インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

【事例紹介】雲の上のプリンセス

渋谷区K様邸、女の子のベビールームをご紹介します。

【Before】
お2人目のベビールーム、海外インテリアのようにかわいくして欲しいというご要望。デコラティブなものよりシンプルがお好み、ファブリックは肌に触れるので上質なものをとのこと。

キーワードは「雲」「星」「シック」「海外インテリア」「デコラティブすぎない」「上質感」。
コンセプトは『雲の上のプリンセス』。

“Sur un nuage” 雲の上で。
ふわふわと心地よいということからフランスでは「幸せな時間」を表すそう。
そこは雲の上の城。雲、星、月、太陽がプリンセスの幸せな時間を華やかに彩ります。白、グレー、グレイッシュなピンクにゴールドがアクセント。
シックでかわいい雲の上のプリンセスルームを提案し、とても気に入ってくださいました。

【After】
壁紙上からBenjamin Moore(ベンジャミンムーア)のグレイッシュでややピーチがかったミレニアルピンクに塗装。カーペットはグレーのドイツJABに全面張替え。頬ずりしたくなる(笑)なめらかな足触り。淡いピンクとグレーがシックで品のよい雰囲気。

ベビーベッドはオーストラリア「BOORI」(ブーリ)。追加の部品を購入せずにベビーベッドからキッズベッド、ソファへと組み換えができるシステムベビーベッドで6歳まで使える優れモノです。
質感にこだわりフランス「HOULES」(ウレス)のリネン100%でオリジナルデザインのキャノピーをつくりました。ホワイトとグレーの2色使い、ふわふわと浮かぶ雲のイメージ。正面にはトリムをつけて。
今回カーテンやキャノピー製作にあたり、プリムエトフ石田さんドレーパリー東和商会 河野さんには大変お世話になりました。アドバイスをいただきながら素敵に仕上げてくださいました♪

光沢感とテクスチャーが美しいドイツJABの生地でつくったバランス(上飾り)、キャノピーと同じトリムをつけました。こちらも雲をイメージしてもこもことしたデザインに。

カーテンはフランスTHEVENON(テヴノン)の「Sur un nuage」。そう、雲の上で。
雲の上に、サグラダ・ファミリアやミラノのドゥオーモ、フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会などが浮かぶ幻想的な柄に一目惚れ。ここからイメージを広げていきました♪

タッセルは壁の色とつなげたグレイッシュピンク。

クッションはバランスやキャノピーと同生地でオーダー製作したものや既製品をミックス。

授乳用のチェアとネストテーブル。ゴールドの星はシール、塗装の上から貼りました。

ミラーや照明はマットゴールドで統一してアクセントに。太陽をイメージしたサンバーストミラー。

FLOS(フロス)のシンプルで繊細なデザインのフロアースタンド。ぼんやりと浮かぶ満月のよう。
エトワール(星)という名のDI CLASSE(ディクラッセ)のペンダント。
プリンセスの成長を太陽、月、星が見守ります。

奥様が「素敵なお部屋になって楽しく子育てできそうです!」とのこと。嬉しい♬
ふわりと浮かぶ雲の上、ご家族でかわいい赤ちゃんと幸せな時間をお過ごしください☆

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る