インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

「Boutique Home」荒井詩万プロデュース住宅ができます!

【Boutique Home】ブティックホーム
海外ドラマのようなおしゃれな家。
荒井詩万がネーミングした荒井詩万プロデュースの住宅。商標特許出願中です♪
今年6月に発売されたLIXILの2つの建具と、床材やキッチン、さらには家具・照明・小物までトータルコーディネート!LIXIL北海道支社様とのコラボ、来年3月になんと実棟が建ちます!

コーディネート空間を丸ごと売る。
インテリアコーディネーターだからできること。
ここからさらに広げていきます(≧∀≦)

【事例紹介】ギャラリーのある家

町田市S様邸を紹介させていただきます。
ondesign 西田司氏設計住宅。パブリックとプライベート空間をつなぐギャラリーがあります。
主に玄関ホール、LDKのアートやディスプレイ小物まで含むインテリアコーディネートご依頼をいただきました。

キーワードは、「上質感」「ギャラリー」「遊びのある」「くつろぎ」。
コンセプトは『ギャラリーのある家』。
玄関ホールは‟静“のスペース、扉を開けると迫力のある吹抜けのLDK、‟動”のスペース。
‟静‟から‟動“、さらに奥へとつながっていくドラマティックなギャラリーのある家です。(現場の様子

FIX窓からの光が入る玄関ホール。
奥のギャラリーへとつながる導入部分、適度な緊張感を出したいと考えました。‟静“のスペースです。
凛とした佇まいの「CARL HANSEN&SON」CH36を置きました。
空間を引き締めますし、荷物を置いたり靴を履く時にも便利。1つ1つ丁寧につくられたチェア。

まるでアートのような吹きガラス&陶器のウォールライト。
イギリス「
Curiousa & Curiousa」の「SIREN」、日本で初施工です!
吹きガラスと陶器の組合せは自由。お客様とご一緒にショールームで選びました。
正面からも横からも、点灯時も美しい~♪

絵を飾りたいというご要望でしたが、空間のバランスを考えボリュームがありながらもマットゴールドであまり主張がなく、間接照明が入るので陰影を楽しめるウォールアートを提案。部分的にミラーになっています。ご採用いただきました!
扉を開けると、オリジナルなブルーのキッチンがアクセントのLDK。

圧巻の天井高5m吹き抜け、タイルを貼った壁面が迫力があります。

中庭に面したリビングはTVに対面するだけでなく、庭や空を眺めたり、気分を変えて1人で本を読んだりできるようフレキシブルなレイアウトの「arflex」ソファに。ファブリック張りと革張りを組み合わせて、遊びをプラス。

ヴィンテージ絨毯のパッチワークラグ、「HARLEQUIN」と「MANAS」の生地でつくったクッションカバー。「ASPLUND」の天然木スツールをサイドテーブルに使用。ハンドメイドなものを組み合わせて、上質感がありながら肩の力を抜いてリラックスできるインテリアに。‟動”のスペースです。

ソファの背面にはリビングテーブルを置き、小物やお手持ちの本をディスプレイ。どこから見ても表裏がないものをセレクトしています♪

ダイニングテーブルとチェアも「arflex」。ペンダントライトは「TOM DIXON」を3灯。ちなみに、このライトは手作業で内側をまわしながら1つ1つ打ち出して手づくりされています。

チェアの張り地は2色に。ここにも遊びをプラス。

奥の壁面は質感のよい「PORTER’S PAINTS」、モダンアートのポスターが映えます。

プライベート空間へとつながるギャラリー。ご夫婦が趣味で集めていらっしゃるものが並びます。

フロアー全体がギャラリーのような空間。
S様が「思い描いていた以上の空間になり大変満足しています」と喜んでくださりホッとしました。ご家族やお友達と楽しい時間をお過ごしください!

