インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【事例紹介】ハンサムグレースルーム

江東区K様邸をご紹介します。

【Before】
女性のお1人暮らし、LDKとベッドルームには引戸の仕切りがあります。

キーワードは「心地よい」「クール」「女性らしい」「品のよい」。
コンセプトは『 ハンサムグレースルーム 』。
白をベースにネイビーとピンクがアクセント。シンプルな家具と、デザイン性のある照明や小物をコーディネート。優美さときりっとしたハンサムな雰囲気のK様に合う甘辛ミックスインテリア。
引戸を開けている時は空間がつながり、閉めた時はそれぞれ違う雰囲気が楽しめるようにしたいと思いまして、2面の壁紙を張り替える提案。
とても気に入ってくださいました♪

【After】
LDK側はグレーのストライプ壁紙。
(施工の様子はこちら

ベッドルーム側はネイビーに。少し大きめの木漏れ日のようなペンダントライトがアクセント。

キャビネットやTVボードなどは白で統一してすっきりと。ソファは圧迫感のないよう高さを抑えたものに。

繊細で美しいレースカーテンは、夜も楽しめるようフロントレースにしました。

ころんとしたサイドテーブルと脚がかわいいソファ。

床置きグリーンを置くスペースがない場合は、天井から吊るすといいですね。
ストライプのKahler(ケーラー)のオマジオフラワーベースは壁紙にも合います♪

ミラー越しにアートが見える。色をつなげてネイビーとピンクの小物をディスプレイ。

家に帰るのが楽しくなりました!とK様。
ゆったりとお過ごしいただけるハンサムグレースルームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る