インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

本の出版は“青春”なのだ!

著書『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』はそろそろ累計発行部数が4万部になろうとしています。6版の重版を重ね、売れないと言われるインテリア本としては異例のこと。

2019年に出版、あれから3年。
韓国版も“ベストセラー”とインスタで紹介いただき、じわりじわりと売れております。
娘にリサーチしてもらったら(韓国語が読めるので)ブログに本について熱く書いて下さる方がいたり、韓国ネット書店サイト「Aladin」で高評価のコメントを書いてくださっていたり。
わぁ!嬉しいなぁ。

このブログを読んで声をかけてくださったサンクチュアリ出版さん。
ブログをやっていなかったら、この本は生まれませんでした。

手にとってくださった方が、本をきっかけにインテリアに興味を持って業界で働き始めたり、たくさん付箋をつけていつも持ち歩いていたり、よれよれになるまで何度も読んでくださったり。
たくさんの方に愛されていて感激します♪
また、今年に入ってからもテレビやラジオ出演依頼、企業からのセミナー依頼を続々といただき、本の出版から仕事が広がっていくのを実感しています。

以前、出版記念パーティーで、モダンリビング発行人 下田結花さんからいただいた嬉しいお言葉を思い出しました。
「必ず詩万さんのこの本を手に取り、インテリアに目覚める読者がいますよ」と。

1冊の本が、手に取った誰かの部屋を、暮らしを、もしかしたら生き方を変えるかもしれない。
そんなドキドキワクワクがずっと続いています。

以前、「荒井さんにとって本出版はなんですか?」と聞かれて「青春です!」と答えました。
松下幸之助さんの座右の銘にされているこちらが大好きなのですが、まさにそうだなぁと。

青春とは心の若さである
信念と希望にあふれ
勇気にみちて
日に新たな活動をつづけるかぎり
青春は永遠にその人のものである

もっとたくさんの人にインテリアの楽しさや大切さを伝えたい。本を通して、心地よく大好きな部屋をつくってほしい。
私の“青春”は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップに戻る