インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【事例紹介】旅する家

目黒区D様邸、築25年の戸建住宅リノベーション。

【Before】
もともと素敵ですが、すっきりと使いやすく統一感を出したいとのご要望。既存の家具を活かしながら、どう空間をつなげていくかがポイントに。

ダイニングからキッチンを見る。

キッチン、食器棚の統一感がないので雑多な印象。

洗面所、手前の洗濯機が動線を妨げているのが気になりました。

バスルームはがらりと違う雰囲気にしたいとのこと。

様々な国を旅しているお客様。
打合せでそれぞれのスペースをお好きな国のインテリアイメージで変えてつくっていくのが楽しそう!ということになりました。

コンセプトは『旅する家
ハノイ(ベトナム)、プロヴァンス(フランス)、コッツウォルズ(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)。それぞれ違う地をイメージしながら、全体を色や素材でつないで統一感を出していく提案。
まるで家の中で旅するようなワクワクする空間に^_^

【工事中】

【After】
リビングスペースは“ハノイ
腰壁上の壁紙をブルーグレーに貼り替え、アンティークキャビネットやモダンなサイドテーブルを追加して落ち着いた雰囲気に。

和室の襖には、光沢感のあるブルーのモリスの壁紙。

3連窓はバーチカルブラインドから、刺繍が美しい「ピュアモリス」のシェードに変更。

テレビまわりはコードを見えなくして、お手持ちの食器棚に合わせてTVボードをオーダー製作。
アイアンのつまみを取り付けました。

奥のダイニングスペースに続きます。

ダイニングスペースは“プロヴァンス
家具やこちらの壁紙はそのまま、シェードを変更しました。
プロヴァンスをイメージした明るいSandersonの植物柄に。ブルーがリビングとつながります。

キッチンへの開口部分をアーチにしまして、こちらの面はグリーンの壁紙に変更しました。

キッチンは“コッツウォルズ
床材はコッツウォルズの石畳をイメージしたタイルに、そのまま奥の洗面所へとつながります。
キッチンと背面収納はペパーミントグリーンがさわやかな面材、オーダー製作しました。
食洗機とオーブンはミーレに。
Beforeと見比べると劇的に変わりましたw

取っ手はイメージに合うものを探しまくりました!
丸いものは以前のキッチンのものを使用。ポイントにアンティーク真鍮のニワトリやスプーン♪

タイルもこだわりました。
背面側はモザイクタイル、キッチン側はイギリスの職人さんが手づくりのもの。凹凸感があり手描きなので、あたたかさがあります。

洗面所は“コッツウォルズ×ニューヨーク
洗濯機は納戸に移動することで、気になっていた動線もすっきりしました。

キッチンの“コッツウォルズ”とバスルームの“ニューヨーク”をつなくイメージで。洗面台はキッチンと同じ面材でオーダー製作、取っ手やミラー、ブラケットライトはシルバーにしてモダンに。

キッチンから見える壁に、D様が撮影されたコッツウォルズの風景をプリントアウトして飾りました。

バスルームは“ニューヨーク
がらりと雰囲気を変えて、モダンでスタイリッシュなホテルライクなバスルームになりました。

多趣味で、お料理も大好きなD様。
美味しいランチをフルコースでご馳走になり、もう目がハートになっちゃいました♪
旅する家で、豊かな時間をさらに楽しみながらお過ごしください^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップに戻る