インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

一目惚れした美しい壁紙

レビ東京系列局『インテリア日和』に出演します!(詳細はこちら
いよいよ今週5月26日(金)PM7:55~8:00!
どうぞお見逃しなく!ぜひご覧ください☆


企業からのご依頼が続いています。
某プロジェクト、ショールームのリニューアルでトータルコーディネートをすることになりまして進行中。訪れる人がワクワクするような空間や打合せスペースを3部屋つくります!そのうちの1部屋のイメージにぴったりで一目惚れしたのがイギリス「OSBORNE&LITTLE」(オズボーン&リトル)のこちらの壁紙。O&Lの壁紙を含め、提案通りご採用いただきました!わぁ~い!
先日、施工業者さんたちとの打合せがありました。このインパクトのある柄とお値段に皆さん驚いていましたが(笑)、「素敵ですね~♪」とのこと。柄出しの指示をして欲しいとのことで壁紙を貼る時は立ち会うことに。完成が楽しみです!(工事の様子はこちら

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

「旅する会議室」くつろぎの夜 ロンドンのバーにて

某オフィス「旅する会議室プロジェクト」。くつろぎの夜 ロンドンのバーをイメージしました。
夜、そしてバー。どうしてもここだけは天井の昼白色照明がイヤで、他とシステムを切り替えてこのエリアのみ消灯できるようにし、あらたに電気工事でダクトレール&スポットライトを設置。
ちなみに、フロアスタンドやテーブルスタンド用のコンセントは床から出してたてこみ壁に埋め込んでもらっています。コストアップしましたがそれによりすっきり、何より雰囲気が全然違います。OKを出してくださったクライアントに感謝♪

6人座れる打合せテーブルとライブラリーをイメージしたスペースをつくりました。
ターンドレック(ろくろ脚)のアンティーク調テーブル、木とアルミのチェアをコーディネート。圧巻の存在感を放つイギリス「Andrew Martin」(アンドリュー・マーティン)の「Library 」という名の壁紙。よく見ると油絵のような色合い。迫力がありながら品がいい。鋲打ち・ボタン留め、イギリス発祥の伝統的な「チェスターフィールドソファ」は赤のベルベッド張り地。茶革の1人掛チェア、オールドキリムチェア、ベルギー製ウィルトン織ラグ。
そして「HALO」のコーヒーテーブル。トランクのようなデザインが素敵です!
“旅”がコンセプトなので、アンティーク調トランク大小も重ねて置きました。「シンコール」のレンガ調壁紙、色合いがよくとてもリアルです。
モノクロ写真は、私がロンドンで撮影したものを白黒プリントして額に入れました。アクセントカラーは赤、小物類も雰囲気に合うものをセレクト。ビートルズとローリングストーンズのクッションで遊びを加えて。
ビートルズは壁紙と同じ「Andrew Martin」のもの。えっと、ここはオフィスです(笑)旅する会議室のご紹介はこれで終わりです。飛行機に乗り、さぁ、次はどの国に行こうかな。

【イメージパース】

【Before】
大きなカウンターテーブルは「ニューヨークのカフェ」、奥のテーブルは「ヘルシンキのレストラン」にそれぞれ移動。グリーンはそのまま使用し、コピー機やシュレッダーはたてこみ壁の奥にスペースをつくりました。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

「旅する会議室」あたたかな昼 ニューヨークのカフェにて

某オフィス「旅する会議室プロジェクト」。もともとコーヒーメーカーや冷蔵庫・電子レンジなど社員の方が利用するスペースでしたので、あたたかな昼 ニューヨークのカフェをイメージしました。白レンガとポップな落書き・イエローがアクセントの壁紙、石調床材。コーヒーの香りが漂うカウンターのあるおしゃれカフェ空間。
「シンコール」の落書き風と、フランス「KOZIEL」のレンガ調タイル壁紙。収納は既存です。
バスロールサインやイエローキャブのプレートを壁面に飾って。

このテーブルは別のスペースにあったものを移動して使用しました。
コーヒーメーカーや冷蔵庫がこちらの打合せスペースから見えないよう壁を出しています。
冷蔵庫などの前には何もなくパ―テションが置かれ、がら〜んとしていました。
そこで、目隠しを兼ねた高さH1,400mm壁のカウンターを設置。既存チェアに2脚ハイチェアをプラスして、ビビッドなイエローの壁紙を貼りました。床面はマスキングテープを貼り、その上から強力両面テープで固定。笠木のボリュームをぐらつかないよう考えて製作してくれたので全く動きませんが、原状回復は可能です。
ちょっと息抜きのコーヒータイム、集中して1人で仕事をしたい時、並んで打合せをするなど色々なシーンで活用していただけます。

