インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

クールな次世代ライフスタイルホテルが楽しい!

昨年オープンした『アロフト東京銀座』へ。
マリオット・インターナショナル系列、今年大阪にオープンした『Wホテル』は姉妹ブランドです。
アート、ミュージック、テクノロジーがコンセプト。

エントランスを入るとロビー。

天井に映し出されているのは銀座の街、さらに雑踏の様々な音が聞こえます。これもアートね。

ロビーの奥はバーラウンジ。
この色と素材のミックス感!好き!

家具はイタリア「MOROSO」(モローゾ)や「DIESEL」(ディーゼル)、照明はイギリス「TOM DIXON」(トム・ディクソン)など。
とんがったデザイン性の高いものを、絶妙なバランスで組み合わせたゾクゾクする空間。

左はパトリシア・ウルキオラデザインのパーソナルチェアだ!どちらも「MOROSO」ね。

1階のエレベーターホール、壁面アートにプロジェクションマッピングで待ち時間も楽しい。

13階到着、どこか異次元につながりそう。

「アロフトスイートルーム」に宿泊しました。
ガラスブロック内のバスルームが中央にあり、リビングスペースとベッドスペースが分かれていまして、窓側にバーコーナー、廊下側に水回りです。

デジタルプリント壁紙とアート。いつもはソファですが、今回は家族3人なので娘用エキストラベッドに。

月のセンターテーブルは「DIESEL」、4年前のミラノサローネで見て素敵だなぁと思ったのよね。
ちなみに床材はビニルタイル、ラグは埋め込み面合わせなので、足が引っかかることがありません。

奥のベッドスペースです。

20㎝上げて、テープ式のLEDライトを入れています。テーブルライトは「DIESEL」。

ベッドルームから窓側のバーコーナーを見る。
わ、手前はまたパトリシア・ウルキオラデザイン、「MOROSO」のトロピカリアチェア。屋外でも使えるこの華やかなチェアをここに置くのね。楽しい!
キャビネットとスツールチェアは「DIESEL」。

バーコーナーにはレコードがありました。
娘は初めて見たそう。針を置く瞬間ってワクワクする!とのこと。スティングをずっと聞いていました。
やっぱり見るのはおさまり、採寸もしまくったわw

ぐるりと回遊して、水回りスペースです。
全て引戸があるので開閉可能。

洗面スペース、洗面ボウル&水栓は「GESSI」。

こちらが中央に位置するバスルーム、バスタブとシャワーが別なのでゆったり入れました。
ちなみにアメニティは「Maison Margiela」(メゾン・マルジェラ)、娘が大喜びでしたw

朝食は2階のレストランにて。
こちらも「TOM DIXON」がずらり。

壁面アートがいい!照明はフィリップ・スタルクデザインの「FLOS」かな。

次世代ライフスタイルホテルと言われ、いわゆるミレニアル世代がターゲットのイメージですが、“今”を感じる楽しいインテリア、最高にクールで大人もテンションが上がるホテルです^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る