インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

マスターズチェアの美しいラインは?

昨日ブログにアップしたH様邸、コンセプトに合いダイニングチェアとしてご提案したマスターズチェア。描くのが大変だったのよね(笑)
Kartell(カルテル)のフィリップ・スタルクデザイン。横から見ても後ろから見ても美しく存在感がある。軽い。スタッキングできる。デザイン性と機能性のバランスがよく、個人的にも好きなチェア。
某ショールームでは映像スペースに納品させていただきました。白い空間にカラフルなマスターズチェアがずらりと並ぶと壮観!ちなみに白はイタリアメーカー Calligaris(カリガリス)のもの。

このマスターズチェアの美しいライン、3つの既存デザインチェアに敬意を表し融合させているのです。こちらのセブンチェア、チューリップアームチェア、シェルチェアのラインを重ね合わせたデザイン。それぞれの緩やかなカーブが重なることでスタイリッシュなありそうでなかったチェアが誕生したわけです。おもしろいですよね~、その発想力がすごい!

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

「マスターズチェアの美しいラインは?」への 2件のコメント

  1. 遠藤 より:

    本日も素敵な、内容の深い、とてもためになるレッスンを受講させていただき
    ありがとうございました。
    毎回、惜しみなく知恵、技術、ノウハウを教えていただけて、参加させて
    いただけることに感謝しています。

    1. shima より:

      ■ 遠藤さんへ
      こちらこそ暑い中、ご参加いただきましてありがとうございました!
      ファブリックは女性は皆さん大好きなので盛り上がりましたね♪
      次回は9月、お互い夏バテしないようにしましょう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る