Column 荒井詩万のインテリアコラム "美しい暮らし・豊かな時間"

【コラム】03 壁に色をつける

インテリアに関するちょっとしたお役立ち情報をお届けする「荒井詩万のインテリアコラム」。
今回は「壁に色をつける」です。

■ 海外では壁に色があたりまえ
日本の住宅ではまだまだ白い壁が主流です。
白は空間を明るく広く見せ、どんなインテリアイメージにも合いますし清潔感がありますね。
でも、白ばかりだと無難な印象になり殺風景に感じることがあります。
海外に行くとビニル壁紙はなくて塗装の場合が多く、かなり大胆に壁に色がついていて、「あぁ、このくらい色がついていても全然気にならず、むしろ心地よいのだ」といつも思うのです。

パリ シャンゼリゼ通り 「Laduree」、グリーンブルーの壁面が美しい


パリ メール通り 「PIERRE FREY」ショールーム、壁紙と塗装を組合せた壁面と小物類のバランスがさすが!


ロンドン 「St. Pancras Renaissance London Hotel」のスイートルーム、深いパープルとファブリックの競演

■ 壁一面に色をつける
取り入れやすいのは壁一面に色をつけること。一面に色が入ると一気に洗練されたインテリアに!
今、国内メーカーのビニル壁紙は色が豊富。白と同じ価格でイメージに合う色が選べます。
また、既存のビニル壁紙の上から塗れるペイントも色々とあります。
私はアメリカ「Benjamin Moore」のペイントを提案することが多いです。揮発性有機化合物を一切含まず臭いがほとんどない、乾きが早い、色の種類は壁紙よりも豊富です。
I様邸 リビングスペースの一部分をネイビーの壁紙に、クッションやラグと色をつなげて

T様邸 リビングとダイニングスペースの間の壁をグレイッシュなグリーンに塗装


K様邸 ベビールームの一面を「little boy blue」という名のブルー、ビニル壁紙の上から塗装

オフィス打合せスペース  もとはダークグレーのビニル壁紙の上から鮮やかなオレンジに塗装


A様邸 ベッドルームをやわらかいパープルに塗装、シェードやベッドスプレッドに合わせて

■ 壁全面に色をつけて海外インテリアのように
さらに全面に色が入ると、海外インテリアのような華やかさ。
はじめは少し心配されていたお客様も、完成すると「全く違和感がありません」とおっしゃいます。
 M様邸 お手持ちのクラシック家具が映えるようイエローの壁紙に

N様邸 3色の壁紙をスペースごとに貼り分けて

I様邸 ビニル壁紙の上から塗装、壁よりも天井をワントーン明るい色に

3人のインテリアコーディネーター展」  イエローの濃淡&グリーンの3色

事例をご覧いただくとわかるように家具やカーテン・クッションなど他のエレメントとの配色バランスは必要です。壁のみが浮かないよう全体を考えながらコーディネートしていくことが大切。
ぜひ、まずは一面から壁に色をつけてみませんか?きっと楽しくハッピーな空間になりますよ♪

■ 人気ブログランキングに参加中! 応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
■ お問合せは → こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る