インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

都心の温泉旅館「星のや東京」

結婚21周年で『星のや東京』へ。
せっかく泊まるなら一番広い部屋がいいなぁと思ったら3人部屋とのこと!夫婦の予定が「えっ、私も泊まりた〜い!」ということで娘も一緒に(≧∀≦)
宿泊レポートです。

オフィスビルが林立する大手町に、「塔の日本旅館」をコンセプトとして2016年開業。
都会の空に向かう旅館、コンセプトがしびれますね。
そして、何がすごいって地下1500mから湧き出る天然温泉なんです!都内ど真ん中で!
かつて、この地一帯は海だったからでしょうか。
強塩温泉で、とろみのある褐色のお湯。
舐めるとかなりしょっぱかったw
地上17階、空を見上げて入る大風呂は圧巻でした!
ぜひHPでチェックしてみてください♪

エントランスを入ると、まさにそこは日本旅館。
靴を脱いであがるという伝統的な日本旅館スタイル、左側は靴を収納する扉です。

季節ごとに設えが変わるフォーカルポイント。

廊下やエレベーター内も全て畳敷き。部屋の前室も趣があります。チェックインは各部屋にて。

広〜い!!リビング、ダイニング、ベッドスペースに柔らかくエリア分けされたレイアウト。
壁面は塗装、和紙貼り、壁紙で構成されています。

夕食、朝食ともにインルームダイニング、こちらでゆったりと食事を楽しみました。

朝食は1人ずつ窯だきごはん!美味しかった♪

窓面は全て障子。
外装の麻の葉文様をモチーフにした型抜きが目隠しになりつつアクセント。

朝、麻の葉の影が障子に映って美しい。
計算されたデザインだなぁ(≧∀≦)
布団タイプのベッド、マットレスは聞いたら日本ベッドとの共同開発とのこと。めちゃめちゃ寝心地よし。
抹茶色の和紙が効いていますね。

落ち着いた水回りです。
大風呂に行っていたのでバスルームは使いませんでしたが、こちらも広かったな。(部屋風呂は温泉ではありません)

ここにもソファコーナー。
とりあえず寝転がって歯を磨きました(≧∀≦)

各フロアは6部屋、それぞれにフロア専用の「お茶の間ラウンジ」があり、24時間飲みものやお菓子を楽しめます。私たちしかいなかったので、好きな時間にそれぞれ寛いでいました。娘は夜に1人で大学の課題をここでやっていました。なんて贅沢なww

とっても好みなクッションの色合わせ。

都内で日本旅館を楽しむというおもしろさ。
怒涛のプレゼンラッシュを終え、久しぶりにゆったりと家族で過ごすことができていい時間でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る