インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

BANG&OLUFSEN Bluetoothスピーカーを聴いてみた♪

BANG&OLUFSEN(バング&オルフセン)は、1925年にデンマークで創業したオーディオ・ビジュアルのブランド。インテリアスクールで勉強を始めたばかりの20代の頃、当時ヤマギワのショールームで見たB&Oの美しいデザインとすばらしい音に衝撃を受けました!「結婚したら絶対買う!」と決めていまして、有言実行、今リビングにあります(笑)
B&Oのある自宅LDルームはこちらです。

ギャラリーに住まう

その手持ちのものは当然ながらCDとラジオ対応。
ちなみに、2012年にスマホやタブレットとの親和性を高めたブランド「B&O PLAY」が誕生しています。洗練されたデザインと高い品質はそのまま、もっと音楽を手軽に楽しむカジュアルラインです。

先日、HPにメールが届きました。
「B&Oから新しく発売されたBluetoothスピーカーを無料提供するのでお試しいただきブログでレビューを書いていただけませんか?」とのこと。「B&O!大好きです!もちろん!」と即答。B&O PLAY」の中から一番コンパクトなスピーカー『Beoplay M3』を選び自宅に送っていただきました。
正直、スマホで普段聴いているのとBluetoothスピーカーってたいして変わらないのでは?と思っていたのですが、音が出た瞬間、度肝を抜きましたよ!包みこまれるような音の広がり、心地よい重低音の響き。こんなにも違うのかと20年前にB&Oに初めて出会った時以来の衝撃。このコンパクトなボディからどうやって音が出てるの?不思議すぎる(笑)

フロントカバーはなんと!デンマークのテキスタイルブランド「クヴァドラ」(Kvadrat)とのコラボ。音を通過させるよう特別に開発された糸で織り上げてあるそう。ネット状ではなく素敵なテクスチャーのファブリックというところもインテリアコーディネーターの心をぐっと掴みましたよ(笑)
私はこのナチュラル(グレーですね)にしましたが、他に黒があります。

もうあれこれ聴いてみたくなっちゃって、夫や娘と争いながら次々と曲を流して大盛り上がり。
娘は「ライブ会場みたい!」と大興奮(笑)
家族会議の結果、やはりここに設置することに。新旧B&Oの競演でございます♪

すっとインテリアに溶け込むデザイン。コンパクトなのでLDルームはもちろん、キッチンやベッドルームに置いてもいいですよね。いい音楽に包まれると空間もグレードアップした感じがします。

ご興味のある方はこちらのスタイリッシュなB&O PLAYHPをご覧になり、是非お近くのショールームで音を実際に聴いてみてください〜♫
http://kanjitsu-boplay.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る