インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

現場確認へ

プランニングから入って進めている町田市I様邸の現場確認へ。
おぉ~、イメージ通りに出来上がっていました!
ネイビーのアクセントクロス、レッドシダーの天井材、開放感のある吹抜け。
ご夫婦や設計士の方たちと何度も打合せを重ねて出来上がった空間です。
「荒井さんのイメージパース通りです!」とI様。プレゼン時のこちらですね。
これから家具・照明・窓装飾・小物が入り全体を整えて、いよいよ完成です!
BlogPaint

対談からつながるご縁

昨年、「モダンリビング」で対談させていただいた建築家 西田司さんの事務所。
ある案件でインテリアコーディネートをお願いできればとご連絡をいただき打合せへ。
同じ横浜でお近く、遊びに行きたい!と思っていてやって行けました。
国内外でご活躍の西田さんにお声掛けいただけるなんて光栄だわ!
まだどうなるかはわかりませんが、私を思い出してご連絡下さったことがまず嬉しい。
対談でお話していた建築家とインテリアコーディネーターが一緒に取り組む住宅。
絶対いいものができてクライアントにご満足いただけると思うのです。
もしかしたら実現するかもしれません!いい形でつながるといいなぁ(*^^*)
12803040_870952659680143_5205259580721428837_n

2月インテリアレッスンレポート

2月の自宅インテリアレッスン『Salon CHIC 』が終了しました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
今回は「インテリアアクセサリーのコーディネートレッスン」。
様々なアクセサリーの飾り方や選び方のポイントをお話させていただきました。

ティータイムのテーマは「春の訪れ」、フルーツケーキ・マカロンなど。
大好きなHERENDのヴィクトリアブーケで華やかに。お雛様も同じシリーズです。
P2241368P2241373
P2241377

自宅レッスン2015年度は終了しました。3月はお休み、4月から2016年度がスタートします!
また、詳細についてはこちらのブログにてご案内させていただきますね☆

タイル割付図

これから施工が始まる数件の現場でタイルを使用します。
タイルは壁紙とはまた違う存在感があり、空間が引き締まるので好きです☆
どこから貼り始めるのか、目地の幅、全体のバランスなど。
目地幅や割付の少しの違いで、印象は大きく変わるのでとても大切。
そのタイル割付図、私はタイル業者さんに作成していただいております。
こうしたい、こう見せたいという私の話を聞いて…
いつもお願いする方は、何案もつくってプレゼンして下さいます。さすが!
やはり「餅は餅屋」、お願いした方がスムーズですし間違いがないわ(*^^*)
私はそういうプロフェッショナルな方達に支えていただいています。ありがとうございます♪
BlogPaint

ご依頼いただくタイミング

新規コーディネート物件の品川区M様邸、今秋竣工の新築マンションです。
各部屋共に白い壁紙、その一部を張り替えて美しいオリジナル空間にしていきます。
LDルーム・ベッドルーム、そしてトイレも。楽しみです♪
BlogPaint

さて、インテリアコーディネーターにご依頼いただくタイミングはいつがいいのか。
新築住宅やリフォームなど工事を伴う場合、早ければ早いほど絶対にいいと思います!
設計士さんや工務店さんとプランニングを進め、全て終わった段階では遅いのです。
「あ~、あちらに窓がある方がいいのに~」「コンセントの位置がなぜここに?」などなど。
どうしても、プランが固まった後でコーディネートを始めると不具合が出てきてしまいます。
お客様のライフスタイルからコンセプトを考える。
どこをフォーカルポイントにするのか。
動線や収納計画、内装材選定、家具配置、照明やコンセント・スイッチ位置。
内側からの発想で考えていくには、ぜひプランニング段階でお声掛け下さい!

もちろん、上記のような新築マンションもそうです。
購入と同時に、3パターンから内装材を選ぶことが多いと思いますが…
はじめにコンセプトと全体イメージを決めると迷いなく選ぶことができます。
後からだと「こっちの色パターンの方がよかったのに変更できない!」ということに(涙)
いずれにしても、インテリアコーディネーターには早い段階でご依頼いただくのが一番!
思い立ったら吉日(笑)、ご依頼お待ちしております☆

コ―ドの色

3月開催「LED NEXT STAGE 2016」の企画展示、いよいよ準備も大詰めです。
施工の詳細をやりとりしたり、カーテン縫製打合せをしたり、小物類を購入したり。
これがもうワクワクして楽しすぎて… かなりテンションが上がっております!
ペンダントライトのコード、山中先生が「何色にする?」とメールを下さいました。
わぁ、こんなに?カラフルでかわいい!選びながらまたテンションが上がるわ(笑)
IMG_2003

トータルコーディネート

こちらは間もなく完成の町田市I様邸のカラースキームです。
設計段階から入り、プランニング、内装材及び家具・カーテン・照明をトータルコーディネート。
輸入品と国産品でコストバランスを考えながら、全室の壁紙もセレクトしています。
BlogPaint

さて、登録している世界最大の住宅コミュニティサイト『Houzz』ページを更新しました。
http://www.houzz.jp/pro/shimachic
先日、富山F様がレビューを書いて下さいましたのでご紹介します

