インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

Prime etoffe

プランニング中の物件。
イメージに合うなぁと心魅かれるファブリックメーカー フランス「Thevenon」(テブノン)。
お取扱いのある『Prime etoffe』(プリムエトフ)に行って打合せをしてきました。
代表の石田さんにご相談しながら、ThevenonだけでなくSandersonやPierre Freyなど。
もう目がハートになっちゃうファブリックを色々と見せていただきました!
トワル・ド・ジュイもいいな。うん、プランが固まってきたな。
とっても洗練された素敵なショップなので是非足をお運び下さい♪
image
image

Restoration Hardware

進行中物件でイメージする家具が国内メーカーではなかなか見つからず。
オーダー製作も考えましたがコストが合わない^^;
現物確認をモットーにしていますが、海外品は日本で確認できないものが多いですよね。
どうしようかなぁと思いながら探し回っていまして、ついに見つけました!
アメリカのインテリアメーカー Restoration Hardware(レストレーションハードウェア)。
通称 RH、あっDAI語ではありませんよ(笑)
RHを取り扱うAUTHENTIC COLLECTION、恵比寿にショールームがあり現物確認ができます。
というわけで、素敵なショールームにて打合せへ。座り心地や張り地を確認してきました。
お客様にも気に入っていただき、エレガントモダンな空間に整えていきます~♪
BlogPaint

SINDOショールーム

リボン・レースを取り扱う『SINDO』のショールームへ。
ずっと行きたいと思っていましたが、事前予約制なのでなかなかタイミングが合わず…
やっと足を運ぶことができました。ちなみに、原宿駅近くにあります。
FullSizeRender (1)

ショールーム内は様々な色や素材のリボン・レースがずらり。楽しすぎる!
2

リボンは基本的に服飾やラッピングなどに使用することが多いと思いますが…
カーテンやクッションにアクセントとして縫いつけたり結んだりしてもおもしろい!
こちらで小売はしておらず、30㎝ほどサンプルを持ち帰ることができます。
色々と組み合わせてデザインイメージが膨らみます☆
FullSizeRender (2)

白いエレガント家具

白いエレガントなデザインの家具。
なかなか国内品ではいいと思うものがなく…
海外品はデザインはよくてもテーブルや座面が高すぎるものが多い。
オーダー製作可能なところはないかと探しておりました。
で、見つけたのが「ウエストハウスギャラリー」。でも、ショールームが名古屋のみ。
ぱっと現物確認に行けないなぁと思っていたら、今年4月に東京にオープンとのこと!
ということで、F様に提案しまして先日ご一緒にショールームへ行ってきました。
BlogPaint

家具は必ず現物確認をして実際に座ってみる必要があります。
特にダイニングテーブルとチェアは高さが合わないと毎日使うのでストレスに。
座面の柔らかさで沈み込みがどのくらいかなど、寸法からではわかりませんもの。
F様と座面高を色々検討しまして決定となりました。
塗装色や彫刻デザインまでオーダーできます。
チェア張り地は、ベルベットのビビットピンクと光沢が美しい草花模様のピンクに。
ハ―レクィーンとマナトレーディングのファブリック。
図面があがってきて最終確認中。出来上がりがとっても楽しみです☆

新サンゲツショールーム

7月末に品川に移転したサンゲツのショールームに、先日行ってきました。
壁紙・床材・カーテンはもちろん、トリム・タッセルなどのアクセサリーや椅子張り地なども棚にきれいに並んでいるので、より見やすく、選びやすい商品展示になっています。
以前の1.5倍の面積とのこと、広くて明るい!(許可をいただいて撮影しております)
P8040682

リアルなコーディネート例の展示ブースもあります。
こういうブースがあるとICだけでなく一般の方もよりイメージがしやすくなりますね。
ちなみに、どのくらいの頻度で展示を変えるのかを聞いてみたら…
基本的にはカタログの更新に合わせてとのこと。となると1年・2年ごと?
できればもっと頻度が高いとリピーターは楽しいのになぁ。
きっと季節ごとに小物などのスタリングは変えていくのでしょうけど。
P8040683

品川駅からも近く、雨に濡れずに行けるのでとっても便利。
サンプル受取りで待っている間、無料でコーヒーを飲みながらインテリア本が読めます。
以前より、もっと気軽に足を運べるショールームになりました。まだの方はぜひ!

yamagiwa 新ショールーム

照明メーカー『 yamagiwa 』の新ショールームへ行って来ました。
秋葉原リビナ館が閉館する際は驚きましたが、京橋の新ショールームは路面店で照明・家具・ファブリック類が見やすく、そして入りやすくなりました。 
ただ、土日・祝日がお休みなんですよね…クライアントとご一緒のショールームまわりはご主人様がお休みの土日が多いので、少し不便かなぁ。
DSC07868DSC07870

    
     
                                     
   