カウンター奥、冷蔵庫のある壁面にはカフェ風ウォールステッカーを貼ってアクセントに。

【イメージパース】

【Before】
ワークスペースから丸見えになっていたコーヒーメーカーや冷蔵庫をたてこみ壁で隠すことを考え、目線と動線を考えながらプランニング。ちょうどフロア全体の中心に位置するので、カフェのように人が集まるスペースになりました。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

「旅する会議室」さわやかな朝 ヘルシンキのレストランにて

某オフィス「旅する会議室プロジェクト」。さわやかな朝 ヘルシンキのレストランをイメージしました。ここは造作収納やカウンターテーブル、打合せ用モニターがありましたのでそのまま使うことに。イギリス「GALERIE」のブルー&グリーンの木の壁紙がアクセント。他のスペースからテーブルを移動し、オフィス用のチェアを北欧デザインチェアなどに変更。明るくさわやかな空間に大変身!様々なデザインや色のチェアの組合せ。ワイワイ楽しい雰囲気になりますね♪
壁面の棚にもダーラナホースなど北欧らしい小物を飾りました。

【イメージパース】

【Before】
造作収納やカウンターテーブル、打合せ用モニターなど既存のものを使用。コーディネートによりどう変化をつけるかがポイントになりました。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

「旅する会議室プロジェクト」大公開!

様々な言語が飛び交う活気あふれる某オフィス。今ある打合せスペースを社員のモチベーションが向上するおしゃれでおもしろい空間にしたいとのこと。3つのスペースづくりのデザインをご依頼いただきました。

【Before】

【コンセプト】
キーワードは「オフィスと家の中間」「コミュニケーション」「リラックス」「グローバル」。
コンセプトは『旅する会議室』
朝・昼・夜。それはいつか訪れた国の人々が集まる場所。国籍も年齢も超え、人と人との会話と笑顔が生まれる。オフィスでも自宅でもないリラックス空間に。
「さわやかな朝 ヘルシンキのレストラン」「あたたかな昼 ニューヨークのカフェ」「くつろぎの夜  ロンドンのバー」の3つのイメージでコーディネート提案しとても気に入っていただきました。それぞれのイメージパース、ほぼこのプレゼン通りに完成!

【施工&納品】
家具だけを変えても中途半端になるので、消防法を考慮した高さに壁を立ち上げ、現状回復が可能な範囲で施工することを提案。既存のものをできる限り使用します。
かなり大規模な施工工事となりました。イレギュラーなことが多発したり、私のギリギリでの変更にもさっと対応してくれて(鬼のようなインテリアコーディネーターですみません^^;)大変だったかと。朝から夜中まで2日間皆さん頑張ってくれて無事に完成!クライアントにも喜んでいただけました♪

【After】
いかがでしょう?変わりましたね(笑)
社員の皆さんにご好評で、さっそく打合せをされているとのこと。とっても嬉しい!!
「ロンドンのバーにて」はインスタに動画をアップしています。臨場感をお楽しみください☆
https://www.instagram.com/p/BUGfc-pAcEB/?taken-by=shimaarai

さわやかな朝 ヘルシンキのレストランにて詳細はこちら

あたたかな昼 ニューヨークのカフェにて詳細はこちら

くつろぎの夜 ロンドンのバーにて詳細はこちら

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

オフィスにおしゃれ会議スペースをつくる

某オフィス、もっと楽しくおしゃれな会議スペースをつくりたいとのご要望。
半年かけて進めてきた大プロジェクト。いよいよ土日に大工さん・壁紙職人さん・電気や配線業者さんなど総勢20人で施工&納品でした。大工工事中、既存のものと調整しながら壁をつくっていきます。
「Andrew Martin」の壁紙を貼る職人さんたち。
色々ありましたが皆さんと力を合わせてクリアしながらいい空間になりました。全く異なる3つの会議スペースが完成!
月曜の朝、今頃社員の皆さんはかなりビックリしていることでしょう!笑
また詳細は後日紹介させていただきますね♪

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

プレゼン終了、海を望むスタイリッシュ空間

横浜市K様邸のプレゼン終了!ご夫婦がとても気に入ってくださいました。ストライプ壁紙と、イエローをラインで入れる切替カーテンがアクセントのスタイリッシュ空間に。ベイサイド、海を望むLDルーム。現調でこの気持ちのよい景色を見て、両開きカーテンからシェードに変更することにしました。その方がすっきりして眺望を堪能できますもの。完成が楽しみです!

