インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

パリ気分を味わえる青山のおすすめレストラン

1月といえば、インテリア関連見本市「MAISON&OBJET」(メゾン・エ・オブジェ)とファブリックや壁紙の新作が各ショールームで発表される「Paris Deco Off」(デコオフ)。
いいなぁ~ということで、私もパリに行ってきましたの。青山ですけど(笑)
BENOIT」(ブノア)に母とランチへ。アラン・デュカスがプロデュースするフレンチレストラン&カフェです。もう内装がパリ、女子力が上がりそうなインテリア空間。
青山通り沿いのビル10階、お天気がよく街が一望。
あ~ん、素敵。この壁紙とカーテンを同柄にするスタイル、ちょうど今プランニング中物件でも提案予定。空間の統一感と溶け込む感じがいいな。
パウダールームも壁とカーテンが同柄。壁紙ではなくファブリックを使った「どんす張り」です。下地に詰め物をしているのでふんわりとした厚みが出ますし、ファブリックなのでやわらかでラグジュアリーな印象になります。 前菜のリヨン風サラダがとっても美味しかった!リヨン風といえばポーチドエッグ・ベーコン・レバーにクルトン。卵をつぶしてしっかり混ぜながら食べる。泡が合う~♪

優雅な空間でパリ気分を味わえるのでおすすめです!

ちなみに、4年前にパリに行った時に「Paris Deco Off」が開催されるRue du Mail (メール通り)へ行きました。その時の記事はこちらです。名だたるファブリックショールームが立ち並ぶ通りですが、まさかのほとんど夏期休暇中だったという(涙)
やっぱりちゃんと見ておきたいな。来年は1月にパリへ行こう!と思います。働かなきゃ(^^ゞ

Paris 8

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

鎌倉「古我邸」で特別メニューを味わうランチ会へ

先週末、母に誘われ鎌倉「古我邸」にて久しぶりにゆったりとランチを楽しみました。
鎌倉三大洋館のひとつ。100年前に建てられ今まで非公開だった大邸宅。
過去には総理大臣が別荘として利用したり、戦後G.H.Qが将校クラブとして利用したりと歴史ある建物が、2年前にフレンチレストランとしてオープン。
鎌倉駅から徒歩5分ほどの立地に、こ~んな広い邸宅が。門からのアプローチが長い!笑

風情溢れる美しい洋館。

裏庭でウェルカムドリンクをいただいてからレストラン内へ。
今回は特別メニューでのランチ会。希少なスイスのワインもいただきました。

若きシェフの感性でつくり出される料理は独創的で五感で楽しめます。
おすすめのレストラン、機会がありましたらぜひ!

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

パレスホテル東京「CROWN」でエレガントなランチ

丸の内皇居前、お堀を望む「パレスホテル東京」。
2012年に建替えをしてリニューアルオープン。2015年には、「帝国ホテル」「ホテルオークラ東京」「ホテルニューオータニ」のいわゆる東京ホテル御三家を上回り、国内ホテルとしては最高額の平均客室単価を維持しているそう。営業停止して建替えとは思い切りましたよね。立地のよさを生かして日本的なデザインを取り入れた館内は、落ち着きと品のよい華やかさがあり洗練されていました。高級路線にシフトしたのが国内外の顧客取り込みに成功して上手くいっている理由なのでしょう。

評判を友人に聞き行ってみたいと思っていたホテル内のフランス料理「CROWN」へ。
奥はどんな空間なのだろうとワクワクするアプローチ、漆喰壁にヴェネチアンモザイクタイルの床。

イブニングドレスをイメージしたという店内は、重厚感がありながら曲線を強調したインテリア。

壁面モチーフが天井デザインにも!照明の使い方、品のよいカラースキームが参考になります。

斬新なアイデアや感性を取り入れたキュイジーヌモダンな一皿一皿は、どれも美しい色彩と盛りつけ。

ちょっとドレスアップして行きたいエレガントな時間を過ごせるレストラン。おすすめです♪

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

ページトップに戻る