インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ (OLD)

千代田区N邸のカーテン

千代田区N邸 LDルームのウィンドゥトリートメントです。
New York在住のN様、帰国時のセカンドハウスとしてこちらをお使いになるとのこと。
お手持ちのarflexの家具に合わせて、品のよい光沢感のあるグレーのドレープカーテンに。
LD1

このファブリックはリバーシブル、裏地を折り返して左右にアクセントを入れました。
ストライプのシア-カーテンと共に縦ラインが強調され、ペンダントライトに合います。
家具やカーテンがシンプルなので、タッセルはボリュームのあるものをセレクト。
「マンハッタン」という名のタッセル、New York在住のN様にぴったり!!
色もデザインも素敵で一目惚れしまして、ぜひ!とおすすめし気に入って下さいました
スタイリッシュな空間で、日本滞在を楽しんでいただければ嬉しいです。
LD2LD3
LD4PC176875

M邸 廊下収納

【Before】
玄関からLDルームへとつながる一般的な廊下でした。
65

【After】
玄関からの扉を移動し、新規ベッドルーム側の壁面に収納をつくりました。
収納扉は既存クローゼットのものを再利用、廊下は通路だけでなくLDKの一部分に。
中の奥行きは上部30㎝・下部45㎝にして大小さまざまなモノが入ります。
ウォークインクローゼットと共に大幅に収納量がアップしました!
PC166869PC146769

こちらの壁、ベッドルーム側から見るとこうなります。
上下の奥行きの差15㎝を利用してベッドベッドにカウンターをつくったのでした ♪
PC166791

M邸ベッドルーム

【Before】
2つの洋室はそれぞれ手狭で収納が足らないとのこと、色味がなく殺風景な印象でした。
21

【After】
2つの洋室の間の壁を撤去し、1つの大きなベッドルームにしました。
ベッドスペース・書斎スペース・新たにウォークインクローゼットをプランニング。
床材はカーペットからフローリングに変更、窓装飾はウッドブラインドです。
家具はお手持ちのベッドやチェストでコーディネートさせていただきました。
1
2

お話をしていてパッと浮かんだイメージは、ロンドンのV&Aにある「モリスルーム」。
グリーンを基調にした落ち着きと華やかさのある色使いにマットなゴールドの組合せ。
ご提案をM様もとても気に入って下さいました。(プレゼンはこちら
ベッドヘッドの壁紙は「ブラックソーン」、その他はモリスヘリテージカラーのグリーンに。
本・眼鏡などを置いていただけるよう奥行き15㎝のカウンターをつくりました。
3

左右にはエッチングが美しい草花模様のアンティーク調ブラケットライト。
スイッチプレートにもこだわり、お部屋の雰囲気に合わせた真鍮製にしました。
910

もとはクローゼットがあったところに、ご主人様の書斎スペース。
奥の壁紙だけブラウンレッド、違う色にすることでプライベート感を演出しました。
飾り棚は壁を欠きこんで、受け桟がないすっきりとしたデザインに。
上部収納だけでなく、足元にも本などが入れられるようにしました。
以前よりもコンパクトになりましたが、飾り棚や収納をプラスして機能性をアップ。
56

新たにウォークインクローゼットをつくりました。
既存クローゼットを利用しながら、さらにハンガーパイプを追加して大容量の収納になりました。
姿見ミラー付き扉は、ミラーを扉と同一面におさめたオリジナルデザイン。
引き違い扉の左はウォークインクローゼットへ、右は棚板が数枚入った収納スペースです。
78

美しさと機能性を考えてコーディネートさせていただいたベッドルーム。
LDルーム同様、こちらの空間でもご夫婦が豊かな時間を紡いでいただければ嬉しいです。
4

【関連記事】 こちらもご覧下さいませ☆
快適で美しいベッドルームに

つむぐ空間

杉並区M様は、海外でのお仕事経験が多くリタイアされて3年というご主人様と奥様。
ユーモアたっぷりで笑いの絶えない素敵なご夫婦です。
築18年になるマンションをリモデルして、より快適な空間にしたいとご依頼いただきました。
キーワードは「クラシック」「おだやかな時間」「年月の重なり」。
コンセプトは『つむぐ空間 』。
各部屋に色を加え、大切に使ってこられた家具を引き立てる海外のようなインテリア。
ご夫婦が丁寧に紡いでこられた時間、これから紡いでいく時間をおだやかに包み込む空間です。
まずは、LDKスペースをご紹介します。

【Before】
クローズキッチンが閉塞感があり、ダークな色が多いので全体的に重い印象でした。
43

【After】
クローズキッチンをL型オープンキッチンに変更しました。
LDルームと一体となったので明るく広くなり、くつろぐご主人様や遊びにこられたご家族・ご友人と会話を楽しみながらお料理ができるようになりました。
g
ef

壁紙は塗装風の淡いイエローに張替え、カーテンやソファは新しくしました。
お手持ちのクラシック家具が映え、華やかな雰囲気に。
h

クッションは、ドレープカーテンと共布にマスタードカラーのトリムをつけたもの。
もう1つはお手持ちのアートに合わせウィリアム・モリス「フルーツ」に。
bc

ドレープは両開きカーテン、裾が刺繍模様のシアーはふんわりとしたシェードスタイル。
庭へとつながる窓を美しく彩り、やわらかな光が降り注ぎます。
da

【関連記事】 こちらもご覧下さいませ☆
M邸ベッドルーム  ・M邸 廊下収納  ・ 竣工祝いに  ・ 現場にて

竣工祝いに

杉並区M邸のリモデル工事が完了、今日は最終確認&お引き渡しでした。
イメージ通りの空間になり、ほっとしております。
こちらはベッドルーム用に差し上げた竣工祝いのクッション。
壁紙にぴったりの華やかなイタリア製トリムに一目ぼれ、オーダーでつくりました。
「海外ホテルのような素敵なベッドルームで、まずいらしたお客様にはここをお見せしなきゃ!」と喜んでいただけて嬉しかったです。また、詳細については後日ご紹介させていただきます☆
BlogPaint

ページトップに戻る