インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

建築×インテリア×アート、地域活性化にもつながるリノベーションホテル

前橋にある「白井屋ホテル」に宿泊してきました。
江戸時代から続く白井屋旅館が廃業。前橋出身のJINS代表 田中仁さん主導で地域活性化につなげるべく、その地にオープンしたホテルです。
2020年12月開業、とても気になっていました。

既存の外観はそのまま、前橋駅からの大通りに面したファサード。

その反対側には新たにつくられた空間。
まるでムーミンが住んでいるようなワクワクするデザイン。ブルーボトルコーヒーやベーカリーが入り、賑わっていました。

既存建物を活かしながら、新たな風をもたらすリノベーション設計は藤本壮介さん。
客室を大幅に減らし、1階のラウンジから4階吹抜けの大空間に。既存の梁と、螺旋階段やスロープを組み合わせ、そこにレアンドル・エルリッヒの光るパイプのアート。この方、金沢21世紀美術館の《スイミングプール》をデザインした人ね。

ラウンジの床は新たにレンガタイルが貼られています。レトロ感があってあたたかな雰囲気。

カッシーナ、フリッツ・ハンセン、ヴィトラ、アルフレックス、マルニ木工など色々な家具をミックス、ヴィンテージも使っていてこなれ感があります。

フロントには《杉本博司》さんのガリラヤ湖。
その他、様々なコンテンポラリーアートがあちこちに飾ってあって楽しい。

宿泊したのは一番広い14号室。
天井はコンクリートそのまま、壁は白塗装、床はカーペット&タイルです。

壁には《村田峰紀》さんのアート。

なんと!バスルームが一体化しています!
引き戸で開閉可能。開けると広々していてよい。

アートのように置かれたバスタブ。
その奥が洗面スペース、トイレと続きます。

カーペットとタイルの見切りはホワイトのスチール。

ファブリックデザイナー《安東陽子》さんのオリジナルデザインのレースカーテンが素敵でした!

テーブルライトはフリッツ・ハンセン。

こちらは《鈴木ヒラク》さんのアート。
クッションはクリスチャン・フィッシュバッハです♪

ホテルの方のご厚意で、その他の部屋を拝見させていただきました。
こちらは、ジャスパー・モリソンデザインの部屋。
静寂の禅の世界のよう。

建築×インテリア×アート。
わざわざ足を運びたくなる仕掛けを。
内から外へ、さらに地域活性へとつなげる。
インテリアから、たくさんの人を巻きこみながらもっと《広げる》ことができる。そんな可能性を感じるプロジェクトに、とても心惹かれます。
オンラインサロンではお話していますが、私が今やりたいことが色々詰まったテンション上がりまくりの空間でした^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップに戻る