インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

CGパースのクオリティの高さ

日々のインテリアコーディネート業務は、手描きパースでプレゼンをしています。
最新事例でアップしたのはこちら↓

パースと事例を見比べてみました【5】

リフォーム産業フェア2021』にてプロデュースしている空間展示イメージは、CGパースを外注依頼しました。
協賛企業8社へのプレゼン、さらにはリフォーム産業新聞や告知フライヤーに入れるのに、自分の手描きパースでは限界があるのでw
「3DデザイナーNEO」で作成されています。
このクオリティの高さ!すごいわぁ^_^
人が入って、より展示会らしく仕上がりました。

依頼したのは「荒井詩万インテリアサロン」メンバーでもある伏見美穂さん。
私はCGパース依頼は今回が初めてでした。どうイメージを伝えればいいか、何を用意すればいいか。
完成するまでの伏見さんとのやりとりをサロン内でお見せして、CGパースを依頼をする時の注意点や、作成時のウラ情報をメンバーの皆さんに共有しています♪

もちろん自分でここまでできたら一番いいですが、やはり「餅は餅屋」、仕上がりのわかりやすさはプロにお願いするメリットがあります。特に、ボリュームのある企業案件は依頼したいなぁと思いました。
このイメージがどうなるのか。ぜひ、会場に足をお運びいただき実際にご覧ください!

『これからの住まいはこう創る!New Normalな暮らし空間展示』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る