続く現調打合せ

新規ご依頼いただき、現調打合せが続いています。
はじめまして〜で初めてお客様にお会いするのは、いまだに緊張します^^;
昨日は藤沢市I様邸へ。
広〜いLDルーム、寝室他トータルコーディネートさせていただきます。さぁ、どういこうかなぁ。

あの時の熱量は変わらない。

お盆休み真っ最中の方が多いと思います。
受験生のいる我家、娘は毎日塾なので近場に1泊するのみ。お盆明けの打合せに向け、私はあれこれ宿題をやっています^^;
昨夜はパースを描いていました。
23年前、町田ひろ子アカデミーに入学した時の製図板とT定規で。物持ちがいいのですw
自分が何がやりたいか、何ができるかなんて全くわからなかった20代、ここでインテリアを勉強したら何かが変わる気がした。あの時の熱量は今も変わらない。
まだまだこれから。これを見ると頑張ろうと思う!

日本初のウォールライト施工

現場!現場!現場!
昨日は、進行中の新築物件の現場立会いへ。
いや〜暑い!滝のように汗をかいてお風呂上がりみたいになりましたww
今週は3件現場で少々夏バテ気味ですが、想像以上な空間になりテンション上がってます!

イギリス「Curiousa & Curiousa」キュリオーサ&キュリオーサのウォールライト、日本初施工をさせていただきました!「SALON DE FAVORI」で取り扱われています。
手吹きガラスと磁器のお皿を組み合わたアートのようなデザインを見た瞬間、一目惚れ。
今回のコンセプトにぴったりで提案。

美しい!!
お客様とご一緒に選んで組み合わせた色や柄。点灯したらもっと素敵でした(≧∀≦)
アメリカから取り寄せたアートワークと合わせ、まるでギャラリーのようなエントランスホールに♪

ダイナミック空間の現場確認へ

一気に暑くなりましたね〜。
じとじと雨も嫌ですが、暑すぎるのも現場はつらい。
昨日は進行中物件の現場確認でした。
もうサウナに入ったみたいに汗をかきました(汗)

オンデザイン西田司さん設計の住宅。
お声掛けいただき、LDKとエントランスの全体のカラースキーム、家具・照明、アートや小物までインテリアコーディネートをさせていただいています。
圧巻の吹き抜け、ダイナミックな空間。
ちょうど奥の壁をポーターズペイントで塗装中。
いい色!セレクトしているアートが映えそう♪

エントランスには、アメリカのアートワーク、イギリスの日本初納品になるウォールライト、デンマークのチェアをコーディネート。
ライトの大きさ確認に、紙で原寸大につくって持参しました。アナログだけどわかりやすい!w
さぁ、次回はいよいよ納品!完成が楽しみです☆

納品立会い@大阪

大阪市I様邸のカーテン納品立会いへ。
L型窓にプレーンシェードを提案、分割せずになるべく大きく納めたい。でも、エレベーターにメカが入らない。ということで、窓装飾をお願いした京都 CBソウム 吉川さんが階段で上階の現場まで運んでくださいました。ありがとうございます!筋肉痛になってそう^^;
おかげ様できれいにおさまり、お客様も喜んでくださいました♪
家具は海外で受注生産、少しお待ちいただくことに。完成したら最終確認と撮影に伺う予定です。

凛と美しい椅子

現場工事が進むS様邸、玄関ホールに置くチェアを考えていまして、こちらに決定!
ハンス・J・ウェグナー「CH36」、ビーチ材のソープフィニッシュ。ウェグナーといえば「Yチェア」が有名ですが、このアメリカのシェーカー教徒の椅子をモチーフにしたシンプルで無駄のないデザインが、今回の空間にはぴったり♪
先日、「カールハンセン&サン」で最終確認をしてきました。前からも横からも凛とした美しさ。
海外から届くアートワークと一緒に置き、ギャラリーのような玄関に。納品が楽しみ(≧∀≦)

カラースキーム決まりました!

怒涛の5月が終わり、気づけば6月。
あちこちの物件のカラースキームも最終決定!
間違いがないか、漏れがないか。
見積書を穴が開くほど確認し、各メーカーや業者さんたちと納品段取りの連絡をしています。
こちらは5mの吹抜けリビングがある物件。
ファブリックと革をコンビに組み合わせたソファ、キッチン面材はオリジナルで製作します。

こちらの物件は、窓面が大きな高層マンションに映える窓装飾やクッションカバーをご提案。
さぁ、どんな空間が完成するか。楽しみです!

ページトップに戻る