インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

包み込まれるように眠るベットルーム

3月オープンの『エクシブ湯河原離宮』に行ってきました。
“琳派モダン”がコンセプト、ベッドルームも黒に金と銀をプラスしたカラースキーム。色は抑えめですがかなり凝ったデザイン、ベッドヘッドの曲線とライティングが効いていますよね。

この壁、どうやってつくってるの~??
建築士の夫によれば
曲面施工が容易な「FGボード」だそうです。このやわらかな曲線が包み込まれるような安心感があり、よく眠れました。
ベッドヘッドは凹凸のある和紙のような淡い金色の壁紙。照明に照らされ陰影が美しい。
左右の壁とは目透かし( 二つの部材の接合部にすき間をあけておくこと)で納めたディテール。うわ、これ大工さん泣かせだったでしょうね(汗)
デザインを考えた方もすごいけど、つくった方もすごい!

温泉、緑、美味しい料理。幸せな時間でした。さぁ、また頑張ります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る