SICIS

DSC07268
昨年、南青山にオープンした『 SICIS 』(シチス)へ。
「トーヨーキッチン」が日本総代理店。
イタリアのベネツィアンモザイクのブランドメーカーで、世界中の一流ホテルや店舗で使用されています。
ベネツィアンモザイクの独特な色合いと光沢感は、タイルの冷たさを感じずに、あたたかな印象でした。
水回りやキッチンだけでなく、LDルームなどのアクセントにも素敵☆
(撮影許可をいただいています)

モザイクタイルで埋め尽くされたショールームは、圧巻の美しさ!
色の組み合わせ、大胆な柄などタイル表現の奥の深さを体感できます。
皆さんも、ぜひ実際にご覧になってみて下さい。
DSC07265DSC07267

    
     
                                     
   

MonREVE

昨日は、1ヶ月ぶりの町田アカデミーの授業。
来週のプレゼンに向けて、生徒さん達は懸命に作業をしていました。
基礎課程もそろそろ終盤、研究過程に進むにあたり気合いを入れないとと、少々厳しいことを言いましたが愛のムチですよ☆
体調には気をつけながら、進めていって下さいね。

さて、その帰り、カッシーナへ用があって青山通りをウロウロ。
以前に雑誌で見て、行ってみたいと思っていた『 MonREVE 』(モンルーべ)が近いので、さっそく足を運んできました。
DSC07039DSC07037
昨年オープンしたこちらのカーテンショールームは、ヨーロッパ直輸入のカーテンを取り扱っています。
タッセルやクッションなどの小物類も素敵なものばかりです。

とてもビューティーな代表の方とお話していたら…
「町田アカデミーの先生をされていらっしゃいますよね?」と、お手伝いをしているお嬢さんから声を掛けられました。
なんと、現在アカデミーに通われているとのこと!
直接面識はないのですが、スクールHPの講師一覧をご覧になった時に、私のことが印象に残っていらしたんですって。ご縁にびっくり!
ぜひ、皆様も素敵なファブリックに出会えますので足をお運び下さい。
ちなみに、私はイメージしていたクッションに出会いました(笑)
購入したクッションは、明日ご紹介しますね!

    
     
                                     
   

COLOR WORKSセミナー

ペイント&壁紙の『 COLOR WORKS 』のセミナーへ。
いつもは講師の立場ですが、今日は受ける側です(^∀^)
ショールームへは、渋谷区T邸 のコーディネート時にお世話になって以来。
今年5月に東神田へショールームが移転されてから、足を運ぶ機会がなかなかありませんでしたが、とても興味深いセミナーなので参加してきました!
DSC06262
現在、同ビル内のギャラリーで、作家 故 森瑤子さんの展示会が開催中。
森さんの長女でインテリアデザイナーのヘザー・ブラッキンさんが、森さんの美意識を表現したという空間です。
こちらの壁紙は、カラ―ワークスが取り扱う英国の高級ペイント&クロスメーカーFARROW&BALL社の新作クロス。
ドラマチックな赤が華やかでステキ
ぜひ、こんな空間を実物件でコーディネートしてみたいものです!

さて、ヘザー・ブラッキンさんとカラーワークス秋山千恵美さんによる“色選びと空間の考え方”がテーマのセミナー。
もう少し実例などを挙げながらのお話があるのかなぁと思っていましたが、ワークショップ中心のセミナーでした。おもしろかったのが、たくさんの壁紙やファブリック・グラビアから好きなものを短時間で選んでコラージュをつくるというもの。
DSC06268DSC06266
こちらは、私の作成したボード。
ボルドー・モスグリーン・ゴールドの秋らしいラグジュアリーなイメージ。
暑い夏だったら、絶対にもっと明度が高くさわやかだったと思います(笑)

潜在的に今どんな色を自分が求めているのか、こんな風につくってみるとわかりますよね。他の方のボードを見るのも、とても楽しかったです!
受ける立場を体感し、インストラクションの勉強にもなりました。

       
        
                                       
       

Dorothy Draper Collection

DSC06030
サァラ麻布が、米国家具メーカーKINDEL社のDorothy Draper(ドロシー・ドレーパー)コレクションの販売&展示を開始しました。というわけで、さっそくショールームへ。
Fさん、ありがとうございました!

ドロシー・ドレーパーは20世紀を代表するインテリアデザイナー、男性社会であった米国の建築業界において、女性として初めて第一線で活躍した人です。
スタルクやアナ・スイなど著名なデザイナーが大きく影響を受けたという“モダンバロックスタイル”は、ゴージャスで優美、少しシノワズリーなデザイン。
DSC06027DSC06029
11月に開催される『インテリアフェスティバル2010』では、サァラ麻布協賛で「ドロシー・ドレーパーの世界展」として、当時の彼女の業績や人柄を伝えるパネル展示・実例紹介もされるそうです。こちらも楽しみですね☆

       
        
                                       
       

ページトップに戻る