームコレクションが、いまや当たり前になってきました。
そのブランドの世界観がそのままインテリアにリンクするわけですから、各ファッションブランドが好きな方にはたまらない空間をつくることができます。
ミラノサローネ会場、そしてブレラ地区のそれぞれのホームコレクションショップを訪れました。

■ Etro Home 
2015年にミラノサローネで初のホームコレクションを発表したブレラ地区にあるEtro Home。
エトロらしい鮮やかな色と個性的な柄が華やかです!壁紙もありました。


■ Armani/CASA Milano

ファッションブランドが手掛けるホームコレクションの先掛け的存在であるArmani/CASA。
滞在レポート2でも触れましたが、ショップは2016年秋に移転し全面ガラス貼りの4フロアという広いスペース。ミニマルで上質、凛とした美しさのあるアルマーニそのままの空間。食器やタオル・スリッパなどインテリア小物もありました。

■ MISOONI HOME
ビビッドな色を使ったジグザグ模様のニットで有名なMISSONIのホームコレクション。

■ DIESEL LIVING
フィエラ会場内、ディーゼルがインテリアに参入しているを初めて知りました。イタリアらしい遊びのあるエッジの効いたデザインそのままに、肩の力を抜いたカジュアルでクールなインテリア。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

ページトップに戻る