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

進む現場、攻めの提案

某プロジェクトの現場、前回は解体していましたがあっという間にここまで進んでいます。
私はコンセプトワークからトータルコーディネートまでさせていただいていまして、先日プレゼンでした。何を見せたいのか、伝えたいのか。訪れる人がインテリアの楽しさを感じられるワクワクするような空間に。ストーリーのある内容に、全員一致でOKをいただけてホッとしました。
1点だけ変更になったのがこの打合せスペースに提案していた50万円の「moooi」のフロアライト。提案イメージにぴったりで一目惚れ、厳しいかなぁと思いながら、もしかしたらいけるかも?と入れていました。が、皆さん桁を数えながら目が点に。さすがに攻めすぎました(笑)
が、やってみなくちゃわからないですよね。同じく攻めた柄のOSBORNE&LITTLE壁紙はOKいただけたし。ライトは代替品を考え済(笑)
さぁ、今日もプレゼン。週末は別件プロジェクトの施工&納品。毎日バタバタですが楽しいです!

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

カラースキームを考える

Color Scheme(カラースキーム)、色彩計画のこと。
床・壁・天井材、ソファなどの家具、オーダー家具、カーテン、クッションなどの小物など全てのエレメントについて、色だけでなく素材・柄・テクスチャー(触り心地)などをコンセプトに合わせてプランしていくことです。インテリアコーディネートの要になるところ。
よく「カラースキームを考える時にどれから考えていますか?」というご質問をいただきます。
う~ん、それについては物件によって色々です。床・壁・天井材という大きな部分からが一般的ですが、クッションやアートなど小さな部分からの場合も。まずはコンセプトありきで色の方向性を決め、さらに何か1つピピッときた色や素材から広げるようにしています。

こちらは進行中の新築マンションコーディネート物件。
私はケースバイケースですが基本的にカラースキームボードをつくりません。サンプルは床・壁紙は現物と同じように下に置いたり立ててお見せしたり、カーテンは窓面で日光の透け感を見ながらプレゼンするので。ただ、お客様とメールなどでカラースキームを共有してお話を進めたい時にはこのような資料をつくっています。全体の色バランスが確認できるのでやはりわかりやすいですよね。
床・壁は決まっていて、ソファの張り地、そしてオーダー家具の塗装扉の色、カーテンへと広げていきました。全体的に品のよいグレージュをベースに黒で引き締め、クッションに色や柄を加えて動きを出そうと考え中♪
先日、クッション生地をショールームで選んでいるところ。意識するのは同じ素材や柄ではなく様々なものを組合せること。「さらさら」「ふわふわ」「ざらざら」など触り心地も大切。その方がのっぺりせず、表情豊かなインテリアになります。って、言葉にするのは難しいな(笑)

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

クラッシーモダン

川崎市M様邸のLDKをご紹介します。(プレゼンはこちら
戸建住宅をご購入され、LDKのインテリアコーディネートと全窓装飾のご依頼をいただきました。
ご夫婦共にシンプルで上質、すっきりとしたインテリアがお好み。
キーワードは「モダン」「シンプル」「上質」「品のよい」。
コンセプトは『クラッシーモダン』。
“classy”(クラッシー)とは上質で品のよいこと。シンプルモダンな家具、幾何学模様のシェード、デザイン性のある照明をリズミカルにコーディネート。心地よい時間の流れる空間です。

玄関を入るとリビング、ダイニング、キッチンとつながります。

片側アームがない「arflex」のソファ、脇にコンソールテーブルを提案。(納品の様子はこちら
ソファ前にテーブルがないのですっきり。お子様の小物・ティシュケース・本など収納でき、テーブル上にカップやリモコンが置けます。
TVボードとリビング横DENのデスクはオリジナルデザインのオーダー家具。(納品の様子はこちら
既製家具に合わせてホワイトオーク突板練付に着色ウレタン塗装、白ポリ合板とのコンビで洗練された印象に。

リビングのシーリングライトはBAUMN(バウム)。プリーツ加工のファブリックで覆われていて、光源が直接見えないのでまぶしさを抑えたやさしい光です。シンプルですが、柔らかさのあるデザイン。窓装飾は両開きカーテンではなくプレーンシェード、すっきりとおさまります。幾何学模様とストライプのシアーが軽やか。
クッションはアクセントカラーのイエローグリーンとパープル。
シェードと共布にはイエローグリーンのパイピングをピリッと効かせて。
ダイニングテーブル&チェアも「arflex」。
チェアはソファよりも濃いグレーの張り地で品よくまとめました。ちなみに、ソファもチェアもカバーリング、汚れたらはずして洗濯できますので小さなお子様がいらしても安心。
「PH4/3」2灯をリズミカルに。コードカットとダクトレール取付用にプラグ変更をしています。

小物類は竣工祝いです。
クラッシーモダン空間でゆったりと心地よい時間をお過ごしください。

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

ページトップに戻る