「家の建て替えのため、荒井詩万さんに外観から内装までトータルにコーディネートをお願いしました。数回の打ち合わせで施主の希望を的確に読み取り、コンセプトを大事にしてご提案されるので、統一感がありとても完成度が高いです。 遠方でしたが建設業者さんやそのほかの業者さんとも密に連絡を取りながら進めてくださるので、安心してお任せすることができました。
1年半のお付き合いでしたがとても楽しくあっという間に過ぎていき、これからも家の成長とともにお付き合いをしていきたいと思っています。」

F様邸は設計段階から入り、トータルコーディネートさせていただきました。
上記のI様邸もそうですが、私はこの「トータルコーディネート」をいつも意識しています。
コンセプトを大切に、各空間を色・素材・デザインでどうつなげるか。
デザイン性と機能性がありながらどう美しく見せるか。
1つのエレメントが際立つのではなく、いかに全体が調和し心地よい空間にできるか。
それを考え、形にしていく。
それがインテリアコーディネーターの私にご依頼いただくメリットだと思います。
F様のお言葉はとても嬉しいものでした♪

びっくりぽん!

3月の企画展示で使用予定のベルギー製オーナメントたち。
イメージにぴったりで一目惚れ。か、かわいい☆
BlogPaint

さて、本日のタイトルはNHK連続テレビ小説「あさが来た」でよく聞く言葉(笑)
毎日欠かさず見ています!ご覧になっている方も多いかしら?
成瀬仁蔵先生(ドラマでは成澤泉)登場で、日本初の女子大学設立に向けて動き始めましたね。
そう、我が母校 日本女子大学。私は附属中学校から10年間学びました。
創立者 成瀬先生については学校で話をよく聞きましたが、広岡浅子さんは初めて知りました。

もちろんドラマですのでフィクションもありますが…
色々な苦労があって創立されたことを知るともっとちゃんと勉強すればよかったな。
なんせ中学から附属だったので好きなことばっかりしていたから^^;
かなり自由な校風の学校で、文化祭・運動会などの学校行事は全て生徒主体。
実行委員をしたり、応援団長をしたりと勉強よりも行事にエネルギーを注いでいました(笑)
その中で自分で考え行動すること、そして責任を持つことを学んだと思います。
あの自由な校風と友人達との時間で今の自分ができています。いい学校だったな。

ちなみに、ドラマの中で成澤さんがレストランで歌っていた「オ~ロード、コレクトミ~」。
成瀬先生が大好きだったということで、カトリック校でもないのに音楽の授業で歌っていました。
これが、けっこう覚えてまして朝から一緒に歌っちゃった。
そうしたら、FBで同級生達が一斉に「覚えてた!」「歌った!」とアップしていて大笑い。
びっくりぽん!(笑)

自分を奮い立たせる

ちょうど1年前、「3人のインテリアコーディネーター展」を開催しました。
こちらはその時に担当した部屋のディスプレイ、小物選びに奔走していたなぁ。
今は3月「LED NEXT STAGE 2016」企画展示の小物選びにやっぱり奔走中!笑
5

さて、春は様々な場にて人前でお話をする機会をいただいています。
一般ユーザー、インテリアを学ぶ方、ICなどプロの方。
「インテリア」という同じ内容でも誰に向けたものかで切り口や着地点は違う。
しっかり準備して聞いた人の心に何か残るものにしたい。

企画展示をしたり、人前で話をしたり、メディアに出たりさせていただいていますが…
日々のコーディネート業務のレベルアップをしていかないといけないと気を引き締める。
「ふ~ん、こんなものか」だと説得力がないもの。
納品物件はもちろん、新規物件ご依頼をいただくといつも少なからずプレッシャーを感じます。
時々それに押しつぶされそうになりますが、1つ1つ目の前のことを丁寧に積み重ねるのみ。
そう、それしかないんだと自分を奮い立たせる。

コンクリート風塗装

W様邸オーダー壁面収納家具の仕上げ立会いで塗装工場へ。(前回はサンプルづくり
シンナーの匂いでちょっと頭がクラクラしますが工場大好き(笑)
一部をコンクリート風塗装にしたい!ということで色々と打合せを重ねてきました。
「コ、コンクリート風塗装ですか??」と驚かれるところからのスタート^^;
造作家具屋さん・塗装屋さんが試行錯誤しながら方法を考えて下さいました。
通常、塗装はいかに均一に美しくできるかですが、今回はいかにムラをつくるか。
ちょっと吹きすぎてしまうと平坦なグレーになってしまうので、そのさじ加減が勝負。
少しずつ慎重に進める塗装屋さん。
P2171336

こちらは途中段階ですが、コンクリートのような質感になってきました!
こだわったニュアンスのあるグレー。
ニットーコー(日本塗装工業会)でオリジナルにつくってもらった色です。
完成したら様々なテクスチャーが重なるクールな壁面収納になりますよ~。楽しみ!
ちなみに、私からのオーダーは今までやったことのないものばかりだそうでして…
皆さんの間では「しまチャレンジ」と言われているらしい(笑)
それをチャレンジして形にして下さるからすごいわ。ありがとうございます♪
P2171338

ページトップに戻る